ソフトバンク

【速いだけじゃない】ソフトバンクLTEの驚くべき実力3選

30
ソフトバンクで携帯電話を契約されている方なら一度は耳にしたことがあるであろう【ソフトバンクLTE】ですが、実際どの様なものかご存じでしょうか?
データ通信サービスの名前だとは知ってはいるものの、内容は良く知らないという方がほとんどではないでしょうか。
今回は、ソフトバンクが提供する【ソフトバンクLTE】について、徹底的に分析してみました。
ご自身が使われているサービスを再確認してみましょう。

ソフトバンクLTEってどんなもの?

ソフトバンクLTEとは、正式名称を【SoftBank 4G LTE(ソフトバンク フォージー エルティーイー)】と言います。
ソフトバンクが提供するデータ通信方法でLTEを使用した携帯電話向け通信サービスの名前です。
ソフトバンクLTEは2012年9月21日よりサービス開始。これは、iPhone5の発売に合わせて発表されました。

①超高速データ通信

ソフトバンクLTEとは、ソフトバンクが提供している超高速データ通信サービスのことを指します。
超高速というからには、どれだけインターネットのつながりが速いのかが気になりますよね?

なぜ通信速度が速いのか

ソフトバンクLTEでは、【FDD-LTE方式】と呼ばれる高速データ通信方式を採用しています。FDD-LTE方式とは、上り方向と下り方向の多重化に周波数分割多重方式を採用したものを指します。
といっても、よくわからないですよね。
上り(携帯電話から基地局)と下り(基地局から携帯電話)の通信を異なる周波数で同時に行うために速い通信速度を保てるというわけです。
今までは、逆に上り(携帯電話から基地局)と下り(基地局から携帯電話)の通信を異同じ周波数帯切り替えて行っていたため、多少の時間のロスがあったと考えてください。

従来の通信速度との比較

従来、ソフトバンクを含め日本の携帯電話キャリアでは3G回線を使用していました。
ソフトバンクLTEでは、キャリアアグリゲーション(無線通信を高速化する手法の一つ)に対応しているため下りで最大187.5Mbpsを実現しています。
従来の3G回線のスピードは、下りで最大21Mbpsなのでその違いは歴然です。
通信速度が上がるということは、動画の閲覧や音楽のダウンロード、大容量のアプリのダウンロードの速度がストレスなく行うことが出来るというメリットがあります。

②どんどん広がるソフトバンクLTEエリア

31
回線がどんなに素晴らしいものでも、繋がらなくては意味がありません。ソフトバンクLTEが始まった当初は、首都圏でもほんの一部しか繋がらなく、不満の声も上がっていました。
しかし、現在は基地局が増えたこともあり首都圏のほとんどの場所をカバーしています。
日々このエリアは拡大されているため、日本全国どんどんとソフトバンクLTEが使える場所が増えています。

③わかりやすい料金プラン

20
ソフトバンクLTEを使用するためには、ソフトバンクでの通信プランの契約が必要になります。

1:データ定額プラン

現在iPhoneなどのスマホで契約できるプランは、「データ定額パック」というものになります。
ご自身が使用する容量によって、契約するプランの内容を選ぶことが出来る為、なるべく値段を抑えて契約することが出来ます。
月額使用料は以下の通りです。
小容量(2):2GB / 3,500円
標準(5):5GB / 5,000円
標準(8):8GB / 6,700円
大容量(10):10GB / 9,500円
大容量(15):15GB / 12,500円
大容量(20):20GB / 16,000円
大容量(30):30GB / 22,500円
※スマ放題専用2年契約にご加入時の料金です。
残念ながら、新規契約を結ぶことはもう出来なくなってしまいましたが、以下のプランでもソフトバンクLTEを使うことが出来ます。
※現在契約中の方は引き続き使用することが出来ます。

:iPhone向けプラン

iPhone 6 / iPhone 6 Plus / iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5 のソフトバンクLTEが使えるプランとしては、「パケットし放題フラット for 4G LTE」と「パケットし放題 for 4G LTE」があります。
パケットし放題フラット for 4G LTEは、月額5,700 円で月月割が併用できる為割引額が最大10,560 円増額(440 円×24回)します。
こちらのプランの場合は、テザリングオプションに加入できるためタブレットやパソコンを、iPhoneを介して繋げることが出来ます。
パケットし放題for 4G LTEは、月額2,000~6,200 円(パケット通信料:0.05 円/パケット)で、月の使用量によって値段が変動します。
5Mバイトまでは2,000円、15.5Mバイトまでが金額が上がり、15.5Mバイトを超えると6,200円になるというわけです。
どちらのプランでもデータ量は、月々7GBまで。もし、7GBを超えた場合は、請求月末まで通信速度が最大128kbpsに低速化してしまいます。が、通常の使用方法では超えることはほぼないでしょう。
もちろん、低速化してしまった後でも高速通信をしたい場合は、2GBごとに2,500円加算することで通常の速度に戻すことが出来ます。

:モバイルデータ通信機種(ポケットWi-Fi)

データ通信端末のみになりますが、4G/LTEデータし放題フラットという定額プランに加入することが出来ます。
月額使用料金は、4,196円(2年契約未加入時は5,196円)です。やはり、最大使用量が7GBまでとなっております。

まとめ

ソフトバンクのLTEというのは、今では繋がるのが当たり前と感じている方も多いでしょう。
首都圏では、繋がるところも多くなり何も問題なく使用できていますがまだ繋がらない都市ももちろんあります。
ソフトバンクでは、順次エリアを拡大していき数年後には日本の人口が住んでいる場所100%を目指しているとの公式通知があります。
これから先、どこへ行っても高速通信が出来る日が来るのはもう間近なのでしょう。

関連記事

ソフトバンクユーザー必見!LTEでサクサクネットライフ
ソフトバンクのLTEを徹底解剖!おすすめポイント5選
本当にNo.1?ソフトバンク 4G回線は速いのか調べてみた
ついに始まった!お得なソフトバンクのインターネット

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧