ドコモ

【徹底比較】ドコモの人気スマホを機能、性能共に丸裸に

smartphone-570511_640
2015年の夏以降発売されたスマホにはオクタコアのCPUが搭載されていたり、メインメモリ3GB搭載のモデルも多く、性能面でみると大変魅力的なスマホが続々登場しています。
そのためどの機種にしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。
ここではドコモの人気スマホをピックアップし、その機能や性能を丸裸にしていきます。
ドコモの最新スマホへの機種変更や乗り換えをご検討中の方は是非とも参考にしていただけたらと思います。

Xperia Z4 SO-03G

https://www.nttdocomo.co.jp/https://www.nttdocomo.co.jp/

ディスプレイ:5.2インチ(1080×1920ピクセル)
カメラ:有効画素数2,070万画素
OS:Android5.0
CPU:Qualcomm MSM8994 Octa Core 2GHz(Quad) + 1.5GHz(Quad)
バッテリー容量:2930mAh
内蔵メモリ:RAM 3GB ROM 32GB
通信速度:LTE 受信時最大225Mbps 送信時最大50Mbps
サイズ:高さ 約 146mm×幅 約 72mm×厚さ 約 6.9mm(最厚部 約 6.9mm)
重量:144g
その他:防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグ
SONYのXperiaシリーズの最新機種になります。アルミとガラスで構成された美しいフォルムが特徴的で、ラウンドしたフレームにより薄さ6.9ミリの本体がより薄く感じられます。
カメラ機能もメイン2070万画素、サブ510万画素となっておりF2.0・広角25mmのソニー製Gレンズに加え、
Exmor RS for mobileとBIONZ for mobileを採用することにより高画質な写真撮影を実現しています。
派手ではありませんが今までは端子のキャップをすることが前提となっていた防水機能もキャップレス化されているため、台所など水気の多い場所での利用や屋外で使用する機械の多い方にとってはありがたい機能であるといえるでしょう。

ARROWS NX F-04G

ARROWS NX F-04Ghttps://www.nttdocomo.co.jp/

ディスプレイ:5.2インチ(1440×2560ピクセル)
カメラ:有効画素数2,150万画素
OS:Android5.0
CPU:Qualcomm MSM8994 Octa Core 2.0GHz(Quad) + 1.5GHz(Quad)
バッテリー容量: 3120mAh
内蔵メモリ:RAM 3GB ROM 32GB
通信速度:LTE 受信時最大225Mbps 送信時最大50Mbps
サイズ:高さ 約 146mm×幅 約 70mm×厚さ 約 8.8mm(最厚部 約 10.5mm)
重量:155g
その他:防水・防塵、おサイフケータイ、赤外線通信機能、ワンセグ、生体認証、
ハイレゾなど
FUJITSUから発売されたARROWS NXですが目の虹彩を利用した認証技術である虹彩認証を採用しています。
また、タッチでONという画面をタッチするだけで画面をONにする機能を搭載しているため、これらの機能を組み合わせることで画面を触って画面を見るだけでロックを解除することができます。
何か作業をしながら携帯を操作するような場面ではとても便利な機能となります。
2,150万画素の画素数と1/2.4型の大型のイメージセンサーに合わせて、カメラを構えたときの姿勢を検知してオートフォーカスを素早く行う機能も搭載されているため出先での記念撮影などもより手軽で高画質な写真を残しておくことができます。

AQUOS ZETA SH-03G

https://www.nttdocomo.co.jp/https://www.nttdocomo.co.jp/

ディスプレイ:5.5インチ(1,080×1,920ピクセル)
カメラ:有効画素数1,310万画素
OS:Android5.0
CPU:MSM8994/Octa Core 2GHz(クアッド)+1.5GHz(クアッド)
バッテリー容量: 3,000mAh
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB
通信速度:LTE 受信時最大225Mbps 送信時最大50Mbps
サイズ:高さ 約141mm×幅 約76mm×厚さ 約8.3mm(最厚部 約9mm)
重量:150g
その他:防水、おサイフケータ、ワンセグ、生体認証、ハイレゾなど
この機種の第一印象としてあげられるのはベゼルの薄さです。
上部と左右は限りなく額縁が薄く5.5インチの液晶画面を搭載したスマホとしてはかなりコンパクトな外観を実現しています。
また高画質と低消費電力を実現したIGAZO液晶とシャープ独自の電力管理により一定の利用状況の基では3日間のバッテリーの維持を可能にしています。
出先で充電環境がない場合や、常に充電用のバッテリーを持ち歩くのが億劫な方にはお勧めです。

Galaxy S6 edge SC-04G

https://www.nttdocomo.co.jp/https://www.nttdocomo.co.jp/

ディスプレイ:5.1インチ(1440×2560ピクセル)
カメラ:有効画素数1,600万画素
OS:Android5.0
CPU:Exynos 7420 Octa Core 2.1GHz(Quad) + 1.5GHz(Quad)
バッテリー容量:2600mAh
内蔵メモリ:RAM 3GB ROM 64GB
通信速度:LTE 受信時最大225Mbps 送信時最大50Mbps
サイズ:高さ 約 142mm×幅 約 70mm×厚さ 約 7mm
重量:132g
その他:おサイフケータイ、ワンセグ、生体認証、ハイレゾなど
サムスンの最新機種ですが、性能面では上の表を見てわかるように申し分のないものになっています。
しかし、今までのGalaxyシリーズと大きく変わったのはその外観ではないでしょうか。メタルとガラスで構成された筐体は美しく、手にした時の質感のも向上しています。
また、真っ先に目に飛び込んでくる液晶画面の左右端の曲面ガラスは見た目のアクセントだけではなく、サブディスプレイとしての機能も備えています。
このサブディスプレイはエッジと呼ばれておりアプリのショートカットを登録しておくことも可能であり、着信やメールの受信の表示をすることも可能です。
これらの機能を活用することでこれまでにないスマホの使い方ができるのではないでしょうか。

まとめ

性能面で見てみるとかなり高性能な端末が揃っていますが機能面で見るとギャラクシーのエッジ画面やXperiaZ4などの防水・防塵機能は、スマホを日々使う環境によっては必要不可欠であったり、あるいはより便利にしてくれるものになります。
最近の人気機種は性能面で見るととても向上しているため不足に感じる場面はほぼないと思われますので、それぞれの
機種ごとに特化した機能が普段の生活の中に適しているかどうかがスマホ選びのポイントになってきます。
ここでのまとめの内容を参考にしつつあなたに最も適したスマホを探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

多くのユーザーがオススメするドコモ製品ラインナップ
やっぱりドコモ!注目の新機種情報・人気機種まとめ
新発売!ここがオススメなNTTドコモ新機種徹底比較
ドコモ携帯新機種で2015年春、売り切れ必至な端末5選
やっぱりドコモがいい!こんなに優秀、ドコモのスマホ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧