白ロム

中古のスマートフォンを購入する際の注意したい事5つ!

中古のスマートフォンを購入するなら、必ず注意したいポイントがあります。
中古スマートフォンは、盗難された商品などが販売されているケースもあるようなので、知らない間に犯罪に巻き込まれていたなんてことにならないためにも、細心の注意を払って購入をしなければいけないと言われています。
お得に購入をするはずが、後悔ばかりが残ってしまうなんてことにならないように、中古のスマートフォンを購入の際に注意したいポイントの一部を抜粋してご紹介していきます。

1.信頼できる業者から購入する

5
中古スマートフォンは、信頼できる業者から購入することが絶対条件です。
実態のよくわからない個人店舗で購入をするよりも、なるべくなら大手で買い取り基準が厳しい業者から購入をすることにより、犯罪に巻き込まれてしまうようなリスクも軽減できることでしょう。
またネットショップを利用する場合は、数多くの良い口コミが寄せられている有名店舗での購入を考えなければ、スマホの購入費用を振り込んだものの、その後一切連絡が取れなくなってしまうなんてことも頻繁に起こるそうです。
中古スマホに対する知識が少ない人の場合はとくに、なるべくなら店舗を構えて販売を行なっている業者や、大手でより安心感が持てる業者にて購入を考えることが無難であると言えます。

2.なるべくSIMフリー端末は購入しない

国内の大三キャリアにて中古スマートフォンを運用する場合、なるべくならSIMフリー端末の購入は避けた方が良いと言えます。
たとえばiPhoneの場合であれば、キャリア端末とSIMフリー端末との両方の機種が存在していますよね。実はSIMフリー端末を購入してしまうと、auでは非対応になってしまうため契約することすら難しくなると言われています。
また、キャリアメールや携帯まとめて支払いなども利用することができなくなることで、大変面倒だと感じる人も出てくるそうです。
SIMフリー端末は、国内の三大キャリア以外で契約を考える場合でなければ、あまりメリットがあるとは言えません。
とくにスマートフォン初心者の人の場合は、各種キャリアサポートなども利用できる方が便利であると考えることができるので、なるべくならキャリア端末を購入するようにしておきましょう。
※SIMフリー端末よりも、キャリア端末の方が割安で購入ができるので、価格面で考えてもおすすめです。

3.ネットワーク利用制限がかけられていないスマホを購入する

iphone
不正に利用されたスマートフォンや、料金の滞納を繰り返したスマートフォンは、ネットワーク利用制限がかけられている場合もあるそうです。
大手買取センターでは、このようなスマートフォンの買取は行なわれていないのが一般的ですが、個人経営の店舗などになるとネットワーク利用制限がかけられてしまっているスマートフォンでも、販売されていることがあるそうです。
ネットワーク利用制限がかけられてしまっている機種を知らずに購入してしまうと、使えないおもちゃのスマートフォンを購入したも同然の結果に・・・。
ネットワーク利用制限は、ただ単純にインターネット回線が利用できないだけではなく、通話機能も利用できない状態になっているそうです。
いざキャリアショップに行ってそれが発覚したところで、既に購入をしてしまったスマートフォンはどうすることもできなくなりますよね。
返品ができる業者であれば良いのですが、最悪の場合は返品に応じてもらえないことだって出てくることでしょう。
ではどこを見て判断をすれば良いのかですが、スマートフォンの本体を見るだけでは、もちろんネットワーク利用制限がかけられている機種であるかどうかなんてわかりませんよね。
そこで、端末情報欄に『ネットワーク利用〇』と記載されているかどうかについても確認を行なうようにします。
ちなみに『ネットワーク利用×』と記載されている商品は、既にネットワーク利用制限がかけられてしまっている機種で、『ネットワーク利用制限△』と記載されている商品は、これからネットワーク利用制限がかけられる可能性のある機種であると言われています。
いざ購入をしてから後悔をすることのないように、特にこのような表記がされていない商品については、無難に購入しないことがおすすめです。

4.ネットオークションを利用して購入しない

ネットオークションほど信用できないものはありません。相手の顔も見えなければ、本当に実在している人の名前が記載されているかもわからないですよね。
ネットオークションにて端末を落札したものの、待てど暮らせど端末が届かないなんてことは珍しいことではありませんし、購入した端末が想像以上に状態が悪かったなんてこともよくある話です。
また脱獄や改造をしてしまっているがために下取りに出すことができず、ネットオークションを利用して販売しているケースもあります。
このような、なんだかよくわからない端末を購入させられることのないように、スマートフォンによる知識が少ない人の場合はとくに、ネットオークションの利用は避けるようにしておくと良いでしょう。

5.バッテリー交換可能な機種を選ぶ

6
バッテリーは交換が可能な機種と、そうではない機種があります。
スマートフォンも消耗品です。スマートフォンを下取りに出す人は、必ずしも良い状態で下取りに出しているわけではなく、ある程度使い込んでガタがきてしまったから下取りに出したなんて人もいるわけです。
たとえばバッテリーの場合であれば、中古スマートフォンとして購入した時から既に消耗が激しく、少しの期間使用をしただけでも充電器をさしたままではなければ使用できないような状態になってしまうことだってあるわけです。
こうなってしまっては、外出時にスマートフォンを自宅の外に持ちだすことすら不可能になってしまいます。
そんなにひどいスマートフォンが本当に販売されているの?なんて思う人もいるかもしれませんが、中古販売なんて実際のところはそんなものです。
人が使用をしていた機種を購入するわけですから、ある程度の消耗はあって当然のことなのです。
しかし、バッテリーの場合であれば、交換ができる形状の機種を購入することにより、新しいバッテリーに取り換えることができますよね。
この場合であれば古いバッテリーの寿命が来たとしても、バッテリーのみ新しいものを購入するだけで使用し続けることができるようになるので、購入した費用を無駄にすることも少なくなることでしょう。

まとめ

中古スマートフォンを購入する時には、注意事項がたくさんあります。
そこで今回は『中古のスマートフォンを購入する際の注意したい事5つ!』と称して、中古スマートフォンの購入時に注意したい事項の一部を抜粋してご紹介しました。
では今回の内容を簡単に振り返ってみましょう。
1.信頼できる業者から購入する
中古スマートフォンを購入する場合は、以前の利用者が存在するわけです。どのような人物であるか全くわかりませんし、どのような目的で使用されていたかもわかりません。もしかすると盗難にあった機種が、販売されていることだってあるわけです。
2.なるべくSIMフリー端末は購入しない
三大キャリアでスマートフォンを運用する場合は、SIMフリー端末にしてしまうことで、感じるデメリットは多くなります。特に格安SIMを使用するわけでもないのであれば、キャリアメールなども利用できなくなるため、なるべくならSIMフリー端末は購入しないようにしておきましょう。
3.ネットワーク利用制限がかけられていないスマホを購入する
いざキャリア契約をしようとすると、ネットワーク利用制限がかけられている機種であることが発覚して、ネットや通話が行えないようになってしまうこともあります。必ず購入時にネットワーク利用制限がかけられていないかについては、確認するようにしておきましょう。
4.ネットオークションを利用して購入しない
ネットオークションでは、改造などをしていることにより下取りに出せないような機種が販売されていることもあります。スマートフォンの知識に乏しい人は、無難にネットオークションで購入することは避けましょう。
5.バッテリー交換可能な機種を選ぶ
購入当初からバッテリーの消耗が激しく、購入後に何日か使用しただけで、充電器をさし続けなければバッテリー切れになるような機種も販売されています。しかしバッテリー交換が可能であれば、まだその端末を使用できる可能性も高まるので、バッテリー交換可能な機種を選ぶようにしておきましょう。
いかがでしたか?
新規でスマートフォンの購入を行なうには高額な費用が必要となるため、中古スマートフォンの購入を考えようとする人だって、たくさんいることでしょう。
あなたがもしこれから中古スマートフォンの購入を考えるのであれば、今回のコラムの事柄にも気をつけて、後悔のない買い物を行なえるようにしてくださいね。

関連記事

2世代前が狙い目!中古スマートフォンで格安通信環境を
え?意外と高額?まだまだ人気の中古スマートフォン5選
中古ショップならかなり安い!iPhoneを格安でGETする方法
携帯の中古は買っても大丈夫?中古携帯の赤ロムとは

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧