ドコモ

ドコモ料金を解説!ポイントはこの5つ!これであなたも迷わない

calculator-385506_640
ドコモ料金は、他社と比べて高いイメージをもっていませんか?
最近では格安SIMやSIMフリー端末の登場で通信料金は革命的に安くなっています。そんな時代でキャリア契約をしていると、どうしても月額料金に倍以上の差がでてきます。
しかし、料金とサービスの質はバランスがとれていなければいけません。料金が安いからといって、使いやすいとは限りませんから。
そしてドコモ携帯本体の購入する方法でも実質的な負担料金は異なります。また、家族でドコモを契約するとメリットを最大限うけることができます。
格安SIMを利用する方やこれから格安SIMへ乗り換えようと考えている方の参考になるように、ドコモの料金プランを見直してメリットを5つのポイントにまとめてみました。

ポイント1:ドコモ以外携帯にも「カケホーダイプラン」なら通話無料

数年前から格安SIMが流行りだし、最近のドコモ料金を知らない人も多いのではないでしょうか。
じつは月額2700円で国内通話が無料となる新プランをドコモが2014年6月よりサービス開始しています。ほとんど通話しない人からすると月額2700円は高いと感じるかもしれません。
しかし、「カケホーダイプラン」のサービス開始後、ドコモ通話料金の売上げが減収となるほど、業界へ大きな影響を与えました。進学や転職によりライフスタイルが変わると、通話する機会も増えることもあるでしょう。
過去にドコモ以外の他社ケータイへ通話無料で電話をかける時代がくるとは予測できませんでした。
しかし、auやソフトバンクが増えて他社ケータへの通話ニーズが出てきました。国内のどのケータイへも通話無料の「カケホーダイプラン」はとてもシンプルで分かりやすいプランです。
よく通話する人は、ドコモで「カケホーダイプラン」にするとお得です。

ポイント2:ドコモオンラインショップなら「Xi→Xiの機種変更」にかかる事務手数料が無料になる

あまり知っている人が少ない情報ですが、ドコモオンラインショップでも機種変更ができて、その最大のメリットが事務手数料が無料となることです。
ドコモショップや家電量販店で機種変更すると、事務手数料2160円?3240円が必要です。加えてオプション加入必須の場合がほとんどですが、その事務手数料が無料となるのは、かなり嬉しい。
また本体を購入するとき大半の人は分割払いを選ぶでしょう。このとき頭金(最大5000円なんとところもあります)がかかります。しかし、ドコモオンラインショップであれば、頭金も無料となるので大幅な節約となります。
店頭購入にこだわりがないのであれば、ドコモオンラインショップも検討すると良いでしょう。

ポイント3:ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ヤマダ電機など量販店で一括購入してポイントをGETしよう

家電量販店でよく買い物をする人へぜひおすすめしたいです。
例えばヨドバシカメラでは税込価格の10%をポイント還元してくれます。ただし、購入時のポイント還元ですので、ドコモ携帯電話を分割購入するとポイントをもらうことができませんので注意です。
さらに1つ前の端末になると2000ポイントをもらえる特典などあります。つまり合計で8000?10000ポイントもらえます。
10000ポイントといえば1万円分に相当するので高品質のスマホケースや大容量モバイルバッテリーを購入できます。
本体価格自体に変化があるわけではないすがポイント還元により実質負担料金はだいぶ違います。

ポイント4:自分にあった割引サービスは知ってる?

・月々サポート
・家族まとめて割
・U25応援割
・すっとドコモ割
・はじめてスマホ割
まず「月々サポート」が一番有名な割引サービスです。割引料金は購入する端末により異なります。
つまり端末メーカー単位で異なるため、メーカー比較すると倍近くの開きがあったりします。よく実質本体価格0円という表記を目にしますが、そこには月々サポートが適用されています。
また家族でドコモ携帯を検討するならまず「家族まとめ割」へ加入しましょう。
代表回線でシェアパック(家族用データ通信プラン)を契約することが条件となります。1台あたり5400円、同時に購入すると本体価格から割引されます。もちろん、契約台数が増えると割引額もふえます。
そして25歳以下なら誰でも申し込みができる基本使用料が500円割引+ボーナスパケット1Gが適用される「U25割引」。シェアパックが最大2000円割引となる「ずっとドコモ割」。
そして、ドコモを利用中の60歳以上のお客様に、毎月の基本料を1520円割引になる「はじめてスマホ割」があります。
毎月の料金を節約しようと考えたら自分が適用される割引サービスに加入することをおすすめします。

ポイント5:自宅インターネットを使うなら「ドコモ光」知らないと損かも

・「ずっとドコモ割」の対象者
・家族でドコモを利用していて「シェアパック」に加入できる人
・いまドコモとフレッツ光を契約している人
上記の3つに当てはまる人は、いますぐに「ドコモ光」へ申し込むべきです。確実のドコモ料金がやすくなります。ドコモショップで受付できるため、時間をつくり説明だけでも聞いてみましょう。
ドコモ光?という人もいると思います。ひとことで言えば、NTTドコモが提供する、ISP契約とセットで利用できる、格安かつ高速なインターネットサービスです。
現在のフレッツ光(NTT東・西日本が提供する光回線の総称)では「光回線契約+ISP契約」という構成になっています。
ISPとはOCNやSo-netなどのプロバイダ業者で、インターネット接続費(=プロバイダ契約)と考えると分かりやすいです。光回線契約だけしてもインターネットは使えません。
そこで登場したドコモ光は、ISP契約料金を含めた料金表示になっているため、安いだけではなくて、とても理解しやすい料金体系となりました。
難しいことは考えずに、毎月のフレッツ光料金がドコモ光へ転用すると毎月1000円安くなると考えて大丈夫だと思います。

まとめ

家族の携帯電話も自宅光回線も、すべてドコモにまとめるとお得です。「ドコモ光」「ドコモ光パック」「ずっとドコモ割」の3点セットを考えると良いでしょう。
例えば、いまフレッツ戸建だと5200円に加えてISP1000の合計6200円です。これをドコモとISPの協力で毎月5200円まで安くなります。これが「ドコモ光」です。
そしてドコモ携帯を利用するユーザーは相乗効果でさらに安くなります。
「光シェアパック30(ドコモ光パック)」に加入することで最大3200円割引を受けることができます。さらに「ずっとドコモ割」で最大2000円割引も一緒に受けることができます。
つまり、ドコモを利用するユーザーからしたら家族みんなで割引を受けることが最大のメリットとなります。
正直、一人で利用するなら格安SIMが断然お得であることは満場一致でしょう。
少し前まで、一人暮らしをする人が家族関係なく携帯料金をやすく使えるような料金体系でした。しかし、最近では家族で割引サービスを受けることができる特典が増えてきています。
この機会に家族そろって料金プランの見直しをしてはいかがでしょうか。

関連記事

知らなきゃ絶対損する!ドコモ携帯の端末価格がおトクになる選び方
高い?安い?ドコモ契約者の毎月の料金
これであなたはドコモの新製品に対する不安がなくなります

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧