iPhone

安っ!!ソフトバンクのiPhone料金を節約する5つの方法

日本ではiPhoneが大人気ですが、実際、世界的に見ると海外では、圧倒的にAndroidユーザーが多いとか。
理由は海外でのiPhoneとAndroidスマホの値段の格差らしいです。
日本ではiPhoneとAndroidスマホの販売価格に大差はないようですが、海外ではiPhoneはかなり高額なため、Androidを購入する人が増えてしまうそうです。日本はその点では、かなり恵まれた国のようですね。
キャリアを関係なしに見てもAndroidとiPhoneの割合をみると、やはり筆者の周囲もiPhoneユーザーが多いです。
また街の中や電車、カフェ等をみていても、見かける人のほとんどがiPhoneって事も多々あります。
iPhoneはケースやアクセサリー類も豊富と言う事もユーザーが多い理由の一つでしょう。あのリンゴのマークに何かステイタスのようなものを感じる人も多いのではないでしょうか。
さてそんなiPhoneですが、iPhoneユーザーの皆さまの中には携帯キャリアはソフトバンクだという方が非常に多いのではないでしょうか。
今回はソフトバンクのiPhoneユーザーにとってお得な情報をお伝えします。
 

唯一のデメリット。高額な毎月の料金!

4
色々と便利でお洒落でカッコイイし、ソフトバンクのiPhoneは通信速度においてもかなり速いし、デメリットなんてないのでは?と思われますが唯一のデメリットがあります。
それが、毎月の携帯料金の高さです。
iPhoneに限らず、スマホを利用している限り、毎月の費用が高くなってしまうのは仕方がない一面もあるのですが、中にはあまり電話をかけていないしネットも殆どみてないし、ゲームとかSNSをガンガンやっているわけでもないのに、なんだかんだで月々5、6千円以上は費やしている人もいるようです。、
LTEをフル活用して、電話も使うし、ゲームやSNSで多いにiPhoneライフを満喫している人ならば特に不満はないかもしれません。
しかし、あまりゲームやSNSやネット等を使わないと思われる高齢者の方々や働いている人に比べたら自宅にいる事が多く、外でiPhoneをフル活用する機会も少ないであろう専業主婦の方等にとったら通信費に毎月5千円以上を払うのは、ちょっと(?)損した気分になりますよね。
では、どうしたら節約できるのでしょうか。節約術を5つほどあげてみましょう。

節約術その1:あまりネットを使っていないのならば定額プランを変更する

まず、一番に大事なのは料金プランを変更する事でしょうか。ソフトバンクショップに足を運んで相談すれば、ショップの店員さんが親切にその人にあったプランを選んでくれますし、確実に使用料金を安くする事ができます。
面倒くさい計算とかしたくない人ならば、店員さんに全てお任せしてよりよいプランに設定してもらうだけでも良いかと思います。
でも、できたら自分でとことん納得して色々調べて、とことん安くできるような方法を模索したいところですよね?
では、ソフトバンクの主なプランについて説明しましょう。
ソフトバンクiPhoneの主な料金プランは、主に「S!ベーシックパック」+「基本料金プラン」+「インターネット料金」の3つで構成されています。
ちなみに、この S!ベーシックパックは月々300円程度なのですが、加入が必須なので外すことはできません。
なので 削れるのは基本料金プランとインターネット料金ということになります。ここでパケットを定額プランにするか否かで色々と変わってきます。
もし、ネットよく使い、動画もいっぱい鑑賞して、音楽もよくダウンロードして、ゲームもガンガン利用するという方ならば定額プランは絶対につけておくべきです。外すのはオススメできません。
もし、定額プランを外したのに今までと同じようにガンガンとネットを利用したりしたらあっと言う間にいわゆる「パケ死」に陥る事間違いなしですので気をつけて下さいね。
しかし、家にいる事が多いのでLTEは殆ど使わず、殆ど自宅でWIFIを使ってネットを利用しているのならば、パケット定額の「パケットし放題フラット」よりも課金型の「パケットし放題」に変更した方が月額料金が数千円安くなります。
そもそも、携帯電話料金よりもiPhoneをはじめとしたスマートフォンの料金が高い理由の大部分はパケット料金です。
携帯電話では通話等が中心ですが、スマートフォンはインターネット通信が中心になるのでどうしても高額になりがちです。なのであまりネットをしない人ならばこの部分を上手く削れば安く利用できるという事になります。
基本料金プランは下げない方が良いですね。ソフトバンクユーザーの大多数は「ホワイトプラン」に加入してると思いますが、基本料金プランはそのままでも問題ありません。
この事をもとにざっと計算してみると
基本料金:ホワイトプラン(934円)+S!ベーシックパック(300円)+ネット料金(パケットし放題 for 4G LTE)(最低金額2,000~最高6,200円)=3,234円(税抜。ネット料金最低金額の2000円の場合)
iPhone本体の購入価格が分割払いの場合には、その分が上記料金に上乗せされます。一括払いの場合は月月割分が適用されます。
「タイプXにねん」というプラン(所謂、ブループラン)というものもありますが、これは料金という観点からするとかなり安いのですが、「タイプXにねん」変更すると月月割が適用されなくなってしまうので変更はオススメできかねます。

節約術その2:電話をよくかける場合は?

1c82f91d241da32bd368f97b79da6ce0_s
前述では、電話もそんなにかけないタイプの人にも向いているプランで考えてみました。
しかし、ソフトバンクのiPhoneユーザーの中には「ネットはそんなに使わないけど、電話はよくかける。一か月に1時間以上はかけてるよなぁ」という方もいるかと思われます。
その場合、一番、有効なのは、通話プランは、かけ放題に切り替えるのが良いかと思われます。
また、プランの変更をせずとも、お手持ちのiPhoneにAppStoreからインターネット通話アプリやSipクライアントアプリと呼ばれるインターネットを介して利用する電話アプリをインストールするのも手です。
現在、050Plus、IP Phone Smart、東京03(アイピーエス)などがあります。いずれもAppStoreからインストールできます。但し、IP Phone Smartは、フュージョンコミュニケーションでユーザー登録する必要があります。
これらのアプリを通しての通話ならばiPhoneの通話料金はかかりません。iPhoneでかけるよりも通話の音声がクリアだとの意見もあります。
他に無料通話アプリとして有名なのはLINE等ですが、これはパケットがかかるので、パケット定額も外している場合はおすすめできないです。

節約術その3:不要なオプションを外す

携帯の新規購入や機種変更時に「安くする代わりに、一定期間、このオプションに加入して下さいね。」なんて言われて、なすがままに色んなオプションに加入してしまって「あとで外せばいいや」と思ってそのままにしていて、いらない有料オプションの料金を払い続けて、損をしている人も少なくないでしょう。
アップルケア、みまもりケータイ、フォトビジョン以外のオプションは、基本的に2年間契約する必要はありません。契約後数か月、経ってるのであれば、いらない有料オプションは解約した方が良いです。
筆者も、機種変の際に色々なオプションをつけられて「一か月たったら外しちゃってくださいね」と言われて「はーい」と答えたものの、そんなオプションがついていた事もすっかり忘れて、いらないオプションをつけたまま、2年近く経ってから料金を見直してみて、いらないオプションを外したら1500円ほども安くなったと言う事がありました。
今一度、いらないオプションをくっつけてないか見直してみましょう。

節約術その4:海外ローミングエリアの費用を節約する

bus-986477_640
海外旅行時の通話やパケット料は、通常のiPhone料金には含まれません。別途使用料が発生する事になります。
海外でパケット通信する場合、ソフトバンクでは「海外パケットし放題を利用する」というのが一番でしょう。もしくは、海外専用WiFiルータのレンタルも海外ローミングの費用の節約になります。
ソフトバンクの海外パケット定額は1日1,980円になりますが、25Mバイトを超えるといずれも1日2980円になります。
注意する点は、この場合の1日は日本時間の0:00~23:59であって現地時間ではないということです。海外で朝と晩に使用したら時差の関係上、2日分加算されるということもあるので注意が必要です。
ものすごく安いというわけではありませんが、メリットとしては簡単に設定できて、定額という点でしょう。料金的には全然期待してないですが、まぁ強いてメリットをあげれば、設定するだけで簡単に利用できることでしょうか?
海外専用WiFiルータのレンタルについてですが、利用方法としては出発前に国内で渡航先に応じたWIFIルータを手配し、成田または関空などの国際空港搭乗口で受け取るという事になります。
おすすめはGLOBAL DATAやGLOBAL WIFIです。GLOBAL DATAは、USBステックタイプや、MiFiというWifiルータタイプがあります。
MiFiの利用料金は、¥1,280(日/1国)です。利用する際は盗難紛失による本体の全損などの場合に全額免責となる「安心パックフル」(¥367.5/1日)に加入する事をおすすめします。
パソコンやiPhone、MACなど5台まで接続でき、VPN接続なども利用可能との事です。
WIFIをレンタルする事により、インターネットへの接続もできるし、前述の「インターネット通話アプリ」の利用により通話も可能になります。

節約術その5:節約アプリの活用

料金・・という観点からすると、どれくらい効果があるか未知数ですが節約アプリの活用も悪くはないかと思われます。そんなちょっと得な感じのアプリを紹介します。
MapFanというナビゲーションアプリは有料アプリですが、MapFanは標準搭載のマップと違って地図データをローカルで入っているのでiPhoneであれば、通信なしでナビゲーションが行えるという優れものです。
通信をしないので快適にスクロールでき、ストレスなく利用ができます。
WebブラウザーにはOperaがオススメです。これはSafari同様ブラウザのアプリです。
読み込むサイトによっては、かなり遅くなる事もありますがOperaは、サーバー側で圧縮したデータを表示しますので、表示スピードが改善されるとの事です。Operaは無料のアプリです。
ソフトバンクの「スマ放題」という名前の新しい料金プランが発表されました。
今までは通話時間で料金が決まっていましたが、これからの時代はパケットの通信料によって料金が変わることになります。
定額制だったパケット代金が、3000円代から10000円以上まで幅のあることに戸惑っている方も多いのではないでしょうか。
話が前に戻りますが、LTEをあまり利用しない場合は、家では自宅のwifiルーターにつなげてネットにつなぐという事になりますが、定額プランを利用していない方が外で利用する場合は、街中のカフェやコンビニ等にある「wifi接続スポット」を利用するのも手でしょう。
有名所をいくつかあげるとスターバックスwifiは名前や住所など他の個人情報情報は一切不要で、メールアドレスとパスワードを入力するだけでインターネットに無料で接続できます。約1分程度で設定できます。
http://starbucks.wi2.co.jp/pc/index_jp.html
ファミマwifiは1日20分×3回までという制限はありますが、、メールアドレスとパスワードと性別を入力するだけでインターネットに無料で接続できます。これも名前や住所は不要です。
http://www.family.co.jp/services/famimawi-fi/index.html
セブンスポットもメールアドレスとパスワード、性別、誕生年の入力だけでインターネットに無料で接続できます。こちらも名前や住所は不要。
http://webapp.7spot.jp/about.html
ローソンwifiはPonta会員の登録と、ローソン公式アプリが必要になります。
http://www.lawson.co.jp/ponta/static/wifi/

まとめ

いかがでしょうか?
せっかくの便利で楽しいiPhone、使うならば徹底してお得に自身のライフスタイルに合わせて楽しく節約して使いたいですね。
この記事があなたのスマホライフに少しでもお役に立ちましたら幸いです。

関連記事

ソフトバンクのiPhone SE|料金と価格・スペックまとめ! 
節約!!ソフトバンクのiPhone料金を安くする5つの方法
iPhoneの料金はどう動く?季節ごとに比較ソフトバンク編
ソフトバンクiPhone6sの料金は3つのテクでここまで安くなる!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧