ソフトバンク

知らなきゃ損!携帯乗り換えキャンペーンで得する3つの方法

スマートフォンや携帯電話をお持ちになる際には通信キャリアとの契約が必須となります。
通信キャリアとスマートフォンを決めて契約してみたけれど、数ヶ月経てば他社の通信キャリアの方が割引が大きかったり、キャンペーンが新しく豊富に出てきていたり、毎月の料金は安くなるなど後悔してしまったというご経験はないでしょうか。
実は数多くの携帯電話ユーザーがそのような経験から、他社の通信キャリアへ移行される方が近年では増えているようです。
しかし、他社の通信への変更ともなると、電話番号が変わってしまうことや、現在ご利用中の通信キャリアを解約することで発生してしまう違約金が痛手となります。
そのような背景から、通信キャリアの乗り換えには、携帯乗り換えキャンペーンが行われております。
今回はお得な携帯乗り換えキャンペーンの知っておくべき3つの情報と、通信キャリアの乗り換えに必須となるMNPの基本知識についてお話をすすめていきます。

MNPによる携帯電話の乗り換えについて

MNPの正式名称はモバイル・ナンバー・ポータビリティ。携帯電話番号、すなわちモバイルナンバーを、ポータビリティは持ち運ぶという意味となります。
MNPとは、携帯電話番号を変えることなく、電話番号をそのままで乗り換えることを言います。たとえば、電話番号そのままでdocomoからSoftBankに乗り換える事ができるのです。
従来までは、docomoで090-1234-5678という携帯電話番号を使っていても、SoftBankに乗り換えれば違う携帯電話番号に変わってしまいました。
しかし、今はMNPを利用することで、SoftBankに乗り換えた後も同じ090-1234-5678という番号を使い続けることができるのです。

知らなきゃ損!携帯乗り換えキャンペーン得する情報1

携帯乗り換えキャンペーンを利用して一括0円でスマートフォンを手に入れる方法についてお話をしましょう。
ところでよく街中や広告などでも見ることの多い「一括0円」と言うものは何でしょうか。
たとえば、スマートフォンの乗り換えにiPhone6 plusを買うときauだったら現金で買うと96,120円が72,360円値引きしてくれて23,760円の実質負担金が「23,760円」ですが、ここが0円になるということなのでしょうか。
実は、一括0円は非常に難しく、iPhone6 plusの96,120円が最終的に96,120円値引きしてくれたら、最終的に実質0円になるのですが、「一括0円」と「実質0円」とはまったく違うのです。
「一括0円」は別な言い方をすれば「本体は最初から0円、無料」と解釈してよいと思います、あいまいな言い方をしてますが、「本体0円」はあくまで建前であって違う計算式で、ちゃんと儲けているのも事実でしょう。
しかし、各通信キャリアとも、ある期間はスマートフォンごとに月々割と言う値引きを設定しています。
お店の方が製品代を「0円」で売ったとしても、その値引き期間に当てはまるスマートフォンは、本体代金を払ってないのにスマートフォンの端末機の値引き分として支払からまたいくらか値引きされるのです。
さらに、もう本体代金は「0円」で支払う必要はないのですから、基本料金と通信料の使用料金から引かれるわけです。
「スマホ乗り換え実質0円」で買った場合は、その機器の月の分割金額が値引きされて機械の支払いは実質0円になりますが、使用料からは引かれません。
そこで月々の支払いはだいぶ違ってきます。「一括0円」で本体の代金は払ってないのに値引き分だけはもらえるというのは、それこそがキャッシュバックと言えるのかもしれません。

知らなきゃ損!携帯乗り換えキャンペーン得する情報2

image004
つづきましてご紹介いたします携帯乗り換えキャンペーンのお得な情報は、とにかくキャッシュバックが欲しいという人方に向けた「Web販売店」での通信キャリアの乗り換えです。
Web販売店での通信キャリアの乗り換えには3つの特徴がございます。

  1. キャッシュバック金額が最も多いこと
  2. SoftBankの携帯電話のみしか取り扱いはないこと
  3. 対面契約ということ

1つは、キャッシュバック金額が最も多いことです。
Web販売店の『おとくケータイ.net』にお問い合わせを行っていただくとわかるのですが、iPhone6SへのMNPでも2万円を最初から提示してくれます。
また、最大5万円というのも嘘偽りのなく、AQUOS CRYSTALなど機種によっては5万円をキャッシュバックも行っているのです。
2つ目は、SoftBankの携帯電話のみしか取り扱いはないことです。
auやdocomoは公式サイト以外のWeb販売に関して、現在取り扱いしている会社がありません。
そのため、お得なWeb販売店を利用できるのは、いまはauとdocomoをご利用の方のみになります。
3つ目は、対面契約ということです。
Web販売店とはいえ、インターネット通販のように、Web上で購入手続きが行われるわけではなく、電話予約の上で、各社の運営事務所に取りに行くスタイルとなります。
そのため、その場で実物を見て、気に入らなければ契約しないということもできるので、安心することのできるスタイルです。

知らなきゃ損!携帯乗り換えキャンペーン得する情報3

4
つづきましてご紹介いたします携帯乗り換えキャンペーンのお得な情報は、キャッシュバック金額を上げる方法です。
なんと、キャッシュバックの金額を上げるにはある3つの交渉ポイントを知っておくことで可能なのです。
交渉次第で、サイトやTwitter上などに明記されている金額から、さらにキャッシュバックをもらえるかもしれません。
そのためのコツをご紹介しましょう。
まず、月末に交渉することです。月末に交渉することで、キャッシュバック金額をたくさんもらえることが多くあります。
なぜならば、各通信キャリアショップで月々の販売ノルマが決まっており、それを達成できないと場合によっては違約金が発生するためです。
つまり、月末では各通信キャリアショップとも、ノルマを達成するために多少損をしてでも販売するケースが多いので、余裕があれば月末に交渉してみるのも一つの手です。
また、解約手数料で悩んでいることを伝えてみることも一つの方法です。
どの通信キャリアでも、携帯電話は現在、2年ごとの更新が基本であり、更新月とよばれる「携帯を契約したちょうど2年後の月」に乗り換えをしないと、解約金が1万円前後とられてしまいます。
これは、MNPを行う上でのデメリットになりますが、逆にこの解約手数料で、正直にMNPするか迷っていることを販売店に伝えることで、解約手数料負担金という形で5,000円から最高でも10,000円ほど追加でキャッシュバックしてくれる場合もあります。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、携帯乗り換えキャンペーンに関するお得な情報を3つに厳選してご紹介してきました。
通信キャリアを乗り換えされる際に損をしないように、しっかりとチェックしておきましょう。

関連記事

月々3000円!?携帯を乗り換えたらこんなにお得になる!
どのキャリアがお得?携帯乗り換えのための徹底比較
【3キャリア比較】MNPの手数料っていくらぐらい必要なの?
5分で簡単に分かる他社に移る時のMNPの手続きの方法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧