ソフトバンク

ソフトバンクは電波もすごい!?ここまで届いた都内7地点

iphone-500291_1280
電波がつながるエリアをどんどん拡大し、2010年3月から2014年10月の間には都内の3Gのエリアを1.2倍に広げたソフトバンク。
より快適に通信を楽しめるように色々な工夫や対策を行って、つながらないエリアをなくしてきました。
それでも、こんなところでは電波が入らないんじゃないの?という方の為に、電波が届く東京都内の意外な7地点をピックアップしました。
この記事を読んでソフトバンクのサービスエリアの広さと電波のすごさをご確認ください。

はじめに

今、ソフトバンクでは「電波保証プログラム」という、つながりやすさに満足できなければ契約のキャンセルができるというプログラムをやっています。それほど電波がつながるということに対して真剣にとりくんでいます。
全国のサービスエリアもどんどん拡大し、以前のようにつながらない、電波が入らないといわれないよう様々な対策も行っています。
そんなソフトバンクのサービスエリアの中から、今回は電波が届く意外な7地点をピックアップしました。
観光名所から日常生活で使う場所まで、ソフトバンクのエリアの広さをどうぞご覧ください。

東京スカイツリー 天望デッキ

tokyo-sky-tree-746482_640
まず、最初は日本で1番高い建造物で、今年で3周年を迎える東京スカイツリーです。
350mの高さにある第一展望台の東京スカイツリー天望デッキでも、電波が届いています。
東京スカイツリーは地上デジタル放送用のアンテナやFMラジオなどの電波塔として建てられたので、実は携帯電話の電波などは飛ばしていません。
周辺のビルの屋上にある基地局など、下から上へ電波を飛ばしてサービスエリアにしています。
また、第二展望台である東京スカイツリー天望回廊にはソフトバンクWi?Fiスポットもあります。

地下鉄の線路上

高いところに続いて今度は低い場所もご紹介します。
東京メトロや都営地下鉄で一部除いた全線で電波が入ることは話題になりましたが、実は他の地下鉄でも電波が入るのはご存知でしたか?
東京急行電鉄、京王電鉄もつくばエクスプレスも東京モノレールも駅はもちろん線路上で走行中電波が入る場所が多いんです。
また、駅ではソフトバンクWi?Fiスポットのエリアになっているところが多いので、駅ではWi?Fiの安定した通信も楽しめます。これにより、移動中でも駅でも快適な通信サービスを受けることが出来ます。
ちなみに東京メトロの電波が入らない残りの一部となっている有楽町線と副都心線の小竹向原駅?千川駅間は、現在線路の平面交差解消の為、連絡線の設置工事をしています。
平成28年度中には電波が入るようになるようなので、工事が完了するのを楽しみに待ちましょう。

高尾山 山頂

東京都心から近く、またテレビなどでもよく取り上げられることもあり、たくさんの観光客や登山者が訪れる高尾山。
そんな八王子にある、国定公園にもなっている高尾山の山頂も、もちろん電波が入ります。
高尾山の山頂にソフトバンクの基地局があるため、むしろ山頂のほうが電波がいいという声もあります。

両国国技館

大相撲でおなじみの墨田区横綱一丁目にある施設で、実は大相撲以外のイベントをやっていることもあります。
2020年に行われる東京オリンピックでは、なんとボクシング競技会場になる予定です。
この両国国技館、実はここ最近でエリアが改善されて電波が入るようになり、今では4G LTEの電波もきちんと届くようになりました。
これで東京オリンピックの際も快適な電波を楽しむことができるようになります。

東京湾 海上

海岸や港、埠頭だけではなく、実は東京湾の海の上もサービスエリアになっています。
そのため海釣りをしていても、クルージングをしていても、水上バスで移動していても電波がきちんと入ります。
万が一東京湾の海上で何かあった場合でも、ソフトバンク携帯電話から118を押せば緊急通報することもできます。
通報するような事態が起こらないのが1番ですが、なにかあったときでも安心です。

若洲公園 キャンプ場

江東区にある江東区立若洲公園内のキャンプ場で他には多目的広場やサイクル広場などもあります。
海が目前に広がるこのキャンプ場も、もちろんソフトバンクのサービスエリア内となっています。
このキャンプ場以外にも東京都には約28箇所のキャンプ場がありますが、どのキャンプ場もサービスエリアになっています。
これでキャンプ中でもインターネットなどを楽しむことが出来ます。

赤羽ゴルフ倶楽部

北区の「あと少し行けば埼玉という位置にある」東京23区内では唯一の会員制 ゴルフ倶楽部です。
実はこのゴルフ場がある場所は、大正時代に東京都に編入されるまでは埼玉でした。この河川敷ゴルフ場も、ソフトバンクのサービスエリア内になっています。
東京都には約20箇所のゴルフクラブがありますが、どこのゴルフ場もサービスエリアになっています。
ゴルフ場で電波が入るようになったことは、実は2014年3月にCMで流れたこともありますので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。(※今現在はソフトバンクのCMギャラリーでの公開も終了してしまったので見ることが出来ません。)
比較的電波が届きにくかったゴルフ場ですが、今は電波が改善され、どこのゴルフ場も電波がつながりやすくなりました。

おまけ:小笠原諸島 父島・母島

こちらは、東京都の小笠原村のなかで一般住民が住んでいる島になります。父島は小笠原諸島で二番目に大きな島で、小笠原村の村役場もこの島にあります。
この父島もソフトバンクのサービスエリア内なのですが、カバーしていない場所もあり、まだまだ拡大予定のエリアでもあります。
母島の中には東京都道最南端となる241号沖港北港線の道路が走っており、この母島の島内にも4G LTEのサービスエリアがあります。
他にも周囲には姉島や妹島、姪島などがありますが、そちらは無人島になっていますが、もちろんこちらの島もサービスエリアになっています。
都内とはかけ離れた距離にありますが、こちらも東京都。
小笠原諸島も含め、伊豆諸島や青ヶ島でもばっちり電波がはいっています。

まとめ

以前は電波が入らないといわれていたエリアも、今ではカバーされてきちんと電波が入る場所がどんどんと増えてきました。
また、以前から電波が入っていたけど、意外と入ることをしらなかったという場所もあったと思います。
ソフトバンクでは基地局を増やしたり、調節したり、近隣のグループ内の基地局を使ったりと様々な対策をとりながら日々つながるよう進化しています。
色々な場所でつながるようになったソフトバンクの電波を、是非一度試してみて下さい。

関連記事

ソフトバンクのLTEを徹底解剖!おすすめポイント5選
本当にNo.1?ソフトバンク 4G回線は速いのか調べてみた

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧