ソフトバンク

すっごい速い!ソフトバンクのLTEは速さが違うんです!

春になって、初めてスマホを手に入れたり、機種変更をされる人も多いのではないでしょうか?
新規購入や機種変更を検討していると、どうしても携帯会社のCMやポスターに目がいきますよね。
その時によく耳にしたり目にするのが「LTE」という言葉です。
「LTE、LTEってよく耳にするけど、LTEってなに?」とか「LTEが早いのは分かるけど、どこのキャリアも同じでしよ?」という声をよくききますが、どこも同じではないのです。
ソフトバンクのLTEは早さが違うのです!
今では当たり前のようになっている感のあるLTE。今回はソフトバンクのLTEについて紹介いたします。
 

LTEって何なの?

LTEとはLong Term Evolutionの略です。
そもそもLTEは3Gから4G以降へのつなぎ的な感じだったのですが国際電気通信連合でLTEを第4世代携帯電話と決めているとの事です。いずれは4Gとして定着するとの見通しだそうです。
DoCoMoではXi(クロッシィ)という名でサービス展開していました。
auではWiMAX、SoftBankではULTRA SPEED、SoftBank 4G、そしてiPhoneのLTEなど似たような次世代高速通信サービスが展開されているのが紛らわしい所です。
iPhoneが対応しているLTEは、WiMAX、ULTRA SPEED、SoftBank 4Gとは別物でとの事です。
ソフトバンクのiPhone対応のLTEは、「SoftBank 4G LTE」という名称です。

通信速度が速ければ良いことがいっぱい!

309bf333358f90d1e782887f75f31a85_s
「速い、遅いってよく聞くけど、あんまり実感ないなぁ。そんなに重要なこと?」「速いに越した事はないんだろうけど、あんまり意識してないなぁ」と、日頃は速さをあまり重視しない人も多いかもしれません。
筆者自身もよっぽど、回線が遅くていらついた日があったりしない限りは、そんなに日頃は意識していないような気もします。
しかし、速さを意識する事は携帯電話キャリアを選ぶにあたって、回線速度は重要な要素の一つであります。
LTE通信速度が速くなれば、良いことがたくさんあります。
例えば、Webページの読み込みが早くなります。当然、スマホゲームでの通信が速くなります。画像のダウンロードも早くなります。
完全無料でiPhone間の高音質通話が可能な「Facetimeオーディオ」や、人気の「LINE電話」などのIP電話の音質が大幅に向上するというメリットもあります。
またアップロードが速ければ、外出先で写真を動画を撮ってSNSにアップする時の待ち時間も少なくて済みます。
海外で人気の「iTunes Radio」や「Spotify」等のスマホ向け音楽ストリーミングサービスを利用するにも、通信回線が安定して速いことはとても重要なポイントであります。

どこのキャリアが一番速いの?お得なのは?

13105c8d9187963164b2d61c89104b3c_s
現在、スマホ向けのLTE料金プランは特に大きな差はないようですが、同じ料金ならば、快適にサクサクと使える少しでも速度の速いキャリアを使いたいものですね。
ソフトバンクのLTEは、その点ではかなりオススメです。
「ソフトバンクのLTEは範囲が狭い」などの批判も一部あるようですが、とんでもないです。
MMD研究所がおこなった47都道府県の主要都市における340地点での回線速度調査結果によると.i-Phone、Android共にソフトバンクが最速との結果がでているのです。
iPhone のダウンロード(下り)通信速度は、ソフトバンクLTEが27.59Mbps、ドコモが25.55Mbps、auが20.79Mbps。
アップロード(上り)はソフトバンクLTE13.96Mbps、au9.04Mbps、ドコモ6.98Mbpsと、上がり下りともにソフトバンクLTEが最速でした
Androidでも、ダウンロード(下り)通信速度はソフトバンクが27.80Mbps、ドコモが27.55Mbps、auが22.67Mbpsとの結果に。
この調査結果は、全国47都道府県、主要都市340地点で、ドコモ、au、ソフトバンクのiPhoneとAndroidの上り・下りの回線速度を「RBB TODAY SPEED TEST」で3回測定した平均値です。
各都市の中心部で測定したため、調査スポット全地点がLTEエリア内でした。調査実施期間は2014年2月18日から3月1日で、10:00〜19:00の時間帯です。
一見、大きな差はないようですが、実際にアップロードやダウンロードをしてみると差がはっきりとわかります。
ちなみに筆者の家族は見事に?親、兄弟でau、ドコモ、ソフトバンクとバラバラのキャリアを使用しています。
そんな我が家で兄弟の一人が、auのiPhoneからソフトバンクのiPhoneへ乗り換えたのですが、感想としてはアップロードもダウンロードもソフトバンクに軍配が上がるとの事です。
山間部などで繋がり易かったのはauだったけど、都市部ではソフトバンクLTEが断然速いそうです。
また、ブログやSNSに画像をアップする時も驚くほど、サクっとアップできたと喜んでいます。
オンラインゲーム等も「ローディング時間が長くて困る!」とか「いきなりゲームが中断されたり、動きがもっさりしてイライラする」という事がかなり少ないとも話していました。
知人友人の間でも、繋がりやすさの範囲の広さはau、速度はソフトバンクという意見が少なくないです。

まとめ

調査会社の調査や、実際に使っている人々の使用感を総合すると、ソフトバンクのLTEは断然、早いと思われます。
前述の筆者の友人の一人は「あまりにもサクサクだったので、ちょっと感動した」と言っております。
感動はやや大げさな感じがしましたが、とにかく早いようですね。
そのサクサクの使用感を感じる為にも実際にソフトバンクのスマホを使って、ソフトバンクLTEを利用してみる事を強くお勧めします!

関連記事

【速いだけじゃない】ソフトバンクLTEの驚くべき実力3選
ソフトバンクユーザー必見!LTEでサクサクネットライフ
ソフトバンクのLTEを徹底解剖!おすすめポイント5選
本当にNo.1?ソフトバンク 4G回線は速いのか調べてみた
ついに始まった!お得なソフトバンクのインターネット

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧