ドコモ

聞いてトクする!ドコモのおすすめのスマホはここがすごい!

2016年5月、ドコモから2016夏モデルの発表がありました。スマホ、タブレット、モバイルWi-Fiルータ合わせて7機種がラインナップに加えられました。
スマホはそのうち5機種。既にお目当てのスマホを手に入れたという方もいらっしゃるかもしれませんが、これから購入する機種を検討されるという方もいらっしゃるかもしれません。
今回のドコモの新作は単純にこれまでのスマホがスペックアップしただけではありません。ドコモのスマホならではの機能も搭載されています。
ここでは「聞いてトクする!ドコモのおすすめのスマホはここがすごい!」を紹介して行きます。
ドコモで機種変更をお考えの方はもちろんですが、現在他社のスマホを利用している方も思わず、ドコモに乗り換えたくなる内容ですので是非参考にしていただけたらと思います。

ドコモのおすすめスマホとは

まずは、ドコモのおすすめスマホとなる2016夏モデルのラインナップを紹介します。

Galaxy S7 edge SC-02H

発売日:2016年5月19日
メーカー:サムスン電子株式会社
カラーバリエーション:Black Onyx、White Pearl、Pink Gold
OS:Android 6.0
CPU:Qualcomm MSM8996 2.2GHz+1.6GHz クアッドコア
メモリ(ROM):32GB
メモリ(RAM):4GB
外部メモリ:microSDXC 200GB
サイズ:高さ 151mm × 幅73mm × 厚さ7.7mm
重さ:158g
バッテリー容量:3600mAh
連続待受時間:LTE 約420時間、3G 約450時間、GSM 約390時間
連続通話時間:LTE 約1,260分、3G 約1,350分、GSM 約860分
メインカメラ:裏面照射型CMOS/デュアルピクセル約 1220万画素
サブカメラ:裏面照射型CMOS/約 500万画素
生体認証:指紋認証
防水/防滴:IPX5・8/IP6X
ハイレゾ:対応

AQUOS ZETA SH-04H

発売日:2016年6月10日
メーカー:シャープ株式会社
カラーバリエーション:White、Black、Green
OS:Android 6.0
CPU:Qualcomm MSM8996 2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア) クアッドコア
メモリ(ROM):32GB
メモリ(RAM):3GB
外部メモリ:microSDXC 200GB
サイズ:高さ 151mm × 幅73mm × 厚さ7.7mm
重さ:155g
バッテリー容量:3000mAh
連続待受時間:LTE 約560時間、3G 約590時間、GSM 約500時間
連続通話時間:LTE 約1,520分、3G 約1,060分、GSM 約1,140分
メインカメラ:裏面照射積層型CMOS/約 2260万画素
サブカメラ:裏面照射型CMOS/約 500万画素
生体認証:指紋認証
防水/防滴:IPX5・8/IP5X
ハイレゾ:対応

XperiaTM X Performance SO-04H

発売日:2016年6月24日
メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
カラーバリエーション:White、Graphite Black、Lime Gold、Rose Gold
OS:Android 6.0
CPU:Qualcomm MSM8996 2.2Ghz+1.6Ghz クアッドコア
メモリ(ROM):32GB
メモリ(RAM):3GB
外部メモリ:microSDXC 200GB
サイズ:高さ 144mm × 幅71mm × 厚さ8.6mm
重さ:165g
バッテリー容量:2570mAh
連続待受時間:LTE 約430時間、3G 約470時間、GSM 約390時間
連続通話時間:LTE 約1,140分、3G 約750分、GSM 約570分
メインカメラ:裏面照射積層型CMOS/約 2300万画素
サブカメラ:裏面照射積層型CMOS/約 1320万画素
生体認証:指紋認証
防水/防滴:IPX5・8/IP6X
ハイレゾ:対応

arrows SV F-03H

発売日:2016年7月6日
メーカー:富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社
カラーバリエーション:Gold、Black、White
OS:Android 6.0
CPU:Qualcomm MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
メモリ(ROM):16GB
メモリ(RAM):2GB
外部メモリ:microSDXC 200GB
サイズ:高さ 144mm × 幅72mm × 厚さ7.8mm
重さ:141g
バッテリー容量:2580mAh
連続待受時間:LTE 約640時間、3G 約780時間、GSM 約630時間
連続通話時間:LTE 約770分、3G 約700分、GSM 約620分
メインカメラ:裏面照射積層型CMOS/約 1310万画素
サブカメラ:裏面照射型CMOS/約 500万画素
生体認証:-
防水/防滴:IPX5・8/IP6X
ハイレゾ:-

Disney Mobile on docomo DM-02H

発売日:2016年7月8日
メーカー:LG Electronics inc.
カラーバリエーション:
OS:Pink、White
CPU:Qualcomm MSM8937 1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)オクタコア
メモリ(ROM):16GB
メモリ(RAM):2GB
外部メモリ:microSDXC 200GB
サイズ:高さ 148mm × 幅74mm × 厚さ7.9mm
重さ:137g
バッテリー容量:2900mAh
連続待受時間:LTE 約360時間、3G 約380時間、GSM 約310時間
連続通話時間:LTE 約940分、3G 約810分、GSM 約780分
メインカメラ:裏面照射型CMOS/約 1610万画素
サブカメラ:裏面照射型CMOS/約 800万画素
生体認証:-
防水/防滴:IPX5・7/IP6X
ハイレゾ:-

ドコモのおすすめスマホのすごいところ

3
ドコモの2016年夏モデルのおすすめスマホを紹介してきましたが、これらのドコモのおすすめスマホがどうすごいのかということを以下で紹介して行きます。

音声通話がさらにクリアになった「VoLTE(HD+)」

現在多くの機種が対応しているVoLTEですが、これがさらに音質がアップする規格となるVoLTE(HD+)が提供されることになりました。
それぞれの音声品質をラジオに例えると、VoLTEはAMラジオ並、VoLTE(HD+)はFMラジオ並であるとされています。
これにより音声通話で相手に伝わる音質がいままで聞こえなかった高い音域が伝えられるということになり、これまで以上に感情などが声を通して伝えられるということになります。
この新しい規格の音声通話に対応した機種は以下になります。
◇対応機種
Galaxy S7 edge SC-02H、AQUOS ZETA SH-04H、XperiaTM X Performance SO-04H

液晶画面にタッチすることなくスマホを操作できる「スグ電」

通常、スマホで電話をかけたい時にはスマホのロックを解除し、電話アプリを起動し話をしたい相手の連絡先を選択するという最低でも3つの工程が必要です。
荷物を手に持った状態で、家族などいつもの相手に電話をしたい時など、そのような操作がわずらわしいと感じたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、ドコモのオススメスマホに搭載された「スグ電」機能があればそのような思いをすることはなくなるでしょう。
スグ電はスマホを振って耳にあてることで、予め登録してある電話番号に発信することができます。登録可能な件数は右耳、左耳それぞれ1件ずつとなります。
家族や友達など頻繁に連絡をとる相手を登録しておくことで便利に使うことができるでしょう。
その他、通話が終わったあとや着信を拒否したい場合などには机など平な場所に液晶画面が下になるように置くことで電話の節電や着信音の消音をしてくれます。
このスグ電に対応した機種は以下になります。
◇対応機種
Galaxy S7 edge SC-02H、AQUOS ZETA SH-04H、XperiaTM X Performance SO-04H、arrows SV F-03H

多機能なスマホの機能も少しずつ確実に習得ができる「おすすめ使い方ヒント」

スマホには使い方についてのマニュアルは存在していませんが、使っていく中で直感的に使いこなすことができる作りになっています。
そのため、毎日使っているうちに基本的な使い方は自然に身について行きますが、更に便利な機能や高度な機能を使いこなすとなると、自分から調べたり、人から聞かなければわからないということも良くあります。
しかし「おすすめ使い方ヒント」の機能を搭載したスマホの場合には、スマホを利用する人が自主的に利用方法を調べなくても、ホーム画面のアイコンがいっぱいになってきたタイミングでフォルダの作成方法を案内するなど、スマホの利用状況に応じて的確なアドバイスをしてくれます。
そのため普段通りにスマホを使っているだけで徐々に高度な機能の使い方もマスターして行くことができます。
「おすすめ使い方ヒント」に対応した機種は以下になります。
◇対応機種
Galaxy S7 edge SC-02H、AQUOS ZETA SH-04H、XperiaTM X Performance SO-04H、arrows SV F-03H、Disney Mobile on docomo DM-02H

まとめ

ここまでドコモのおすすめのスマホのすごい部分を紹介してきましたが、いかがでしょうか。
通信品質はこれまで以上に向上してるため音声通話もクリアに楽しむことができるようになりました。
また、基本的な性能面だけではなくスグ電のようにスマホの使い勝手そものもが改善されるような新しい機能も搭載されています。
そしてスマホ初心者にも優しい使い方ヒントも搭載されているため利用する人のレベルに応じて徐々に高度な機能を使いこなして行くことができるでしょう。
ドコモで機種変更をお考えの方はもちろんですが、現在他のキャリアを利用中の方もドコモのおすすめスマホを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

【どれがおすすめ?】絶大人気のドコモ最新スマホ徹底比較
スマホからガラケーまで!ドコモ携帯おススメ新機種まとめ
いろいろ比較して決めないと!ドコモのスマホ新機種一覧
ドコモ新製品発表!おすすめ高スペックスマホBEST5

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧