iPhone

もはやパソコンいらず?充実のスマートフォンサイト

PAK25_pctoiphonewokushi500
携帯会社のホームページ、スマホとPCどっちが見やすいですか?
ある日、スマートフォンで「DocomoのXperia z3」を検索し閲覧しました。
PCでの「Xperia z3」は見たことがありましたいつも思っていることなのですがPCのDocomoのホームページはあまり格好よくできていません。

?スマートフォンサイトとPCサイト

スマホでみた「Xperia z3」のページも決して格好が良いものではなかったのですが、何かPCのページよりかは見やすく感じました。
同じように契約時の注意事項が書いてあるページも読みやすく感じました。
しかし、料金のページに行くとガラッと変わってしまいます。PCで見るページと同じになってしまい、スマートフォンでは字が小さくなってしまい、画面を拡大しないと読みにくくなってしまいました。
確かに料金プランのページに行こうとした時、そこに飛ぶリンクの側に「PC」と書いてありました。ですから、そこからPCで読むためのページに行くようになっているのです。
Docomoのスマートフォンのために作られたスマートフォンサイトの中はPCサイトとスマートフォンサイトが混在している構成になっているということです。
不思議なことにスマートフォンのGoogleで「ドコモ」と検索し、そこの「NTTドコモ」?「新料金プラン」へ飛ぶとスマートフォンサイトになっています。ただそのページから飛べるページはほとんどPCサイトです。
auとSOFTBANKも同じようにしてみました。
その結果、逆にPCサイトに飛ばされたところは見つかりませんでした。(*すべて確認できたわけではありません。)
ここで気が付いたことは
1)Docomoのスマートフォン用のホームページはスマートフォンサイトに完全にはなっていない。
2)DocomoのスマートフォンサイトはPCサイトよりは見やすい。
3)Docomoのスマートフォンサイトに表示されるテキストはPCサイトのテキストと同じ文章ですが、スマートフォンサイトを意識したものではないため、つまりスマートフォンサイトに最適化されたものではないため、説明文が長く読みにくい文章がある。
4)Docomoのホームページの構成は古い。
例えば、ある項目を説明する文章は、PCサイトでもスマートフォンサイトでも同じ文章を使います。
ですが、あくまでスマートフォンサイトに表示した時にどのように見えるかを考えて文章を作らないと、たとえ見ることが出来てもその文章は読みにくいということになるのです。
その文章が、PCサイトにおいてはちょっと短めの文章に見えたとしてもです。
私にとって天下のNTTドコモがスマートフォンでホームページを閲覧しようとする時、スマートフォンに最適化されたスマートフォンサイトで完結しないという事実は驚きでした。

最適化されたスマートフォンサイトとは

以前はネットサーフィン(古い!!)とか言っていましたが、インターネットのWebを見る時、あなたはどんな端末を使用しますか?
ブラウザではないです。端末です。
ネットサーフィン(古いのだって!!)の時代は、ほとんどがPCからでした。
今はどうでしょう。
N695_ipadwosousasurute500
PCは当然として、タブレット、スマートフォン、携帯、TV、果てはゲーム機、カーナビ、腕時計ですか?ありとあらゆるものがインターネットにアクセスできる時代になりました。
最初、Webデザイナーたちはインターネット上のWebサイト作るのにPCで見られることを前提としてWebを作っていました。次に出てきたのが携帯サイトです。
画面が小さいですからシンプルで解りやすいのが特徴ですが、PCサイトとは別ものとなります。
当時の高性能な携帯はPCビュアーというブラウザアプリを持ちPCのWebサイト閲覧ができましたが、画面の小ささゆえ使い物にはなりませんでした。回線も遅かったですし。
そこに出てきたのがスマートフォンです。
スマートフォンになると画面が大きくなりディスプレイの表示能力も大きくなり、スマートフォンはPCサイトも携帯サイトもどちらも見ることが出来ました。
ところがスマートフォンはPCと携帯の中間的な存在であったためか両方が閲覧できるとはいえ、逆に言えばどちらも見難いという立場でもあったのです。
結局、スマートフォンで見やすいサイトとはスマートフォンのディスプレイの大きさに特化、最適化したスマートフォンサイトを作らないと、せっかく携帯より大きく細密な画面が生かされないということになってきたのです。
スマートフォン-にとって、見やすいスマートフォンサイトと言うのは、ただ単にディスプレイのドットの数に合わせた細密な画像サイトではありません。それではPCサイトになってしまい、細かすぎて見難くく意味がありません。
あくまで5インチぐらいの画面の大きさで見ることに最適化したサイトなんです。
PCのホームページ画面のようにメインコンテンツの右や左にカテゴリーやジャンルに飛ぶリンクボタンを配置するというような画面にはしません。
タイトルやメインコンテンツは縦長に配置され、他のページに飛ぶリンクボタンは縦長のホームページを上から下に下がって行った場所に順次配置されます。
PCの画面のように視線がメインコンテンツから左右に流れるという画面にはなりません。あくまで上下スクロールが基本です。
こうやって作られたはスマートフォンサイトのWebは見やすいです。
DocomoのPCサイトとスマートフォンサイトの同じページを比較するとスマートフォンサイトの方が読みやすいです。ただ文字が多いと上下に長く文字ばかりになってしまいます。
スマートフォンサイトに合わせて文字の量を調整しなければなりません。スマートフォンサイトを作るために実際は次のようなWeb作成方法があるのだそうです。
1)PCサイトとスマートフォンサイトを完全に別もの専用サイトとして作る。
2)CSSに手を加えPCサイトをスマートフォンに最適化したサイトを作る。
3)PCサイトとして作るけどスマートフォンから見た時の見栄えを考慮して作る。
4)アプリケーションとして作る。
それぞれ、なるほどね、おもしろそうですけど、素人には難しそうです。
結局、Webデザイナーではない私たちはスマートフォン・ユーザーとして完成したスマートフォンサイトを楽しみ、利用するだけです。
ただ、我々を顧客とする企業が、私たちにとっていかに使いやすいホームページ、スマートフォンサイトを提供するかが、その企業がこれから成功する企業かどうかを見極める一つの指標にもなるでしょう。
Docomoのような会社がすべてのWebページをPCとスマートフォンと両方に対応させるのはそんなに難しいことではないと思います。
また時代の最先端を行く会社なのですから、目に見えるところは先手先手に対策を取るべきだと思います。

おそらくスマートフォンサイトを制したものが天下を取る

ネット上でこのような記事を見つけました。
「2014年9月9日、アップルの新製品発表会が行われ、発表と同時にWebサイトがスマートフォン対応しました。」
ここから判断するにAPPLEはそれまで、iPhone関係のWebをスマートフォンサイトとして最適化してなかったようです。iPhone6 /iPhone6 plusの発表と同時に、これまで対応してこなかったスマートフォンに合わせてきたということです。
これまでいくつものiPhoneシリーズを出してきながらなぜ今までスマートフォンサイトに対応してこなかったかAPPLEの戦略は分かりません。
ただ確かなのは、もうこれからはスマートフォンサイトに対応したWebにしなければならないという意思が今はそこにあるということです。
Docomoのようにスマートフォンを主力に扱いながら、自らの中心顧客の状況にあったWebを作るということを怠ってきたということは信じられません。
いま世界中のあらゆるジャンルのサイトが、たとえそれがPCサイト中心の顧客相手の商売だったとしても、スマートフォンサイトに最適化したサイトを作るということが必須という状況になってきました。
現実、PCから訪れる顧客しか頭に入れていないという業種のWebサイトが、最近訪れる2?3割の顧客がスマートフォンから訪れるという話も聞いたことがあります。
またDocomoを取り上げますが、スマートフォンを使う立場の人は、Docomoのサイトに行くよりauやSOFTBANKのサイトに行った方が商品が見やすく、説明も見やすいよとなれば優先はauやSOFTBANKになってしまうということです。
それは、あまり意識しなくても、そうなってしまうということです。
スマートフォンユーザーとして、もし自分の好きなお店のWebがスマートフォンサイト化していなければ、スマートフォンサイト化してないから見難いですとメールしてみませんか。
おそらく、そう時間がかからず対応してくれると思いますよ。そうしたら、自分の好きなお店のWebが見やすくなり、必然と買いやすくなります。
スマートフォンサイトに自社のWebを合わせる、それは今の時流です。
逆に早くからスマートフォンサイトに対応しているWebを持つ会社は時流を見る目があるということです。
インターネットの中はPC、タブレット、スマートフォン、携帯とボーダーレス化しているのですから、どの端末から来てもらっても大丈夫と言うWebが勝ち組になるのは明らかです。
スマートフォンユーザーとしては、その勝ち組を応援したいと思います。

関連記事

今更聞けない!スマートフォンの正しい使い方
スマホに変えたら必携のアンドロイドアプリ7選
どっちがいい?iPhone6とiPhone6Plusの違い4パターン

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧