ソフトバンク

買う前に確認!携帯の価格を知ってお得に機種変更しよう

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s
皆さんは、現在どちらの通信キャリアのスマートフォンをお使いになられておりますでしょうか。
通信キャリアは、有名な大手会社でいえばdocomoやauやSoftBankなどがあげられます。
また、スマートフォンなど携帯電話機器も各通信キャリアで各メーカーのモバイル機種端末が取り扱いがあるため、品揃えも豊富なことがこの3つの通信キャリアの魅力の一つでもあります。
それでは、これだけ通信キャリアも携帯電話メーカーも多数あり、携帯電話をご購入されるうえで、選ぶ楽しみもあるでしょう。
近年、携帯電話はスマートフォンの普及によって、各モバイル機種は優れたスペックがあるため、ユーザーとしても携帯電話を選ぶ際のポイントは価格のよりも、スペックに重点を置いております。
また、最近ではどの通信キャリアでも携帯電話をご購入されるときにはおおよそ、2年間のご契約となっているはずです。
これは、2年間分割にして携帯電話の本体価格を支払っていくため、毎月のの支払う価格に目がいき「それほど高くないから」とスペックでご購入されている方が多いはずです。
そのため、今回は携帯電話の価格にまつわるお話しをメインにしていきます。いまいちど、ご自身の携帯電話の価格を見直すいい機会になるのではないのでしょうか。

携帯電話を購入する前に価格について事前調査

皆さんは、本体価格を含む携帯電話の料金を見直してみたことがありますか?
携帯電話の毎月の料金のおもな内訳には、大きく2つに分類することができます。
1つは、携帯電話の基本使用料金です。これは、パケット定額やかけ放題のプランのことを指します。
そして、もう1つが携帯電話本体の価格です。これは、ほとんどの場合、24回の分割によるお支払いスタイルが採用されています。同時に24回、つまり2年間のご契約をその通信キャリアで結ぶということです。
1つ目にご紹介した携帯電話の基本使用料金はご自身の利用頻度、用途によって細かくプランを組むことができますので、安くしようと思えばできますし、存分に使いたいというユーザーであればその利用用途に合わせた料金プランでご契約をします。
それでは、携帯電話の本体価格も安くすることができるのか?これが今回の大きなポイントです。

携帯電話の価格をお得にする方法

続いて携帯電話の本体価格をお得に、安くするための方法についてお話しをしていきます。
各通信キャリアでは、それぞれがご案内されているサービスやキャンペーンをご利用されることで、携帯電話の価格をお得にすることもできます。

割引きプランを利用して携帯電話の価格を安くしよう

各通信キャリアが出している割引きプランには、主に学生の基本料金や通話料を半額にする、学生のユーザーを対象とした「学生割引」があります。
そして、指定した相手との通話料が安くなる「指定先割引」もあります。
ご家族との通話料が無料、または通常より安くなるというご家族を対象とした「家族割」も存在します。
その他では、1年間や2年間の契約をすることで安くなる「年割」と呼ばれる特典もあります。
月額を払うことで通信料を安くする「パケット割、パケット定額」などの割引きプランがありますので、うまく運用活用されることで、携帯電話の価格をお得にすることは十分可能なのです。
また、携帯電話を緊急時以外などほとんど使わないという方は、不要であれば全てのオプションを解約する方が、間違いなく毎月の携帯電話の価格は安くなります。
とくに、パケット定額などはご契約時に携帯電話本体の機種代金を安くするために入りますので、多くのユーザーはそのまま忘れてしまい解除していないケースもあります。
たとえば、auのシンプルプランに入っており、2年キャンペーンもありますので、毎月の携帯電話の料金はたったの700円ほどで済むのです。
また、どんなに割引きプランであっても無駄な割引きプランは、毎月の携帯代がかさむので解約してしまい、効果的な割引きプランはうまく活用して携帯代をお得にすることが最善です。

指定割を使って電話代金をお得にしよう

ほとんど特定の人としか電話やメールをしない方もなかには多くいらっしゃることと思います。そのようなケースでは、指定割を付けておけば通話料金やメールがかなり安くすることができます。
あまり電話などをしない人ならば、これは付けない方がいいのですが、よく連絡を取る場合はその人を指定割に入れておくといいでしょう。
携帯電話の価格明細には、登録している割引きプランが表示されますので、指定割が必要ないと感じたらすぐに解約する判断が正しいでしょう。

学割で携帯代をお得にしよう

YUUKI150321490I9A4375_TP_V
学割とは、たとえばauを使っている学生ユーザーが利用することのできるプランであり、基本料金やメール代などを全て半額価格にすることができるのです。
しかし、最近では2年契約で誰でも基本使用料などを半額にできますし、更に学割と違って無料通話料も半分にならないため、かなりお得ですので、おすすめです。
そのため、もし高校や大学を卒業してしまい学割の対象から外れてしまった場合には、2年契約などをして携帯代金を半額にするアクションを起こしましょう。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、携帯電話の価格についてお得に運用するためのお話しをしてきました。
携帯電話の毎月の料金を安くするためには、各通信キャリアのサービスやキャンペーンのご利用、そしてサービスの見直しを行ない、ご自身の利用用途や頻度に合わせた料金プランで運用することが大切です。
携帯電話本体価格を下げることはなかなか難しいことですが、時期やタイミングを見計らってキャンペーンをうまく利用しましょう。

関連記事

低価格No.1決定戦!大手3キャリアの携帯電話料金比較
端末価格が安い携帯電話TOP3!これなら一括購入も可能
一番お得なのはどこ?大手3キャリアの携帯電話料金比較
携帯キャリア料金比較
新プランはどう活用?大手4社の携帯電話料金比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧