ソフトバンク

トラブル回避!料金に関するソフトバンクユーザーの声4選

現在、他のキャリアで携帯電話を契約されていて、これからソフトバンクに移ろうと考え中の方。一番ネックなのはなんですか?
おそらく、【今の料金プランよりも安くなるのか】と答えることでしょう。
安くなるのが難しいにしろ、現在使っているキャリアから変更してメリットがあるのかどうかというのは重要な問題です。
今回は、ソフトバンクユーザーから聞いた、ソフトバンクの携帯料金に対しての声をご紹介致します。
今後ソフトバンクへ移行を考えている方は参考にしてみてください。
 

①思っていたより料金が高かった

14
なによりも、不満の声の第一位として挙げられるのが思っていたよりも高い料金を請求されたということです。
これは、正直なところソフトバンクだけではなくdocomoでもauでもある話なのですが、CMでみていた割引が適用外だったり、キャンペーンが終わってしまっていたりということで起こりうる問題です。

解決方法

この問題を解決するには、しっかりとキャンペーンの時期を調べたり、契約するプランの料金を調べる必要があります。
2年契約などになると、24ヶ月目までは安価ですが3年目の25ヶ月からは高くなってしまいますのでその点をしっかりと確認しておきましょう。
いまいち仕組みがわからないという方は、ソフトバンクショップの店員さんやオペレーターに契約プランと今後かかる金額を聞いてしまうのが一番でしょう。

②パケット料金が高い

スマートフォンを契約されている方は、ソフトバンクに限らずどこでもおそらくはデータ定額プランに契約されていると思います。
その為、ご自身が考えているよりもパケット料金が高くなってしまうということは無いと言えます。
しかし、データ定額プランの中でもいくつかパケットの量によって料金は変わっていきます。
ご自身が使うパケットの量と契約するデータ定額プランが合っていないと、考えていたよりもパケット料金が高くなってしまうことが考えられます。

解決方法

こちらの問題を解決するには、データ定額プランは使い方に合ったプランを選ぶということが言えます。
ソフトバンクのデータ定額プランは通称【データ定額パック】と呼ばれます。こちらのプランでは以下の7種類から選ぶことが出来ます。
※プラン名:基本データ量:月額使用料金で表します。
・小容量(2):2GB:3,500円
・標準(5):5GB:5,000円
・標準(8):8GB:6,700円
・大容量(10):10GB:9,500円
・大容量(15):15GB:12,500円
・大容量(20):20GB:16,000円
・大容量(30):30GB:22,500円
この一覧を見てぱっと、『この容量のプランが自分に合っている』と考えられた方は、恐らくパケット代の料金で悩むことはありません。
ほとんどの方が、ご自身が毎月どのくらいの量を使っているのかをご存じでないと思います。
まずは、普段どのくらいパケットをつかっているのかを確認しましょう。
パケットの確認方法としては、アプリを使っての確認も出来ますがソフトバンクユーザーならまずはMy Softbankから確認をしてみるのをおすすめいたします。
My SoftBank
携帯電話からの操作方法は、右上の「メニュー」を選択し「人気のメニュー」項目内の「ご利用のデータ通信量を確認」から確認をすることが出来ます。
パソコンからの操作方法は、「データ通信量の管理」項目内の「ご利用状況の確認」を選択することで「通信速度低速化までの残りデータ量」を確認することが出来ます。
今契約しているデータプラン内で、まだまだ余裕があると感じた方は一つプランを下げてみることでパケット料金を下げることが出来ます。

③料金プランがあり過ぎて何を選べばいいのか困る

これは、不満の声もありますが逆に細かいからこそ自分にあったプランを選ぶことが出来たという声も聞こえます。

契約する機種によって違う料金プラン

ソフトバンクの料金プランというのは、とにかく豊富です。
しかし、これから契約したい機種によって契約することが出来るプラン、利用することが出来ないプランというものが存在します。
契約したい機種が決まっている場合は、契約することが出来るプランの中で一番自分の使い方にあっているプランを選べばよいでしょう。
すでにソフトバンクユーザーの場合は、ソフトバンクショップに行くことで現在契約しているプランが使い方に合っているかどうかを数ヶ月単位で確認してもらうことが出来ます。
他社からソフトバンクに移ることを考えている方も、今契約しているキャリアでどういったプランを使っていて現在の金額を伝えることで、ソフトバンクに移った際にもっとお得になるプランや使いやすいプランを提案してくれます。
例えば、iPhoneを契約したい場合は、【スマ放題】もしくは【ホワイトプラン】が基本契約になります。こちらと、データ定額パックの中から必要な容量を選ぶことで月々の使用料金が決定します。
分割支払いで端末代金を支払う様にしている方は、こちらにプラスで端末代金がかかります。しかし【月月割】といったようなキャンペーンを使って、割引を適用することが出来ますので毎月の料金はこれに限りません。
キャンペーンについては、時期によって行っているものが大きく変わります。
現在どういったキャンペーンを行っていて、これから契約する場合はどのキャンペーンに該当するのかを聞いて確認するのが良いでしょう。

④キャッシュバックを考えるなら断然ソフトバンク

15
今やほとんどなくなってしまったキャッシュバック制度ですが、ソフトバンクは今でもなおキャッシュバックを行っている店舗がいくつもあります。
その中でもインターネット上のショップのキャッシュバック金額は高額になりますのでこちらを逃す手はありません。
現在ソフトバンクを契約しているユーザーからの声で、のりかえを検討した時になにより大きかったのがキャッシュバックと答える人が多くいらっしゃいます。
のりかえの際にかかってしまう金額というのは決して安くはありません。
出来るだけ負担を少なくするためにも、多くのキャッシュバックを未だに行っているショップをチェックしてみましょう。

おとくケータイ.net

おとくケータイ.net
ソフトバンクのキャッシュバックと言えば、【おとくケータイ.net】が一番最初に上げられます。
現在ソフトバンクで契約されているユーザーも、このインターネットショップを通して契約されている方多くいらっしゃいます。
こちらのショップでは、ソフトバンクの公式キャンペーンとの併用も可能です。
販売している携帯端末は、その時々で変わってきますので、購入予定の端末がおとくケータイ.netで購入できるかどうか確認すると良いでしょう。
どこよりも多くのキャッシュバックを望むならば、こちらのホームページは必ずチェックしてみましょう。

のりかえNAVI

のりかえNAVI
のりかえNAVIは、おとくケータイ.netに続くソフトバンクの乗り換えに強いインターネットショップです。
端末代金のキャッシュバックだけではなく、通信費の割引やのりかえ費用、解約金までキャッシュバックしてくれるキャンペーン期間もあります。
他社からソフトバンクへのりかえたいと考える方のネックとなる、のりかえにかかる手数料と解約金もキャッシュバックで戻ってくるならデメリットはほぼなくなります。
キャッシュバック金額については、契約する機種や利用状況によって異なりますので、こちらもやはり一度問い合わせてみるのが良いでしょう。

まとめ

携帯電話を持っていない人の方が少なく感じる現代、どこのキャリアを選んだら自分にあっているものを選べるのか悩んでしまいますよね。
今回は、ソフトバンクを使っているユーザーから挙がるソフトバンクのメリットデメリットについての声をまとめてみました。
デメリットについても、解決方法があります。
これからソフトバンクの契約を考えている方は、記事を参考にしていただいて是非おとくに契約しましょう。

関連記事

ソフトバンクの料金ってホントに安いの?極めるポイント3つ
節約!!ソフトバンクのiPhone料金を安くする5つの方法
ソフトバンクスマホ、月の料金をイメージでわかりやすく解説!
安くてお得なのは?賢く選ぶソフトバンク料金プラン5選
ソフトバンクの料金プラン、一番お得なプランは一体どれ?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧