ソフトバンク

学生さんなら利用で節約 スマホの学割+家族

N811_iphonewomiserudansei500
学生だったのは遠い昔の人、つい最近学生でなくなった人。学生っていろいろな場面で便利だったんだ、と気がついた時はすでに遅しです。
『学割』が使えるって、特権ですよね。
これから学生になる人、まだ学生の人。学生のお子さんをお持ちのおやごさん。『学割』つかいましょう。
とくに、親が子供のスマホ代を払っているという状況なら、なおさらです。家族全員が、ほぼ一台ずつスマホを持っていたら、けっこうな金額になりますよね。
せっかくの特権は節約につかって、少しだけ親孝行できるかもしれません。

家族もいっしょにキャンペーン

N612_nanohanatokazoku500
春と言えば入学・進学、スタートの季節です。
そんなスタートの季節を見越して、キャリア3社の学割合戦がすでに始まっています。

ドコモのキャンペーン

『学割合戦』と言いましたが、じつはドコモではもう少し対象年齢の幅がひろく設定されています。
U25(アンダー25)応援計画、と銘打っています。学生でなくても25歳以下なら、割引しますというキャンペーンです。
まずU25応援得割。
25歳以下のお子様+ご家族の割引。

※お得その1

25歳以下でスマホの新規契約をすると、基本料金2700円が初めの1年間1850円。
2700円?1850円=850円/月
850円×24回=20400円  2年で20,400円のお得。
(ただし、U25応援割の割引分を含む)

※お得その2

家族もはじめの1年間、基本料金が割引になります。
毎月最大1,350円がOFFに。(2015年5月31日までのキャンペーン)
*割引適用にはいくつか条件があるので、詳しくはドコモのショップでお聞きください。
次はU25応援得割.
25歳以下(26歳の誕生月まで)の人へ割引キャンペーン。スマホの基本料金が、毎月500円安くなります。年間最大で18,000円のお得。
それに加えて、ボーナスパケットとして毎月1GBのプレゼントがあります。
ちなみに、1GBはお金に換算すると、1,000円相当だそうです。
*キッズ割・学割にすでに登録されているかたは対象外です。
ほかに、U25スマホ&タブレット割というキャンペーンもあります。

SoftBankのキャンペーン

学割合戦に、2015年いちばん初めに名乗りを上げたのはSoftBankでした。家族の学割というキャンペーンです。
TVのCMをみると、SoftBankの犬のお父さん、学生のころは人間だったんですね。しかも、なかなかのイケメンだった、癒し系CMです。
『家族の学割』は、こどもが25歳になるまで家族も割引というキャンペーンです。

※お得その1

子どもが25歳になるまで、毎月家族も540円が基本料金から割引。
家族4人なら大きいですよね。
540円×4人=2,160円/月   2,160円/月×12か月=25,920円/年

※お得その2

子どもが25歳になるまで、家族も毎月1GBのデータ量をもらえます。
あと25歳以下限定で、TUTAYAのCDが半額でレンタル。Tポイントが3倍に、というお得もアリ。
あちこちリンクしていますね。
SoftBankの『家族の学割』、適用条件が細かく設定されています。とても説明しきれないので、申し訳ありませんがショップでお聞きください。

auのキャンペーン

auも、25歳以下とその家族が割引対象のキャンペーンです。

・『カケホとデジラ』に加入の場合

学生・25歳以下の本人が新規、または乗り換えの場合、月額データ定額料が2年間毎月1,500円割引。
*25歳以下の本人は、2年ごとの契約自動更新になります。
*家族は他社から乗り換え(新規契約)で、1年間。
または

・『LTEプラン』に加入の場合

学生・25歳以下の本人が新規、または乗り換えの場合、月額基本料が3年間ゼロ円。
934円×36か月=33,624円 ← 3年間でこれだけ割引されます。
*家族は他社から乗り換え(新規契約)で、1年間。
auの場合も、他社と同じく加入の条件や適用条件があります。こちらも、詳細はショップでお聞きください。

学割キャンペーン2015年5月31日まで

3社のキャンペーンで共通しているのは、25歳以下・家族も割引という点です。
なお学生とは、小学校・中学校・高校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院の学生であることを指します。
25歳をボーダーラインにしていますが、ドコモだけが26歳の誕生月までのくくりになっています。
年齢や家族、MNP新規または他社から乗り換えが条件になっています。各社の料金設定に加入したうえでの割引など、ある程度のしばりはあります。
料金プランと照らし合わせたうえで、比較していただいたらと思います。
各社それぞれ魅力的な案を提示していますよね。まようところです。
子どもさんが、音楽をダウンロードしてガンガンつかうと言うのなら、1GBのオマケは、子供さんにとってはうれしいオマケかなと思います。
お父さん・お母さんはやっぱり毎月の料金が気になりますよね。どちらが決定権を勝ち取るのか。

まとめ

簡単に基本的な部分だけの比較にしました。
みなさんよくご存じのように、キャリア各社の料金システムは理解しにくいものです。なので、メインの部分だけである程度の比較と判断をしていただければと思います。
割引ですこしでも安くなるのは、すごく助かります。U25、学割と言っても25歳まで(ドコモは26歳の誕生月まで)とユルイものです。
+家族もMNP新規または乗り換えの条件があるものの、1年は割引適用。家族がそれぞれ一台ずつのスマホをもって、別々に支払っていたら相当な金額です。
学生の子ども以外の家族は、1年だけの割引でも大きくないですか?
通信料がバカにならないからと言って、いまさらスマホやめます、なんて言えません。タブレットと2台持ちの人が増えているくらいです。学割合戦を使って、浮いた分をタブレットの通信料にまわすなんてこともできるかも。
どこのキャリアでも2015年は、『学生+その家族』がターゲット。
どちらを選ぶにしても、新規・MNP新規・他社からの乗り換えが条件。学生の子供さんはもちろん、ご家族のかたも同じくです。
キャリアを変えるのだから、多少の手間がかかります。
期間限定の学生さんとそのご家族だけの特別なキャンペーンですから、ムダを少しでもなくすために、ぜひご検討を。

関連記事

新プランはどう活用?大手4社の携帯電話料金比較
結局どれを選べば正解?スマホ料金の徹底比較
家族まで助けてくれる時代に突入!ソフトバンクの学割
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧