モバイルデータ通信って何?必要な通信料はどのくらい?


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

3Gは第3世代の通信システム

ここで、高速のモバイルデータ通信が可能な、次世代型のデータ通信方法をお教えします。

最初に次世代型のモバイルデータ通信方法として名前を耳にするようになったのは、「3G」という方法です。

「3G」は英語の「3rd generation」の略称で、日本語では「第3世代移動通信システム」と訳されています。

2011年5月末では、1億1600万台の携帯電話がこの3Gシステムでモバイルデータ通信を行っていたと報告されています。

細かい話をすると、情報伝送には様々な規格があり、(この複雑さが一般の利用者を混乱させているわけですが)その一つのIMT-2000規格という規格で、1999年に通信速度として144kbps(端末使用者が高速移動時)、384kbps(同じく低速移動時)、2Mbps(同じく静止時)が規定されました。

ちなみに、bps(b/s)は「ビット毎秒」という単位で、1bpsは一秒に1ビットのデータを通信する速度です。

よって、
kbps(kb/s)は「キロビット毎秒=bpsの103倍」、
Mbps(Mb/s)は「メガビット毎秒=bpsの106倍」」、
Gbps(Gb/s)=は「ギガビット毎秒=bpsの109倍」、
Tbps(Gb/s)は 「テラビット毎秒=bpsの1012倍」

を表します。

通常は1バイトには8ビットのデータが含まれます。

パソコンやスマートフォンなどを使用する方には「バイト」という単位に馴染みがあるのではないでしょうか。「ビットはそれよりも小さい単位だ」と大雑把に捉えていただいても構いません。

なぜこんな難しい専門用語をご説明したのかというと、3Gやら4GやらLTEやらの違いを明らかにするにはこのビット毎秒という単位が必要だからです。

さて、3Gというモバイルデータ通信法を基準に4G、LTEという方法も見ていきましょう。

 

4GとLTE、実はほぼ同じ意味で使われている

19640158892_2a71044973_n


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない