実際どう?経験者に聞く、中古携帯購入時に注意すること。


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

ここ数年の携帯電話を利用している方の利用状況を見てみると、半数以上の方がスマートフォンに移行しており、従来型の携帯を利用している方にとってはなかなか新しい機種の発売もなく、現在利用中の携帯をできるだけ長く使いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、故障などしてしまうと同じ機種が手に入らないという問題があります。また、スマートフォンを利用されている方の中には、毎月の通信料金が高いと感じていて更に機種代金を支払うことを負担に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

様々な理由で、少し前のモデルが豊富に揃っていて、更に端末代金の安い中古携帯の購入を検討されている方もいらっしゃるかと思います。

価格の安さで中古の携帯を選択することは良いのですが、経験者だからこそ知っている注意点というものがあります。

そこでここでは、中古携帯購入経験者の声を元に中古携帯購入時に注意すべきことを紹介していますので、中古携帯の購入を検討されている方は是非参考にしていただけたらと思います。

キャリアからの制限のかけられていない携帯端末を購入する

18

中古携帯として販売されている端末の中には、純粋に前の利用者が不要となって売りに出されたものばかりであるとは限りません。

例えば、盗難にあった携帯端末であったり前利用者が端末代金を支払いきれず手放した携帯であったりする可能性があります。しかし、店頭に並んでいる中古携帯を見てもそれを判断することはできません。

もし、購入した中古携帯が盗品や端末代金の支払いが完了していない端末であった場合には、いくら利用可能なSIMを使ったとしても、キャリアにより利用制限がかけられ通信ができなくなってしまう場合があります。

中古携帯を購入した後に、何かしらの原因によりキャリアから利用制限をかけられた端末であることが分かったのでは手遅れです。

そのため、携帯電話各社では製造番号をもとに利用制限がかけられた端末であるかどうかを確認するためのサービスを実施しています。以下が携帯電話各社の確認方法になります。

NTTdocomoネットワーク利用制限携帯電話の確認方法

NTTdocomoの携帯電話の中古携帯を調べる場合には以下サイトにアクセスします。

◇NTTdocomのネットワーク利用制限携帯電話確認サイト
http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/search.php

製造番号入力欄に携帯電話の製造番号を入力します。製造番号は携帯電話の本体に貼られたシールに記載されている「製」や「IMEI」と記載された15桁の数値になります。

検索した結果、×や△のマークが表示される場合には、キャリアによる利用制限がかけられているという状況になります。○以外の判定の場合には購入を見合わせた方が良いでしょう。

auのネットワーク利用制限携帯電話照会

auの携帯電話の利用制限の状況について確認したい場合には、以下照会サイトにアクセスします。

◇auのネットワーク利用制限携帯電話利用照会サイト
https://au-cs0.kddi.com/FtHome

携帯電話の裏側等に記載されている製造番号「IMEI」または「MEID」と記載されている14桁の番号を入力します。

検索した結果、×や△のマークが表示される場合には、キャリアによる利用制限がかけられているという状況になりますので購入の際には注意したほうが良いでしょう。

SoftBank

SoftBankの携帯電話の利用制限の状況について確認したい場合には、以下照会サイトにアクセスします。

◇SoftBankのネットワーク利用制限携帯電話の確認サイト
https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

携帯電話の製造番号15桁を入力します。

検索した結果、×や△のマークが表示される場合には、キャリアによる利用制限がかけられているという状況になりますので購入の際には注意したほうが良いでしょう。

中古携帯を取り扱うショップでは、一般的に買い取りの時点で利用制限のかけられた端末は買い取りしない場合が一般的ですので安心の度合いは高いのですが、個人売買となるオンラインでのオークション等で購入する場合には、これらの情報がしっかりと記載されていることがポイントになります。

もし、記載がない場合には問い合わせてみるか、そのような相手とは取引をしないことが賢明であると言えるでしょう。

万が一のことを考え保障の有無を確認する

08167bb33d07dce9fd5441766958902d_s

ここまで、紹介したように利用制限の状況を確認した際には制限がかけられていかなったとしても、購入後に利用制限の対象となってしまい利用ができなくなってしまう可能性もあります。

こればかりは、いくら注意を払ったとしても、販売するショップにも購入者にもわからない場合があります。

そのため、中古携帯電話を販売するショップの大半は初期不良の保障だけではなく、購入後に利用制限がかけられた場合の保障もつけています。

中古携帯を購入する場合には予めこれらの保障があるかどうかを確認してから購入することをお勧めします。

利用方法にあった携帯電話端末であるかを確認する

sim

利用予定のキャリアと一致している端末を選択する

通常携帯電話キャリアから発売される携帯電話は、他のキャリアのSIMが利用できないように、ロックがかけられています。

これはSIMロックと呼ばれていて、NTTdocomoの携帯電話を利用していて次もNTTdocomoの通信回線を利用したいということであれば、同じくNTTdocomoの中古携帯を購入する必要があります。

全く同じ機種を購入するのであれば問題はないかと思いますが、現在利用している機種と異なる機種を購入する場合にはどこの携帯電話キャリアから発売された機種であるのかということの他、SIMのサイズが同じであるのかも確認する必要がでてきます。

格安SIMでの運用を検討している場合

先ほどの項目でも少し触れましたが、通常携帯電話は販売された携帯電話キャリア以外のキャリア以外のSIMは利用できないようにSIMロックがかけられているため、格安SIMはどの携帯電話キャリアから発売された携帯電話にでも利用できるという訳ではありません。

格安SIMを提供している事業者の大半はNTTdocomoの通信回線を利用してサービスを提供しているため、NTTdocomoから発売されている携帯電話の場合には、そのまま利用できる可能性が高いです。

また、一部格安SIMを販売している事業者の中には少数ですがauの通信回線を利用してサービスを提供している場合もあります。

これから利用しようと検討している格安SIMの販売事業者がNTTdocomoまたはauどちらの系列の通信回線を利用しているのかを確認し、それに対応した通信キャリアから発売されている中古携帯を購入するか、SIMフリー端末を購入する必要があります。

まとめ

ここまで、中古携帯を購入する際の注意しておくべきことを紹介してきましたが、いかがでしょうか。

中古ということで端末自体の程度の良し悪しを気にしがちですが、それはもちろん重要なことではあるのです。

しかし、前利用者が端末代金を完納していない場合や、悪意をもった販売者であった場合、発覚した時点で携帯電話キャリアからの利用制限がかけられることがあるため、端末の程度以上に重要な事項であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

これから中古携帯を購入しようとお考えの方は、ここで紹介した事項をしっかりと押さえたうえで、端末選びをしていただけたらと思います。

関連記事

携帯の中古は買っても大丈夫?中古携帯の赤ロムとは

中古でも案ずること無かれ!中古スマートフォンをお得にGET

準新機種スマホも売っているお得な中古ショップを紹介

中古スマートフォンを買う時に注意したい5つのポイント


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない