iPhone

節約!!ソフトバンクのiPhone料金を安くする5つの方法

1
昨年末ニュースでも話題になっていましたが、スマートフォンの料金が高い!と思われている方は非常に多いんじゃないでしょうか?
新料金プランが出てきたり、携帯の料金も2,3年前と比較するとより複雑化してきています。
さて、スマホといえばiPhoneを思い浮かべる方も多いかと思います。特にソフトバンクで携帯を利用中の方はiPhoneを使っている、という方も多いです。
今回はソフトバンクユーザー必見!iPhoneの料金を安くする方法についてご説明していきます。

iPhoneの料金プラン

iPhoneの料金プランは基本プラン(通話のプラン)+S!ベーシックパック(Eメール、ネット接続利用料)+データ定額(ネット利用料の割引)。
上記の3つが最低限必要な料金となり、これの組み合わせで月々の基本料金が生まれます。
その他かかるものとしては、分割契約時は端末代金、保証や電話のオプションサービス・ソフトバンクの有料サービスを利用されてる方は別途料金が発生します。
では実際にどう節約していくかを見ていきます。

◆基本プランで節約

iphone-658842_640
現在ソフトバンクでは、通話が多い方向けの通話し放題「スマ放題」¥2700‐(税別)、中でも電話一回の時間が5分以内の方向けの通話し放題「スマ放題ライト」¥1700‐(税別)。
ソフトバンク同士なら無料(深夜1時から夜9時まで)で通話可能な「ホワイトプラン」¥934‐(税別)があります。
自身がどのプランを利用していて、どういった使い方をしているかを確認してみましょう。
ネットからならMySoftBankのお客様ページで確認して頂けます。わかりづらければお近くのソフトバンクショップへ行って料金プランの相談をしてみましょう。
まずは、自身の使い方を知り自分に合った料金プランを選びましょう。
通話料金だけで5千円以上お支払いされてる方もいらっしゃるので、プランを変えるだけで3千4千もの節約になる場合もあります。
また、通話相手が仕事などのやり取りでなければ無料通話アプリを利用するのも一つの節約術となります。

◆ネットの使い方で節約

上記で説明した中でのデータ定額プランについてです。こちらも現在自分がどのくらい月々ネットを利用しているか、を知りましょう。
このネット利用はWi-Fiと呼ばれる無線接続を使っていない時、つまりは外で利用している量となります。もちろん自宅でWi-Fiを利用していない場合はこれに含まれます。
先ほど説明した通話のプランによって節約の仕方が変わってきます。
・スマ放題利用中の方はデータ定額小容量(2G)¥3500-以上から選択
・スマ放題ライト利用中の方はデータ定額標準(5G)¥5000-以上から選択
・ホワイトプラン利用中の方はパケットし放題(2段階)¥2000-~上限¥6200-パケットし放題フラット(7G)¥5700-
といった形でプランによって利用できるデータ定額が変わります。
例えば、外ではネット使っていない。もしくは勤め先や自宅でもWi-Fi環境があり、他の所でもソフトバンクのWi-Fiスポット・フリーのWi-Fiの利用をする方の場合。
電話を使うかどうかでまた変わりますが、
・スマ放題なら基本プラン 2700+S!ベーシックパック300+データ定額2G 3500=¥6500-(税別)
・スマ放題ライトなら基本プラン 1700+S!ベーシックパック300+データ定額5G 3500=¥7000-(税別)
・ホワイトプランなら基本プラン 934+S!ベーシックパック300+パケットし放題2段階 2000~6200=¥3234-~7434-(税別)+通話利用した分
こんな感じです。
iPhoneの「設定」からモバイルデータ通信というところからオンオフすることで外でインターネットを勝手に接続しないようにすることもできるので、ソフトバンク宛てにしか電話しない人・Wi-Fi環境以外での通信をしない方ならホワイトプランで¥3234-で使うのが非常にお得です。
ただ、月月割やその他割引サービスご利用中の場合、割引金額が変更する恐れがあります。変更の際は、ショップ・電話で157などで確認しながら変更してくださいね。

◆家族で利用して節約

iphone baby
ご家族はみなさん同じ携帯会社でしょうか?
通話し放題プランが出てきたことで以前ほど家族みんなで利用するメリットが無さそうに感じますが、家族で利用することで選べるプランもあります。
例えば一つ目でご紹介した通話プラン。家族にしか電話をかけることが無いのであればホワイトプランがおススメです。
他にもスマ放題・スマ放題ライトご利用中なら家族データシェアを選択することができます。家族データシェアは親回線と子回線を選択して親回線の容量をみんなで分け合うプランのことです。
・家族データシェア例 全員スマ放題の場合
親回線:基本プラン2700+S!ベーシックパック300+データ定額大容量10G 9500=¥12500-(税別)
子回線:基本プラン 2700+S!ベーシックパック300+データシェア500=¥3500-(税別)
となります。
スマ放題ライト選択時は親回線が15G以上からとなるので注意してください。
また、3回線以上でしたら料金メリットは出てきますが、2回戦の場合は出ませんのでご注意を。こちらも割引サービスによっては利用出来なくなるものもあります。
ちなみに3回線利用の場合、1回線あたり¥6500-で3.3Gほど使える計算、4回線なら1回線あたり¥5750-で2.5Gほど利用出来ます。
ガラケーも家族データシェアに組み込めますので、通話し放題・ネットも定額でこの値段ならお得に利用できますね。

◆自宅のインターネットとセットで節約

さて、昨年からこちらも各社一斉にスタートしました。ソフトバンクの場合、ご自宅の固定回線サービスとしては、「ソフトバンク光」と「SoftBankAir」があります。
こちらに関してはスマホなどの1回線ごとの割引を受けることができます。
ただ、前述の家族データシェアは対象外となるのでご注意下さい。
契約プランが5G以上のデータ定額プランなら¥1410-(税別)割引を2年間、3年目から¥934-(税別)となり、家族グループに入っている方10回線まで割引対象となります。(契約住所は不問)
ソフトバンク光なら、フレッツ光利用中の場合、工事も不要ですので簡単に切り替え割引を受けて頂けます。
SoftBankAirもコンセントに差すだけで使い放題のインターネット環境が出来上がります。(通信速度はソフトバンク光の方が速いです。)
まだご自宅にWi-Fi環境が無い方や、家族みなさんソフトバンクユーザーの方はインターネット回線も併せて利用する方が料金の割引を多く受けて頂けます。

◆キャンペーンを利用して節約

iphone all color
いろいろご説明しましたが、やはりこちらが一番ですね。
現在ソフトバンクでは、学割・既存ユーザー向けの家族ご紹介キャンペーン・下取りすることで割引を受けれるタダで機種変更キャンペーンを行っています。
その他にも丁度更新月を迎える方向けにポイント付与などもあります。
一番最初にご説明したようにソフトバンクでiPhone利用中の方は非常に多いので、iPhoneの新作発売時や春の学割シーズンはキャンペーンも多く発表されます。
例えば今年の学割は契約時に25歳以下なら対象となり、スマ放題・スマ放題ライトプラン(データ定額は5G以上のみ)なら¥1620-の割引が2年間ついてきます。
ホワイトプラン(パケット定額フラットのみ)なら¥1008-の割引が3年間ついてきます。そこに家族が機種変更することで家族ご紹介キャンペーンを受けて頂けます。
このように適用条件がややこしいモノもありますが、そういったキャンペーンを行っているときになるべく機種変更や新規契約を行うことで端末代金や利用料金を安くつけることが出来ます。

まとめ

どんどん非常に複雑化している料金プランや割引サービスですが、まずは自身がiPhoneをどのように利用しているかを知りましょう。
もちろん今回はソフトバンクでしたが、どの携帯会社を利用するにあたっても言えることになります。
電話をよくするのか・ゲームをよくするのか・ネットをよくするのか。その上で自分に合ったプランで利用していきましょう。
ややこしいからこそ、家族と一緒のプランやスタッフのおススメのプランを選びがちです。最初はそれでいいかもしれませんが、お得に快適にiPhoneライフを送る為にも使い慣れてきたらまずはプランの確認や変更をしてみましょう。

関連記事

ソフトバンクiPhone6sの料金は3つのテクでここまで安くなる!
絶対に買うべき!ソフトバンクのiPhone6sを選ぶべき理由5選
ソフトバンクのiPhone6sに機種変更!一番お得な方法解説
iPhone6sを持つならソフトバンクで決まり!お得情報3選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧