ソフトバンク

低価格No.1決定戦!大手3キャリアの携帯電話料金比較

android-925501_640
皆さんは、現在どちらのキャリアの通信会社を利用してスマートフォンや携帯電話をご利用なられていらっしゃいますでしょうか。
携帯電話世代から現在のスマートフォン世代まで、根強く数多くのユーザーを魅了してきたキャリアは、やはりdocomoとauとSoftBankの3つのキャリアです。
携帯電話の時代から数多くのヒット商品を販売してきており、多種多様な現在のスマートフォンまで人気のあるキャリアです。
しかし、やはり気になるのは携帯電話料金なのではないのでしょうか。
実際、すべてのキャリアをご契約されて携帯電話料金を比較していくわけにもいきませんので、今回はdocomoとauとSoftBankの3つのキャリアの携帯電話料金を比較してご紹介していこうと思います。
やはり、ご契約されてこれから何年もご利用されていくキャリアですので、同じスマートフォンや同じ使い勝手、同じ契約内容であれば少しでも低価格なお得な携帯電話料金のキャリアを選んでおきたいところです。
普段では決して比較することのできない各キャリア3社の携帯電話料金を比較してあなたに合ったキャリアで、お気に入りのスマートフォンをご契約されることをオススメいたします。
それでは、まずは各キャリアの携帯電話料金を細かくチェックしていきましょう。スマートフォンに普及に伴い何度か携帯電話料金の仕組みも変わってきておりますので、復習の意味も含めて再確認していきましょう。

docomoの携帯電話料金をチェック

それでは、まずは大手キャリアであるdocomoの携帯電話料金からチェックしていきましょう。
携帯電話料金の内訳の項目としましては、大きく分類しますと、基本料金とパケット代金とスマートフォンや携帯電話本体の価格でございます。
本来であれば、これらの携帯電話料金にプラスして通話代金が請求されるのですが、近年では通話のし放題プランがスタンダードとなってきているため、大きな携帯電話料金の項目はこれらの3点となります。
それでは、この知識を前提にさっそくdocomoの携帯電話料金の中身に触れていきましょう。
各キャリア共通して始まった新しい携帯電話料金プランなのですが、docomoからはカケホーダイプランとカケホーダイライトプランの2種類がスタンダードとなっております。

カケホーダイプラン

カケホーダイプランは、昨年の春頃から開始されたプランです。
どのようなプランなのかと申しますと、一言で申すならば「時間無制限で通話を安心して利用したい」方に向けたプランです。
毎月の携帯電話料金は税抜き2,700円で、時間を一切気にする必要もなくどれだけでも通話を楽しむことができます。
そのため、たとえば若者世代や営業マンの方などには非常に便利なオススメのプランかと思います。

カケホーダイライトプラン

つづきまして、ご紹介するこちらのカケホーダイライトプランはどのようなプランなのかと申しますと、「通話の回数は多いが、一回あたりの通話時間は5分以内」だという方に向けたプランです。
1回あたりの通話の利用が、さきほどのカケホーダイプランの携帯電話料金と比較しますと、必ず毎回5分以内であるならば何回通話をご利用されようと携帯電話料金は毎月税抜き1,700円の定額なのです。
しかし、こちらのカケホーダイライトプランは万が一にも一回でも通話の時間が5分を超えてしまうと別途料金が発生してしまう落とし穴があるため、必ず毎回5分以内の通話の利用が守れる方においてのみ、オススメといえるプランです。

パケットプランについて

それでは、つづきまして、docomoの携帯電話料金の2つ目の内訳であるパケット代金についてご説明しておきましょう。
Docomoのパケット代金についての携帯電話料金プランは、大きく分けると2つございます。
それは、データ容量によるパケットプランかシェアパックのご契約です。
ご家族でdocomoのスマートフォンや携帯電話をご利用になられていらっしゃる方がいるのであれば、シェアパックのプランのご利用が可能となります。

シェアパックとは?

シェアパックとは、これまでの従来の個別ごとでのご契約と比較しますと、個別で分けることなく一つのご契約パックをご家族で共有し合ってご利用いただく方法となります。
たとえば、ご家族3人が20GBのシェアパックをご契約しますと月々20,800円で20GBのデータ容量を分け合って利用します。
1人はよくインターネットを利用するので10GB、1人はそれほど利用しないため4GB、1人は標準の使用量で6GBとシェアしあっても良いわけで、これでも1人あたりのパケットに関する料金は6,930円ほどとかなりお得なのです。
しかも、使うことのなかった残ってしまったデータ容量は翌月に繰り越すことだって可能なのです。
また、標準型の従来の個別のパケットデータプランにおいては、5GBの標準タイプでご契約すれば、皆さんご存知のとおり月々は税抜き5,000円となっております。

auの携帯電話料金をチェック

それでは、つづきましてはauの携帯電話料金について中身を詳しくチェックしていきましょう。
実は、auにおいてもdocomoと同じように新しいプランが加わっておりますので、そちらも合わせてご説明およびご紹介をさせていただきましょう。
まずは、通話のし放題プランからチェックしていきましよう。
新しいプランを加えて、auではスーパーカケホプランとカケホーダイプランとがございます。

スーパーカケホプラン

auのスーパーカケホプランは2015年夏過ぎから開始された新しいプランになります。
従来のカケホーダイプランと携帯電話料金を比較してみますと、大きな違いとしましては通話時間にございます。
通話時間が5分以内であれば、どれだけの回数の通話を利用しようと一切通話料はかからず、毎月の定額の税抜き1,700円です。
携帯電話料金とプランの中身においては、docomoのプランと同じですので比較しやすいのではないのでしょうか。
また、こちらのスーパーカケホプランはdocomoと同様に5分を万が一にも過ぎてしまった場合には30秒あたり20円の通話料金が発生するので要注意です。
それでは、皆さんご存知であろうカケホーダイプランもご説明しておきましょう。

カケホーダイプラン

こちらのauのカケホーダイプランは昨年の春頃からdocomoやSoftBankと同様に開始された通話のし放題プランです。
毎月の携帯電話料金は定額の2,700円で、時間を一切気にする必要なくどれだけでも通話を利用することができるメリットがございます。
しかし、それほど毎月通話を利用されない方や利用するとしても毎月の通話料金が2,000円も満たない、1回あたりの通話時間が5分を超えないようなユーザーの方にはスーパーカケホプランやカケホーダイプランではなく、auの基本パックのご契約ご利用をオススメいたします。

パケットプランについて

つづきましては、auのパケットプランについて中身を詳しくチェックしていきましよう。
こちらは、スマートフォンをご利用のユーザーの方であれば皆さんご存知かと思います。と申しますよりも現在ご利用されていらっしゃるプランになりますので、特別新しい変化はございません。
標準のデータ容量プランをご契約されても、他社キャリアの標準のデータ容量プランと携帯電話料金を比較してみても違いはございません。
5GBのデータ容量プランで、月々5,000円となっております。
しかし、auにおいては他社キャリアと異なり2GBや3GBと使用量に伴って細かくデータ容量をご契約することができるポイントがございますので、知っておくと便利でしょう。

SoftBankの携帯電話料金をチェック

それでは、つづきましてはSoftBankの携帯電話料金をチェックしていき、各キャリアとの比較材料として知識を身につけておきましょう。

スマ放題

まず、ご紹介しておきたいSoftBankの携帯電話料金プランは、昨年春頃から開始された通話のし放題プランでもあるスマ放題です。
こちらのスマ放題は、他社キャリアのdocomoやauと同様の時期に同様の価格で同様の内容で開始された通話の定額プランです。
他社キャリアと比較しますと、携帯電話料金の差は各キャリアとも横並びの状況ともなる毎月定額の税抜き2,700円でご提供されております。
もちろん、中身の内容も他社キャリアと同様のプランとなりますので、SoftBankのスマ放題も毎月定額の税抜き2,700円で時間を一切気にする必要なく時間無制限で通話の機能を利用することのできるプランとなっております。

スマ放題ライト

つづきましてご紹介しておきたいSoftBankの携帯電話料金プランは今年のつい最近から開始された真新しいプランであるSoftBankのスマ放題ライトです。
従来のスマ放題とどう違うのか、中身を比較してみましょう。
従来のスマ放題のプランは、毎月定額の税抜き2,700円で通話時間を気にせず通話を利用できるプランでした。
スマ放題ライトでは毎月の携帯電話料金は定額1,700円と従来のスマ放題とはおおよそ1,000円異なるのですが、通話時間が他社キャリアと同じく異なり通話時間が1回あたり5分以内と制限がついてしまい、通話時間が無制限ではなくなりました。
そのため、こちらのスマ放題ライトも他社キャリアと同様に通話の回数は多いが1回あたりの通話時間は5分以内というユーザーの方に向けたプランとなっております。

データ容量プランについて

SoftBankのインターネットのご利用によるデータ容量プランも他社キャリアであるdocomoやauと同様のものとなります。
標準のデータ容量プランをご契約であれば、5GBのデータ容量プランで毎月の携帯電話料金は5,000円となります。
そのため、ご自身の毎月のご利用データ容量の平均から比較して、ご自身に見合ったデータ容量プランをご契約されると良いでしょう。
ご自宅にWi-Fiの環境など無線LANの環境などインターネットの環境が整っていらっしゃるユーザーの方であれば、大きなデータ容量プランでご契約される必要はまずないでしょう。

各キャリアの携帯電話料金を比較!低価格No.1は?

それでは、つづきましては各キャリアであるdocomoとauとSoftBankの毎月の携帯電話料金比較を行なっていきましょう。
上記でご説明してきた3つのキャリアの携帯電話料金はご理解いただけたかと思いますし、他社キャリアの携帯電話料金の中身を知る良い機会にもなったかと思います。
それでは、携帯電話料金の基礎的な土台ともなる通話の携帯電話料金プランとインターネットによるデータ容量プランの2つのポイントから各キャリアの携帯電話料金比較を行いましょう。

通話に対する各キャリアの携帯電話料金比較

各キャリアの通話に対する携帯電話料金比較としましては、各キャリアとも従来の通話のし放題の定額プランにおいては、同様の内容であり携帯電話料金も毎月2,700円と横並びの結果となります。
また、今年新しく始まりました通話のし放題定額プランの5分以内限定で回数無制限の定額プランがございますが、こちらも3つのキャリアとも毎月1,700円と横並びの結果となります。

パケットに対する各キャリアの携帯電話料金比較

それでは、つづきましてはパケットプランについて比較を行いましょう。
各キャリアのパケットプランにおいても、標準タイプのデータ容量プランで携帯電話料金を比較していきますと、毎月5,000円でデータ容量は5GBのプランとなっておりますので、3つのキャリアとも携帯電話料金は横並びの結果となります。
しかし、家族間によるデータシェアなど新しいプランサービスもございますので、使い方や使用量によっては携帯電話料金に差が表れるでしょう。
つまり、本題の結論としましてはdocomoもauもSoftBankも3つのキャリアとも携帯電話料金比較は、すべて現状は同じ結果となります。
どちらのキャリアがもっとも低価格No.1であるのか決めようと思えばご購入されるスマートフォンや携帯電話の本体価格と本体価格からの割引きサービスによって変動することになります。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、docomoとauとSoftBankの3つの大手キャリアの携帯電話料金を比較してどちらのキャリアがもっとも低価格であるのかを徹底的に調べ上げてご紹介してきました。
結論としましては、どちらのキャリアにおいても携帯電話料金は横並びの結果となり、比較する対象は各キャリアの販売されているスマートフォンや携帯電話の本体価格や本体価格からの割引きサービスの内容となりました。
皆さんも、スマートフォンや携帯電話のご購入の際にキャリア選択に悩まれた時には各キャリアの携帯電話料金から比較せず、各キャリアで販売されておりますスマートフォンや携帯電話の本体価格と割引きサービスで判断しましょう。

関連記事

一番お得なのはどこ?大手3キャリアの携帯電話料金比較
携帯キャリア料金比較
新プランはどう活用?大手4社の携帯電話料金比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧