格安SIM

2世代前が狙い目!中古スマートフォンで格安通信環境を

携帯電話といえばスマートフォンが主流となった今、各社から多くの機種が発売されています。各キャリアでは新機種が毎年2回ほど発表されます。
次々と発売されるスマートフォンですが、端末代金が高額になったこともあり簡単には買い替えられないのが事実。
そこでおすすめなのが、中古のスマートフォンです。探してみると、ほぼ新品に近いスマートフォンも格安で売られていることもあります。
今回は、お得な中古のスマートフォンについてご紹介致します。
 

中古スマートフォンのメリット

8
スマートフォンを購入する際、各キャリアと契約して同時にスマートフォンを購入するのが一般的ですよね。スマートフォンの仕組みは、SIMカードを挿し込むことで通話や通信が出来る端末です。
各キャリアに対応したSIMを挿し使用するスマートフォンや、現在人気が高いどのキャリアでも関係なく使える【SIMフリースマートフォン】が発売されています。
つまり、どちらのスマートフォンにしろSIMカードを挿せば利用することが出来るということです。
それならば、新しい機種が欲しい?そういう声ももちろんですが、中古のスマートフォンの素晴らしいメリットを見たら考えも変わるかもしれません。

分割割契約なんて気にしない

スマートフォンの端末代金というのは、現在新品ですと50,000円~80,000円程度が主流です。iPhoneの様に容量によっては、100,000円を超える機種もあります。
しかし、これらの値段も各キャリアの分割割などを使うことで、毎月の使用料金から割り引かれ実質支払うのは20,000円程度になる場合が多くあります。
ただし、これはほとんどが2年契約という縛りの中での話。
2年を絶たずに途中で解約したり、機種変更をすると割引が適用外になってしまい割引が無くなり一括で残りの支払いをしなくてはならないということになります。
つまり、最低でも2年は使わないともったいないということになりますよね。しかし中古のスマートフォンならば話は別です。
端末はすでに持っているので、月々の支払いに分割支払金というのは加算されません。
つまり、いつ解約してもスマートフォンの端末代金の残高を一括で支払わなくてはならないということがないということになります。

複数のスマートフォンを使い分ける

9
スマートフォンは前述した様に、SIMカードを挿し込むことで使用することが出来ます。SIMカードというのは1枚につき1つの電話番号が割り振られているカードです。
つまり、1つのSIMカードを挿し変えることで同じ電話番号で複数のスマートフォンを使い分けることが出来るということになります。
例えば、以前発売されていたスマートフォンの機能が気に入っていたがもう新規の発売は終了しているという機種でも、中古市場ならば探すことが出来るでしょう。
現在契約しているスマートフォンとは別に、中古のスマートフォンを購入しSIMカードを挿し変えるだけで使用することが出来る為複数のスマートフォンを使用したいという方にはもってこいの方法です。
注意点としては、SIMカードを挿し変えて使用する場合は同じキャリアに限定されるという点です。
SIMカードは、電池パックを外した奥にあったり、iPhoneだと細い道具がないととれなかったりと挿し変える手間はありますが、高額な新規の端末ですと簡単には買えませんので中古のスマートフォンを安く手に入れて複数台併用したい方におすすめの方法です。

中古のスマートフォンを買うならこの機種がおすすめ

ここ数年で、スマートフォンの機能はとても向上しました。
新製品として発売されるスマートフォンの機能はもちろん、型落ちモデルよりは良いものになりますが、1世代前・2世代前でも全く問題なく使用することが出来ます。
逆に、2世代前のが使いやすいという機種もあるくらいです。
おすすめの中古スマートフォンをまとめてみました。

2世代前を攻めよう

日本のメーカーのソニーのXperiaやシャープのAQUOSは人気が高く、中古のスマートフォン市場でも価格は高額を維持しています。
しかし、2世代前ならば価格を抑えて購入することが出来ます。
というのも、人気が高い機種だからこそ中古に回る数が多いのです。中古ショップでも在庫過多になってしまうことを恐れて、値段を下げて売り出されることがあります。
1世代前の人気機種ですと、見た目的にも綺麗なものが多く中古のスマートフォンを狙う方も多いので価格もあまり安いとは言えません。
人気の高いスマートフォンの中古を狙うならば、2世代・3世代前のモデルを選ぶのが価格を抑えて購入するコツです。

あえて、知名度が低い機種を選んでみる

中古スマートフォン市場で狙い目なのは海外メーカーのスマートフォンです。日本メーカーのスマートフォンは確かに安心です。
しかし、スペックを見てみると海外メーカーも捨てたものではありません。カメラの性能も悪くなく、大きさや持ちやすさも日本メーカーよりも持ちやすい形状の物も数多く出ています。
しかし、あまり名の知れていない機種だからという理由だけで日本人はあまり手を出そうとしないので価格も安くなっています。
新発売の機種でも、かなり抑えめな価格で販売されていますので中古になるとその価格は10,000円~30,000円程度で入手可能です。
海外メーカーの2世代前となると本当に安く手に入れられますので、価格を抑えてスマートフォンを手に入れたいという方は海外メーカーのスマートフォンを狙ってみましょう。

まとめ

最近発売されているスマートフォンは、軒並み高価格ですよね。
分割で支払えるとはいえ、月々の負担は出来れば少なくしたいもの。
それを叶えるのが中古のスマートフォンです。
年々、中古のスマートフォンを扱う店舗は増えています。機種も昔に比べ様々な物を取り扱っています。
スペックを調べて、お手軽価格でスマートフォンを手に入れてみましょう。

関連記事

え?意外と高額?まだまだ人気の中古スマートフォン5選
中古ショップならかなり安い!iPhoneを格安でGETする方法
携帯の中古は買っても大丈夫?中古携帯の赤ロムとは
中古でも案ずること無かれ!中古スマートフォンをお得にGET
中古スマートフォン選ぶ基準

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧