格安SIM

携帯の中古は買っても大丈夫?中古携帯の赤ロムとは

14
皆さんは、スマートフォンや携帯電話を中古でご購入されたことはありますか?
中古で販売されているケースはと申しますと、インターネットですとオークションで販売されておりますし、販売店ですと現在はハードオフやブックオフやゲオなどで販売されております。
また、中古でご購入されるスマートフォンや携帯電話も安くてお得なのですが、格安スマートフォンと呼ばれる無名キャリアなどのより販売されているスマートフォンもございます。
そのような格安スマートフォンや中古スマートフォンや携帯電話においてよく耳にされることの多いワードがロムです。
通常の携帯電話キャリアである、docomoやauやSoftBankのスマートフォンを利用するよりもずっとお安くお得でリーズナブルに価格設定である、いわゆる格安スマートフォン。
少しでも安くおさえておきたいのであれば低コストの格安スマートフォンや中古スマートフォンや携帯電話も念頭に入れてご検討されることをおすすめいたします。
そのためにもまずは、ロムについてしっかり知識をつけておきましょう。

ロムについて学ぼう!

c43dd20cfa1f121089a19a8fe4f75f04_s
よく耳にすることが多いのは、白ロムや黒ロムなのではないのでしょうか。そうは申しましても、皆さんはロムについてご存知でしょうか。
本来であれば、SoftBankやauやdocomoなどの大手キャリアでスマートフォンや携帯電話をご契約される場合、電話番号やメールアドレスなどのご契約者さまの個人情報がSIMカードに登録されます。
これは、携帯電話時代から行われているスタイルですので、皆さんご存知かと思われます。
そしてスマートフォンや携帯電話など機種端末自体を変更しても、このSIMカードを差し替えるだけで、同じ電話番号とメールアドレス、個人情報で使用することができます。
ここまでも皆さんご存知の内容だと思われますので、これらの基礎知識を踏まえたうえで、まずは白ロムや黒ロムについてご説明していきましょう。

黒ロムと白ロムについて

よく耳にすることの多い白ロムや黒ロム、これは携帯電話やスマートフォンのお使いになられていらっしゃる機種端末によって、それぞれ意味合いが異なってきますので注意しましょう。

ガラケーの場合

まずは、携帯電話からご説明していきましょう。携帯電話と申しましても、いまではガラケーとも呼ばれております。
携帯電話の場合ですと、機種端末のなかへ直接データを書き込んでおり、このメモリーの領域はEPROMと呼ばれております。
EPROMとは、通称ロムのことを指しております。
そして、ロムになにもデータなど記憶がいっさいない真っ白な状態のロムのことを白ロムと呼んでおり、データが記録されているロムのことを黒ロムと呼んでいるわけです。
ここまでのご説明は、いたってカンタンなのではないのでしょうか。少しばかりややこしくなるのは、ここからです。

スマートフォンの場合

つづいてスマートフォンの場合における、白ロムと黒ロムについてご説明していきましょう。
スマートフォンでは、携帯電話とは少しばかり異なり直接機種端末へデータを書き込むわけではなくてSIMカードを用いて、データなどご契約者情報を登録しております。
SIMカードを抜いた状態のデータなどがなにも入っていない状態のスマートフォンのことを白ロムと呼んでおります。そのため、中古で販売されておりますスマートフォンの多くは、白ロムの状態で販売されているわけです。

赤ロムについて

various_sim_cards_205449
それでは本題でもある赤ロムとはなんなのでしょうか。次に赤ロムについてご説明していきましょう。
まずは、赤ロムとはどのようなロムのことを意味しているのかカンタンにご説明させていただきます。
赤ロムとは、中古で販売されているスマートフォンや携帯電話が分割支払いが済んでおらず、支払い完了前に中古品として販売されてしまっているロムのことを意味しております。
ios-1091302_640
白ロムは中古のスマートフォンや携帯電話ですので、リスクがあるのではないのかと念頭に置いておく必要は十分にあります。
たとえば、よくあるケースですともとのスマートフォンや携帯電話の所有者が機種端末の分割支払いを払いきれていないままの状態でスマートフォンや携帯電話を売却してしまった場合です。
このような事態ですとそのスマートフォンや携帯電話のキャリアへお支払いが滞ってしまっている状態なわけですので、キャリア側が端末での通信利用にロックをかけてしまうのです。
そのため、中古でスマートフォンや携帯電話をご購入されても、そのときは問題なくご使用できていたとしても、万が一にももとのご契約者本人が支払いを断念してしまい滞らせてしまった途端に通信はできなくなってしまいます。
そして、このような事態でロックをかけられてしまった状態の機種端末のことを、赤ロムと呼んでおり、数多くの中古のスマートフォンや携帯電話の販売店では現在、このようなロックをかけられた赤ロムの機種端末を販売しないようにしております。
また、現在では厳しくなっており赤ロムの機種端末を売却することは難しくなり、支払い完了証明書などを添える必要がある販売店もあるそうです。
しかし、それでも赤ロムのスマートフォンや携帯電話は販売されております。
万が一にもご購入された中古のスマートフォンや携帯電話が赤ロムだった場合に備えて、機種端末の価格返金などなにかしらの対応をきちんととってくれる販売店を選んでおくと良いでしょう。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、スマートフォンや携帯電話を中古でご購入された際の赤ロムについてご紹介してきました。
そもそもロムのこと自体をご存知ではない方は多くいらっしゃるかと思います。
そのため、今回は赤ロムのみのご説明だけではなく黒ロムや白ロムについてもご説明させていただきました。
ロムの知識をしっかり身につけておくことで、中古のスマートフォンや携帯電話をご購入される際のポイントにもしっかり気を付けておくと良いでしょう。

関連記事

中古でも案ずること無かれ!中古スマートフォンをお得にGET
準新機種スマホも売っているお得な中古ショップを紹介
中古スマートフォンを買う時に注意したい5つのポイント
中古スマートフォン選ぶ基準
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧