格安SIM

SIMフリー+低価格スマホに乗り換えて実感した5つのこと

スマートフォンやタブレット端末の普及に伴って、われわれの社会にも大きな影響を与えたことは確かなことだといえます。
たとえば、スマートフォンの普及によりSIMフリーや低価格スマホと呼ばれる格安を謳ったスマートフォンの登場も近年では多く見受けられるようになってきました。
また、タブレット端末においても超小型のノートパソコンともいえるスペックから、学校などの学業シーンにおいて教室のタブレット端末化や、ビジネスシーンにおいては外出中であっても資料作成や、また持ち運びも便利だと高い評価を受け続けております。
今回、お話しをしていくことは、スマートフォンの普及による背景から、SIMフリーや低価格スマホについてです。
SIMフリーや低価格スマホにより、実感したこと、つまりメリットやデメリットを含めて今回は、濃く深くご紹介していこうと思います。
現在、SIMフリーや低価格スマホのご利用をご検討されていらっしゃる方は、必見です。
 

SIMフリーと低価格スマホに乗り換えて実感すること1

低価格スマホやSIMフリーに乗り換えて実感できることを確認していきましょう。
一般的な大手通信キャリアでスマートフォンを使いますと、だいたい8,000円から12,000円ほどが毎月かかります。
しかし、格安スマホで同じような使い方をしますと、なんと3,000円から6,000円ほとで毎月使用することになります。
もっと安く400円から1,500円ほどで毎月使用することも可能ですが、それでは使用の範囲が大きく制限されることになりますので、いままでと同じように使おうとするならば、毎月3,000円から6,0010円くらいかかります。
たとえば、月に5,000円安い契約ができたとしますと、これから毎月単純に5,000円おトクになるわけです。
あなたが今月格安スマホに変えて、あなたの友人は2年後まで大手通信キャリアを使っていたとしょう。
そうしますと、単純に5,000円×24ヶ月でなんと12万円も、あなたの方がお得になるのです。
逆に、いま低価格スマホデビューするのを渋ると、12万円損することになるのは、あなたの方かもしれません。

SIMフリーと低価格スマホに乗り換えて実感すること2

つづきまし低価格スマホを使って実感することは、不要なオプションを付けられずにすむというメリットです。
DocomoやauやSoftBankなどの大手通信キャリアと契約するときは、必ずそれぞれの店舗に足を運ぶことになります。
また、そこには親切なショップ店員さんがいて、わからないことをいろいろ教えてくれますが、ショップ店員さんは親切なだけではありません。
彼らには「ノルマ」というものがあり、多くの不要なものを売らなければなりませんので、スマートフォンを買いにきてスマートフォンをすすめられるならまだいいのですが、そこでタブレット端末やWi-Fiルーターをすすめられることもしばしばございます。
そして一番めんどくさいのは、「ほぼ必須でついてくる、数々のオプションサービス」です。
「これをつけなければこの価格で売ることはできません」と言われ、300円や500円のほとんど使わないオプションをいくつもほぼ強制で契約させられます。
しかし、低価格スマホであればこのようはことはありません。つまり、余分な費用がかからずスマートフォンを購入することができるわけです。

SIMフリーと低価格スマホに乗り換えて実感すること3

london-94268_640
つづきましてご紹介いたします低価格スマホを使って実感することは、海外に行ったときに便利だということです。
低価格スマホにするひとのほとんどが「SIMフリー」と呼ばれるスマートフォンをつかいます。
SIMフリーのスマートフォンとは、「どこの会社のSIMでも使えるよ」というニュアンスのスマートフォンのことです。
SIMフリーの逆は「SIMロック」されているスマートフォンで、docomoやauやSoftBankでスマートフォンを買ったひとが持っているのは、ほぼ全てSIMロックされたスマートフォンとなります。
SIMロックされているスマートフォンは、買った通信キャリアのSIMしか使えません。
そのため、docomoで買ったスマートフォンは当然、docomoのSIMしか使えず、auで買ったスマートフォンはauのSIMしか使えず、SoftBankで買ったスマートフォンはSoftBankのSIMしか使えません。
SIMロックされてるスマートフォンを海外に持って行っても、現地のSIMは使えないので、現地でスマートフォンを使うには、レンタルするか、Wi-Fiのみで使うかになり、非常にめんどくさいということになります。
しかしSIMフリーのスマートフォンを持っていれば、現地で手に入れたSIMをスマートフォンに差し込めばすぐに日本と同じようにスマートフォンが使えるようになるので、とっても楽で便利です。
年に1〜2回くらい海外に行くならば、そのたびに手間のかかるめんどくさい思いをしなくて済むように、SIMフリーの低価格スマホを使ってるという方も多いのです。

SIMフリーと低価格スマホに乗り換えて実感すること4

つづきましては、低価格スマホのメリットばかりをご紹介しても実際にご使用されたときの実感は異なりますので、デメリットについてもしっかりと明記しておきましょう。
まず、低価格スマホのデメリットは自分で全て調べなければならないということです。
低価格スマホの手続きは、ほぼ全てインターネット上で行います。一部、リアルな店舗を構えている会社もありますが、まだまだ店舗数は少なく、あるとしても一部の都市部のみです。
いままでのdocomoやauやSoftBankなどの大手通信キャリアならば、親切な店員さんが全て説明してくれていましたので、自分で調べる必要はありませんでした。
しかし、低価格スマホには、親切な店員さんはいないと考えるべきでしょう。
つまり、シムフリーや低価格スマホをデビューするからには「1から10まで全部、自分で調べる」という覚悟が必要です。そうでないなら、MNPなどをした方がトータルで楽かもしれません。

SIMフリーと低価格スマホに乗り換えて実感すること5

talk
つづきましてご紹介いたします低価格スマホのご使用にあたって実感することは、電話番号でする通話は高くなるということです。
大手の通信キャリアであるdocomoやau、SoftBankには、例外なく「無料通話」がありました。
たとえばdocomo同士やau同士、SoftBank同士が無料なのはもちろんのこと、それとは別に、月に1,000円以内、5,000円以内なら無料などと、様々な種類の無料通話のシステムがありました。
しかし、低価格スマホには無料通話は一切なく、電話番号を使って電話をしたらいきなり通常料金がかかります。
料金はだいたい30秒あたり21円くらいで特別高いわけではありませんが、無料通話分があったときのような気分でガンガン通話をしていますと、あっという間に料金がかかってしまい、せっかくの格安スマホのメリットを活かすことができません。
解決策は、LINE電話やSkypeなどを使うことです。これらはインターネット回線を使って電話をするので、30秒21円のような通話代はかかりません。
もちろんインターネットの使用料はかかりますが、すこし大きめのプランにしておけばほとんど問題ないでしょう

低価格スマホの低価格以外の魅力もチェック!!

つづきましては低価格スマホやSIMフリーの低価格以外の魅力についてもご紹介しておきましょう。
SIMフリー端末やモバイル通信SIMカードの魅力は何も、低価格だけにかぎりません。
海外に出かけたとき、現地でプリペイドやレンタルのSIMカードを入手することで自分のモバイル端末をそのまま使えることや、ふだんでもSIMカードを差し替えることで利用シーンに合わせて複数のモバイル端末を使い分けできることなどにも注目が集まっております。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、スマートフォンにおけるSIMフリーと低価格スマホをご使用していくうえでの実感されることを5つご紹介しておきました。
実際に低価格であったとしても、使用してみたら実感が違ったということはよくありますので、少しでも事前に調べ情報を集めておきましょう。

関連記事

【SIMフリー時代到来】用途別おすすめ低価格スマホ5選
無駄なお金は払わない!みんなが選んでる低価格スマホ4選
そろそろ節約の常識?2台目スマホをSIMフリーで使うには
格安のSIMを手に入れろ!話題の携帯を5台ピックアップ!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧