ドコモ

ドコモにするか悩んでる人必見!低価格でスマホを使う方法

smartphone-695164_1280
ドコモのスマホはいつも魅力的ですよね。機種が新しくなるたびに注目したくなります。
しかし、Xperiaがau、いまはソフトバンクでも売られるようになりました。かと思えば、ドコモだけ扱っていなかったiPhoneはドコモでも買えるようになりました。
ユーザーはドコモを続けるか、他社使いならドコモへ変えるか他社を続けるか、選択肢に迷うことも多いと思います。
そこで今回は買い方別に低価格でスマホをゲットする方法を書きました。

他社からドコモへ乗り換える場合

乗り換えでドコモにするなら、機種の選び方でも価格がかなり異なり、月額に良い影響をもたらします。

GALAXY S6 SC-05Gを選ぼう

https://www.nttdocomo.co.jp/https://www.nttdocomo.co.jp/

通常、乗り換えでもただの新規でも機種変更でも、本体価格は同じものです。
乗り換えの場合には月々サポートが増額されて結果安くなるわけですが、GALAXY S6 SC-05Gは乗り換えの場合のみ本体価格を安くしています。
新規や機種変更での、通常価格は93312円です。筆者はその金額差に二度見しました(笑)
本体代19440円 分割24回 月々810円
月々サポート 810円×24回 総額19440円
実質負担額 月々0円 総額0円
8万円以上安くなっているので、乗り換えで生じる元のキャリアの解約手数料のダメージは和らぎますね。

販売店別・乗り換えの特典を利用

GALAXY S6 以外の機種を選んでなおかつ本体代を安くするとなると、特別に施策が組まれている販売店を選ぶ必要があります。
販売店(ほとんどはその運営グループ)が予算を使って本来は定価のスマートフォンを、乗り換えであれば半額以下だったり、“一括0円”にすることが珍しくありません。
販売店によって、一括0円の対象になる機種は限定的だったり、はたまた人気のある機種が対象だったりします。契約前にどの機種が選べるのかよく確認しましょう。
ドコモの場合はXperia A4だったり、SHARPの機種が対象になることが多そうです。

のりかえボーナス

以前は「おかえりボーナス」として、もともとドコモだった回線ならスマートフォンの価格から減額がありました。
8月6日からは「のりかえボーナス」に変わり、ドコモに属したことがない回線でも最大で10800円、本体価格が安くなるサービスになっています。
上記の一括0円など販売店施策に当てはまらない機種でも、のりかえボーナスが適用されます。

格安SIMを使う

ドコモのスマートフォンを使いたい(←回線契約がドコモじゃなくても良い) これで良ければ、今は格安SIMを利用する選択肢があります。
ドコモのサービスを受けられるわけではありませんが、この場合、ドコモのスマートフォンが使えることが多いのです。
格安SIMの多くは、ドコモのネットワークをMVNO事業者が借り入れて運用されています。こうした格安SIMは、ドコモのスマートフォンで使えるのです。
ただし格安SIMはキャリアで契約するほど通話料を安くできないので、通話が多いユーザーは注意です。

現在ドコモ。機種変更で低価格を目指すなら

「新規で買うしか優遇されない」いえ、ドコモのスマートフォンで、機種変更が最も安い機種があります。

AQUOS EVER SH-04Gを買う

https://www.nttdocomo.co.jp/https://www.nttdocomo.co.jp/

本体価格は
54432円 分割24回 月々2268円
月々サポート
MNP 621円×24回 総額14904円
実質負担額 月々1647円 総額39528円
新規 621円×24回 総額14904円
実質負担額 月々1647円 総額39528円
機種変更 1836円×24回 総額44064円
実質負担額 月々432円 総額10368円
↑機種変更がいちばん、月々サポートが恵まれています。これは嬉しいですね。

“151クーポン”

必ず利用できるわけではなく、そもそも公式的に用意されているサービスではありません(不正の類でもないですよ)。曖昧なニュアンスを多分に含むので、参考程度に。
151というのはdocomo回線からかけられるお客様センターの番号です。乗り換えでdocomoから他社に転出しようとすると、引き留めるためにドコモポイントの融通をする旨示唆されることがあります。
ドコモポイントは機種変更契約時に端末価格の値引きに使えますから、多くのポイントを還元することにより現状を維持してdocomoを続けてもらおうというキャリアとしての切り札なのでしょう。
このポイント量は一定ではありませんが、傾向的には20000ポイントというのが多いみたいですね。
いまいちよくわからないのは、必ずポイントがもらえるわけではないということです。ポイントの話などされずに、転出のためのMNP予約番号を通知される場合もあります。
「乗り換えます。ですがポイントくださればdocomoで機種変更します」とはなかなか言えないですよね(笑) 申し出づらいですが、もらえる人もいればもらえない人もいるというのも不公平な話ですよね。
ポイントは機種変更に有効ですから、関連した理由ならよいのでしょうか。「乗り換えるか迷っていますが、とりあえず予約番号ください」と言ってみると、相手のオペレーターとしては「ポイント付与で考え直してくれるかも」と考えてくれるかもしれないですね。
しかし、ポイント付与がやり取りをするオペレーターの一存で決まるのかも謎ですね。

まとめ 乗り換えor機種変更

乗り換えもしくは機種変更で、お得に買える術が見つかりました。その中で151は成功するか微妙ではありますが。
価格を下げてもらう方法はこのようにあるものなので「スマートフォンは高いもの」といった概念を払拭してみてください。

関連記事

知らなきゃ絶対損する!ドコモ携帯の端末価格がおトクになる選び方
iPhone6sはドコモで決まり!衝撃の最新料金プラン3選
ドコモだから出来るこの良心価格!お得すぎる料金プラン
ドコモ料金を解説!ポイントはこの5つ!これであなたも迷わない

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧