ドコモ

これで月末も安心!ドコモの通信料を節約する3つの方法

携帯の月々の通信量はなかな馬鹿になりませんよね。
1台ならまだしも家族の分ともなるとさらに家計を圧迫してきます。もちろん一人分のみ支払っている方も安いに越した事はないと思います。
今回はドコモの通信量にフォーカスを当ててみたいと思います。
ドコモの通信量を節約するためには、どこをどのように利用すればいいのか。またどのプランがおススメ?という所もご説明いたします。
ドコモユーザー必見です。
 

「ドコモの料金プラン」で節約

9d0de3565dfeaa17976bd2dd0f468167_s
ドコモのスマホでは現在「カケホーダイ」「カケホーダイライト」の2つのプランが提供されています。
そこに「spモード」+パケットパックを組み合わせて料金が決まってきます。パケットパックは「S(2G)・M(5G)・L(8G)」から選択できます。
まずはご自身のご利用しているプランを確認してぴったりあったプランへの変更したらどうなるかを確認してみましょう。
例えば、現在:カケホーダイ(2700円)+spモード(300円)+データMパック(5000円)で基本料金が8000円(税別)となります。
・通話の利用が多くない、もしくは短い通話が多い方は「カケホーダイライト」に変更しましょう。
カケホーダイライト(1700円)+spモード(300円)+データMパック(5000円)
合計7000円となり、1000円の節約に成功しました。
・ネットの通信量が月々1~2G程しか利用が無い方はパケットパックを下げて利用しましょう。
カケホーダイ(2700円)+spモード(300円)+データSパック(3500円)
合計6500円となり、こちらは1500円もの節約です。
一度見直しをすることで下げる可能性があるのでまずは必ず確認を行いましょう。

家族とシェアして節約

YUUKI150321490I9A4375_TP_V
自身の利用状況を確認してもらえたら、次は家族の分も確認しておきましょう。というのも、ドコモには家族とシェアして利用する方法があります。
シェアには「5G・10G・15G・20G・30G」とあり、それを家族みんなで分け合って利用するというものです。
個別に利用する方が、管理はしやすいですがそれが2台・3台と増えていくとなかなかに困難です。また、スマホだけでなくタブレット・ガラケー・ポケットWi-Fiなどもシェアに組み込めるので、トータルの通信量を抑えるという使い方が可能になります。
データも1ヵ月繰り越しが可能なので月によって通信量が変わる場合も安心して利用が行えます。
例えば、家族6人で利用する場合(スマホ4台ガラケー2台)すでに自身にあったプランにしているとします。
父・母はカケホーダイのSパックでの利用で1あたり台6500円(税別)
子供2人はカケホーダイライトのMパックで1台あたり7000円(税別)
祖父母はガラケーで利用で従来型プラン(通話料金がかかるもの)で最低基本料金1234円(税別)+通話+パケット利用料金
トータル基本料金29468円(税別)+通話・パケット(ガラケー分)ですので、ガラケーの平均利用が3000円程度で考えて、月33000円程度とします。
家族でシェアで利用していきます。父が親回線として、家族のデータ通信量が15Gで収まるのでシェアパック15で試算していきます。
・父:カケホーダイ(2700円)+spモード(300円)+シェアパック15(12500円)=15500円(税別)
・母:カケホーダイ(2700円)+spモード(300円)+シェアオプション(500円)=3500円(税別)
・子供2人:カケホーダイライト(1700円)+spモード(300円)+シェアオプション(500円)=2500円(税別)×2台
・祖父母:カケホーダイ(2200円)+spモード(300円)+シェアオプション(500円)=3000円(税別)×2台(ガラケー)
トータルで30000円となり、さらに月々3000円抑えることができました。
またガラケー利用の方は通話し放題になり、パケットもシェアなので気にせず利用できる状態になりました。
自身にあったプラン設定からさらに節約できましたね。是非、家族の利用状況も踏まえて節約しましょう。

固定回線とセットで節約

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s
さらに安くしたい方は、ご自宅の固定回線サービスとセットにして割引を受けましょう。
ドコモでは家庭向けの固定回線サービスドコモ光を開始しています。
ドコモ光と名前はついていますが、要はフレッツ光の事です。ですのでフレッツ光ご利用中の方でしたら工事費も不要でご利用を始めて頂けます。
セットにする事でご利用のデータパックに合わせた割引も受けていただけるので、ご利用のパックが大容量になればなるほどお得です。
一人での利用の場合は、データMパックで800円引きです。また先ほどの家族とシェアにすると、シェアパック15で1800円引きになります。
固定回線サービスの料金はフレッツ光でNTTとプロバイダーと契約するよりも安くつくことが多いので、トータルでお安くつけることができます。
また、他社サービスにて光、固定回線利用中の方も一度店頭などで見積もりをしてみると良いと思います。工事費免除キャンペーンをしていたりもありますので。

長期利用者割引

ドコモでは長期利用者に向けた割引サービス「ずっとドコモ割」も行っており、5年以上・8年以上・10年以上・15年以上で割引を行ってくれます。
長く続けていることで受けれるので長期利用者はこちらもチェックしておきましょう。
こちらもシェアの方が割引額が良いので、なるべくシェアで検討してみましょう。
また学割やU25などの特典もシェアと併用できるので対象キャンペーンもホームページなどで確認しておくことをおススメします。

まとめ

今回はドコモの通信量節約術をご紹介いたしました。
現在、キャンペーンが入り乱れていますのでわかりやすくキャンペーンを省いてご紹介いたしました。キャンペーンを利用することでより安く快適に利用できますので確認してみて下さい。

  • まずは利用状況を知ってピッタリ合ったプランを選びましょう。
  • 家族もドコモならまとめてお得に使いましょう。
  • ネットも含めてお得に節約しましょう。

では、是非賢く節約してみて下さいね。

関連記事

衝撃!スマホの通信料を安くする3つのテクニック
通信料抑えたい人必見!毎月2000円得する方法【ドコモ編】
高い?安い?ドコモ契約者の毎月の料金

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧