MNP

選ぶべきはこれ!人気急上昇中の格安スマホ徹底比較

PAK85_SIMkoukan20141025172124500
『格安スマホ』って、最近よく目にしたり聞いたりしていると思います。『安いスマホ?』、端末自体が安いわけではありません。
2015年5月から、SIMロック解除が施行されます。
いままで、携帯大手各社で販売されてきたものには、中に入っているカードに、SIMロックがかけられていました。顧客の確保などのためですが、この5月からはSIMロック解除=SIMフリーになります。
それによって、端末本体の使い回しができるようになりますし、SIMカードのロックが解除されていれば、他社の端末でもカードを差し替えれば使えるようになります。
難しいことはともかく、SIMフリーになることで、わたし達ユーザーは通信料をかなり大きく節約が可能になります。
『格安スマホ』の『格安』は、通信料を安くできるスマホ、といった意味です。

格安スマホってなにが格安なの

この数週間で、格安スマホの取り扱いをする会社が増えてきていると感じます。2か月前くらいには、楽天モバイルとDMMの広告がよく目についていました。
ここ最近は、プロバイダーでおなじみのOCNやプララ、NTT・nifty・BIGLOBE、家電量販店やイオンなど様々な企業が名乗り出ています。
これだけ増えてくると、どこを選んだらいいのかまったく迷ってしまいます。
しかも、どれを選んだらいいのか自分で決めなければなりません。
2年のしばりが終わったから、格安スマホにして節約したい、端末はいまのを使いたいというケースでは、SIMカードだけを購入でもOKです。
端末は他で購入して(SIMフリー対応端末)、SIMカードだけ申し込むのもアリです。(電話番号はそのまま使いたい場合には、MNP予約番号が必要です)
カードには、データのみ(SMSありor SMSなし)・通話SIM(データ+通話)と種類があります。
通話の機能はいらない、というかたはデータカードでじゅうぶんですが、どのくらい月に使うかによって通信料が変わってきます。
データ+通話のカードもおなじです。(カードの名称は、各社少しずつ言い方・呼称が違っていたりします)
ほぼどこの会社でも、通信料は最低1ヶ月数百円から設定されています。どのカードでも、1GBから使いたい放題まで選べるような設定になっています。
自分はどんな使い方をするのか、なにをしたいのか、それによって変わってきます。
タブレットやPCとデザリングしたい、動画や音楽・ネットもよく使うのであれば、大きい容量を選ぶに越したことはありません。
よくわからない人は、とりあえず少ない容量で申し込んで、しばらく様子をみてください。足りないなと思ったら、変更は可能です。
端末も新しくしたいのであれば、各社端末+SIMカードのセット販売もしています。機種に制限はあります。支払方法は分割、または一括購入です。
各会社によってSIMカードの解約期間はちがうようです。違約金のかからない期間を経過していれば、カード自体の解約はできます。
ただし、端末の分割が残っている場合は、とうぜん端末のお金は払いつづけることになります。
いちばん気になる料金ですが、最低1ヶ月数百円からといいましたが、目安としては大ざっぱですが約半分くらいの料金で抑えられるのでは、とおもいます。もちろん使い方によって違いますが。

SIMフリー競争 激しさが増してきました

格安スマホ合戦が激化しています。
比較的早い時期に名乗りを上げた会社は、1カ月当たりの通信料金の安さで売っていました。
日に日に競争が激しくなってきている最近では、通信料金の安さに加えサービスも付けての販売が目につきます。
楽天モバイル(ここは最初から)やBIGLOBEなどでは、通話SIMの契約者向けのサービスがあります。それぞれ独自の電話アプリをダウンロードすれば、国内の通話料が半額になるなど。
BIGLOBEは『うれスマ』、たぶん安くなってうれしいスマホの略だと思うのですが、スマホ購入をして3つの安心サービスを申し込むとさらに安くなる『安心セット割』があります。
NifMo(ニフティ・モバイル)は期間限定ですが、ZenFone5の購入で10,000円キャッシュバック。
4月1日から値段はそのままで容量をアップ。いちばん大きい7GBを例にあげると、10GBにアップしてお値段そのまま月料金2,800円です。選べる機種がすくないのが難点ですが、これから増えていくのだろうと思います。
それほど通信料金に差がないのなら、なにを基準に選んだらいいのでしょう。
知名度でという方もいるでしょう。どうせならポイントがたまるほうがいい、という人もいると思います。
キャリアのわかりにくい料金システムほどむつかしくないので、各会社の契約内容をよく読んで理解したうえで決めてください。
せっかく、通信料金をグッと節約できるチャンスなんですから、損のないように隅々まで説明を読んで検討してみてください。

まとめ

smartphone-349548_640
『格安スマホ』はだいぶ名前も売れて、浸透してきた感があります。
でも、まだ未知のもので不安だと言う人もおおいと思います。
欲しい機種、使いたい機種が対応している機能については、きちんと確認をしてください。
いちばんの不安は、ちゃんと通話ができるのか、ネットやダウンロードする際のスピードはどうなのか、LINEやFacebookも使えるのかな、といったような心配が多いのではと思います。
SIMカードと端末セットなら機種の説明をよく読んでくださいね。データカードは通話ができない、ネットはできるけどSMSが必要ならSMS付のカードを選ぶなど。
電話番号そのまま使えます。webで申し込みをするときは、MNP予約番号の有効日数が申し込んだ時点で残り何日あるかという確認が必要な場合もあります。
基本的なところですが、もう2年のしばりは終わったからと思っていると、意外なところに落とし穴があるんです。
いままで使っていたキャリアを、もう長く数年使っていた場合、2年のしばりを勘違いしていることが多いのです。
機種を変えた月から2年って、ふつう思いますよね。ところが、そのキャリアを初めて使い始めた月から2年なんです。
例えばナントカ割とかほかのサービスに、とうぜん初めに入りますよね。そこから2年なんです。そのサービスに違約金がかかってきます。
そんな昔のこと覚えてないよ、と言ってもキャリア側には記録として残っているので逃れられません。
1月に機種変更をしていても、キャリアで8月に初めて契約をしたら、それ以前に解約をすると違約金がかかってきます。納得いかない、と思ってもこれだけはどうにもならないようです。
違約金を払っても、月々の通信料を抑えたほうが得か、満期の月まで待つかあなた次第ですね。聞いた時には『アゼン』としますが。
基本的なところで注意ですが、キャリアのメールアドレスは使えなくなります。G-mailなどのアドレスを使うことになります。
いま使っているスマホ(携帯)のデータ移行は、自分でやることになります。この先どうなっていくのか、キャリアで移行サービスを行うのかはちょっと不明です。
Doropboxやcrowdサービスを使えば、そう大変ではないのでトライしてみてください。ふだんから、バックアップサービスを使っておくと何かと便利でもあるので。
ともあれ、この先5月以降はすべてSIMフリーになってしまいます。
改善やサービスのあれこれは、当然日々変わっていくと思われます。競争もいままでのキャリア各社に加え、たくさんの企業が参加しての激しいものになるでしょう。
まわりの詳しい人に教えてもらったり、自分で今までは読まなかったような説明もシッカリ読んで理解をする必要があると思います。
毎月の通信料金が半分以下になるのなら、手間ひまかけても『得』なほうがいいですよね。
『格安スマホ』を、ほんとうに格安だと実感できるように使ってください。

関連記事

スマートフォン、格安時代の始まりと未来
新しい時代の節約術!格安スマートフォンを使いこなす方法
無駄なお金は払わない!みんなが選んでる低価格スマホ4選
次に狙うべきはこれ?激安スマートフォンまとめ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧