iPhone

ついにドコモのiPhoneも!SIMロックが解除された2つの理由

スマートフォンやタブレット端末では、SIMカードが採用されております。
また、各通信キャリアによるスマートフォンやタブレット端末のSIMに対して、ロックをかけております。
このようなSIMロックの背景には、ユーザー自身の個人情報の保護や他社の通信キャリアへのお乗り換え、お乗り換え先でのスマートフォンなどの電子機器の再利用を防ぐためです。
しかし、近年ではついにSIMロックの解除が可能となりました。そのため、ドコモのiPhoneでもSIMロックの解除が可能となりました。
今回は、そんなドコモのiPhoneにおけるSIMロック解除が許された理由について迫っていこうと思います。
SIMフリーでiPhoneなどのお好きなスマートフォンなどを自由にご利用いただけることもございますので、ぜひともしっかりとSIMロックに対する情報を押さえておきましょう。
 

ドコモのiPhoneが取り扱い可能になった背景

電話番号をそのままで他社の通信キャリアへ移行できるMNPにより、ドコモからの流出に歯止めがかからなかったのは、ドコモがiPhoneを持たなかったのが最大の要因であるのは皆さん周知のことでしょう。
中には、ドコモからiPhoneが発売されることを長年にわたって待ち続けたユーザーもいるでしょう。
iPhone発売で一度他社に移行したユーザーを含めて、“ドコモのiPhone”を購入するユーザーが一気に増えてきたのは、言うまでもありません。
これまでドコモがiPhoneを扱わなかった理由はいくつかあります。
理由の一つは、日本固有のサービスであるおサイフケータイをはじめとして、ドコモが必要と考える機能がiPhoneには搭載できない点です。
この点については、ドコモ側が歩み寄ったともいえる背景が感じられます。
また、iPhoneの現在の売れ行きをみても、おサイフケータイなどの機能がなくても販売が好調なのは明らかですし、もちろん、iPhoneで「@docomo.ne.jp」のメールアドレスが利用できることは、当たり前ではありますが、ドコモにとっても重要な要素であったといえます。
2つめの理由には、Appleが独自に提供するiPhone向けサービスの存在やドコモの一部サービスがiPhoneでは使えない可能性がある点があげられます。
なぜならば、ドコモ代表取締役社長の加藤薫氏は「ドコモの事業の進め方は、自らがプロバイダとなり、スマートライフのパートナーになること」とし、ドコモ自らが提供するサービスを同社のすべてのスマートフォンで利用できることを前提としているためです。
iPhoneでは、iTunes StoreやApp Storeを通じて、音楽や映画などのコンテンツ、ゲームをはじめとするアプリケーションを購入できる独自のマーケットプレイスを形成しております。
そのため、ドコモでは、iPhoneでしか使えない同サービスを認めたくないという背景があったようですし、iPhoneでドコモのサービスが利用できるようにすることも条件のひとつだったといえます。

ドコモのiPhone、SIMロックが解除された理由とは?

ドコモでは、ご購入時のiPhoneやiPadにはSIMロックがかかっていて、端末を購入した通信キャリアのSIMしか認識しないように設定されています。
そのため、端末を購入したついにキャリアと格安SIMの系列の相性によっては、SIMロック解除を行わないとSIMカードをさしても肝心の通信が行えないなんてこともあります。
また、通信キャリアごとに「SIMロック解除を行える条件」が設定されていて、この条件をクリアしないとSIMロック解除を行うことができません。
そのため、事前に通信キャリアごとのSIMロック解除について知っておかなければ、いざいう時に困る可能性があります。

ドコモが提示する条件

sim
SIMロックの解除が許された理由としましては、1つ目にドコモが提示する条件があります。
その条件は、5つです。
1つ目は、ネットワーク利用制限などの各種ロックがかかっていないことです。
2つ目は、月々の料金について、支払い実績が確認できることです。
3つ目は、契約者本人が購入した端末であることです。
4つ目は、端末購入日から6ヶ月以上経過していることです。
5つ目は、docomoを契約中か、解約から3ヶ月以内であることです。
そして、SIMロック解除につながった理由ですが、ドコモでは手続きをする回線で過去にSIMロック解除の実績がある場合で、前回のSIMロック解除手続きから6ヶ月が経過していれば、端末購入日から6ヶ月が経過する前でも手続きが可能となりました。
SIMロック解除をする方法についてもご説明しておきましょう。
解除の方法は1つではありませんが、各通信キャリア共通のSIMロック解除の方法は、各通信キャリアのショップで手続きすることです。
SIMロック解除の条件を満たした端末をもって、各通信キャリアのショップに持っていきましょう。
手続きの手数料として各社3,000円が必要になりますが、特別な操作をする必要がないので非常に楽な方法です。
ドコモでは、パソコンから「My docomo」を開き、「ドコモオンライン手続き」からSIMロック解除を進めると手数料が無料になります。

SIMロック解除の義務化

various_sim_cards_205449
また、2つ目の理由に戻りますが、これは総務省が2015年5月より「SIMロック解除の義務化」をスタートさせたことが影響としてあるでしょう。
これは、SIMロックの解除を義務化することで、携帯端末をどの通信キャリアでも使用できるように促し、「端末料金」と「通信料金」を分断化することでインセンティブ制度を牽制するというものです。
また、その内容は、2010年に総務省がSIMロックを解除するようガイドラインを策定した時とは違い、各通信キャリアがSIMロック解除に応じない場合、総務省が業務改善命令を発動するというものです。
法改正ではありませんが、業務改善命令を発動できるということは実質的な強制力をもった内容になります。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、ドコモのiPhoneでもSIMロックが解除された理由や背景についてお話しをしてきました。
ドコモユーザーはぜひとも、ドコモの今の状況、情報を確認しておきましょう。

関連記事

docomoのiPhone SE|料金と価格・スペックまとめ!
iPhoneSEをdocomoで予約する!一番お得で賢い方法を解説!
iPhoneSE docomoにMNPで乗り換えるべき6つの理由
満足度120%!?iPhone6sをドコモで買いたい理由3選
iPhone6sはドコモで決まり!衝撃の最新料金プラン3選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧