ドコモ

今後の展望に期待大、今すぐに使えるドコモギャラクシー

149866c6b779ed2b6cfa92f61f68bf1d_s
先日4月23日にドコモからサムスンのギャラクシーシリーズ最新機種、GalaxyS6とS6edgeが発売になりました。
既にギャラクシーシリーズを使っている人も、まだ使ったことのない人も今回発売されたギャラクシーの新作は是非ともスペックや実物を見ていただきたい逸品です。
モンスターと呼ばれるスペックや新たに追加された機能、以前のモデルと比較しても大幅に洗練された外観に至るまで、これを見るとサムスンの本気度が伝わってくるのではないでしょうか。
ここでは今回ドコモから発売されたギャラクシーのスペックや機能の紹介をしています。
購入を検討している人もそうではない人にとっても一見の価値があると思います。
では一緒に見て行きましょう。

GalaxyS6とS6edgeの違い、エッジとは

まずはGalaxyS6とS6edgeのそれぞれのスペックを見てみましょう。

【GalaxyS6edge】

ディスプレイサイズ:約 5.1インチ
カメラ有効画素数 :約 1600万画素
OS :Android 5.0
CPU :2.1GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア)オクタコア
バッテリー容量 :2600mAh(内蔵電池)
RAM/ROM(内蔵メモリ) :3GB/64GB
サイズ:高さ 約 142mm×幅 約 70mm×厚さ 約 7.0mm(最厚部 約 8.4mm)
質量 :約 132g

【GalaxyS6】

ディスプレイサイズ:約 5.1インチ
カメラ有効画素数 :約 1600万画素
OS :Android 5.0
CPU :2.1GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア)オクタコア
バッテリー容量 :2550mAh(内蔵電池)
RAM/ROM(内蔵メモリ) :3GB/32GB
サイズ:高さ 約 143mm×幅 約 71mm×厚さ 約 6.8mm(最厚部 約 8.6mm)
質量:約 138g
ドコモから発売されたギャラクシーシリーズGalaxyS6edgeとGalaxyS6を比較してみるとスペック的には大きな違いは見られません。
モンスターと呼ばれるに値するオクタコアCPUと、前モデルよりも容量の増えたメインメモリ、そして1600万画素のカメラなど他社製のスマホと比較してもとても素晴らしいスペックに仕上がっています。
二つのモデルの大きな違いというとディスプレイの左右の局面ディスプレイ部分である「エッジ」であると言えるでしょう。
このエッジ部分の有無によりサイズや質量に多少の差異が生じています。
ではこのエッジにはどのようなメリットがあるのかと申しますと、電源OFFの時でもエッジ部分にニュースなどのフィードを表示することができたり、よく使う連絡先を登録しておくこともできます。
頻繁に連絡をする友達や家族の連絡先を登録しておくことで、いつもの連絡がもっととりやすくなるのではないでしょうか。
メール受信や通知などを確認するために電源をいれて、ロックを解除して・・・という動作なしですぐに確認できてしまうこの機能は設定次第でさらに便利に使えそうですね。

シャッターチャンスを逃さないすぐに使えるカメラ

ギャラクシーのホームボタンは物理キーになっており、このホームボタンをダブルクリックすることで、カメラを起動することができます。
メールを打っているときでもネットを見ているときでも、友達とチャットをしているときでも、シャッターチャンスが訪れたらたったの0.7秒でカメラを起動することができます。
これでシャッターチャンスを逃すことなく大切な思い出を沢山残しておくことができるのではないでしょうか。

すぐに使えるバッテリー

N784_suwarisumafowoijirudansei500
バッテリーの容量を見てみると前モデルの2800mAhと比較すると若干容量が少なくなっております。
また、以前のモデルのようにバッテリーの蓋がなくなったためバッテリーの交換も不可能になっています。
しかし、今回のギャラクシーはバッテリーの充電についても改良されており急速充電で95分で100%の充電でき、10分間の充電で4時間使えるようになります。
これならちょっとバッテリーがやばいというときでも、昼のちょっとした空き時間に充電しておけば夕方ぐらいまではもちますし、夕方家に帰ってちょっと充電しておけば夜就寝するころまでは使えてしまいます。
そう考えると普段使いでは、そうそうバッテリーがなくて使えないということにはならないのではないでしょうか。
また今回のギャラクシーは、ワイヤレス充電にも対応しているので充電そのものを負担に感じることなく行うことができます。
バッテリー容量が若干少なくなったことを十分に補える機能が追加されたといえます。

洗練されたデザイン

従来のギャラクシーシリーズは背面の素材が樹脂製でしたが、今回はアルミ合金のフレームと背面には強化ガラスが採用されています。
これにより筐体の見た目の美しさが格段にアップしました。
もちろんこれは実際に手に触れた時の質感にも大きく影響を与えるものであります。
この美しさをもってすれば、これまでのギャラクシーユーザーはもちろんですが、他社の製品を使っていたユーザーから見ても魅力的に映るはずです。

まとめ

今回ドコモから発売されたギャラクシーシリーズの最新機種GalaxyS6とS6edgeのスペックや機能について見てみましたが、みなさんはどのような印象をもたれたでしょうか。
スペックなどを見るだけでもわくわくするような内容でしたね。
今回の進化により競合する他社のスマホにも引けをとらない素晴らしいものになったのではないでしょうか。
しかし画面の美しさや筐体に触れてみた感触、強化ガラスとアルミ合金で構成されたボティの美しさは実際に手にして見てみた方がより伝わると思います。
ここで興味をもたれた方は是非ドコモショップに足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

【保存版】docomoの最新人気スマホ・携帯8機種を徹底比較
いまどき最新携帯の全てを公開!新機能7選
迷ったら参考にして!スマホ最新機種正しい選び方

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧