ソフトバンク

ソフトバンクに注目!他社キャリアの学割と比較

e104e124e433ddc5f2d95790d0a82581_s
現在、携帯電話の業界はソフトバンクとdocomo、auの3社の通信キャリアから成り立っております。
従来のガラケーことフィーチャーフォンからいま現在のスマートフォンまでにおいて、この3つの通信キャリアは数多くのユーザーをもち、またその年齢層の幅も広く、高い評価を受け続けてきております。
かつてから、学割サービスはソフトバンクをはじめとする3つの通信キャリアにおいて、ユーザー獲得に必要不可欠なサービスとなります。
学生の方を対象としていることはもちろんのこと、その学生の方の親御さんやご兄弟までを対象としたお得な学割サービスは、携帯電話をご契約するうえでは欠かせないはずでしょう。
そのため、今回はソフトバンクやその他の通信キャリアの学割サービスについてご紹介していきます。
また、通信キャリア同士を比較してみた学割サービスの違いにも今回は注目していただきたいと思います。
ソフトバンクやdocomo、auにて携帯電話をご購入しようとご検討中の学生の方や、そのご家族の方はぜひともご参考にされてください。

ソフトバンクの学割

それではまずは、ソフトバンク通信キャリアの学割のサービスについてチェックをしていきましょう。
これまでも、ソフトバンクは3大通信キャリアの一つとし、さまざまな携帯電話やスマートフォンを販売し、それに伴ったお得なキャンペーンやサービスも展開してきました。
それだけに、学生の方を対象としたサービスやキャンペーンへの力を入れ方も他社の通信キャリア以上の内容があるのではないのでしょうか。

●ギガ学割

ソフトバンクで現在、行なわれております学割サービスには「ギガ学割」がございます。
この「ギガ学割」を耳にされたことがある方やCMやメディアなどで拝見されてご存知の方は多いのではないのでしょうか。
これまでも、ソフトバンクは学割のサービスを行なってきておりましたが、今回の「ギガ学割」は各メディアを通しても大々的に告知も行なわれており、学生のユーザーを対象とした姿勢が強く見受けられます。
それでは、さっそく新しく行なわれておりますソフトバンクの学割サービス「ギガ学割」の内容についてご説明をしておきましょう。
「ギガ学割」の主なサービス概要といたしましては、新規加入や他社の通信キャリアからのMNPによるお乗り換え、もしくはソフトバンク既存ご契約による機種変更で「ギガ学割」にご契約いただくことで、学割サービスの特典を受けることができます。
ご契約方法の新規加入や他社の通信キャリアからのMNPによるお乗り換えでのご契約の場合においては、2つの特典のうちひとつをお選びいただくことができます。
また、こちらの学割サービス「ギガ学割」今年の1月15日から開始されたばかりの新しい学割サービスですので、申し込み期間にもまだまだ余裕があることもポイントの一つです。
対象となる使用者については、25歳以下のお客さま、もしくは25歳以下のお客さまのご家族となります。
そして、対象となる機種端末についてですが、iPhoneやAndroidの各スマートフォン、フィーチャーフォンとなります。
image002
ご注意していただきたいポイントとしましては、対象となる機種端末についてです。
スマートフォンにおいては、OS問わずほとんどのスマートフォンが学割サービス対象となるのですが、iPadやタブレット端末などにおいては学割サービス対象外となります。
また、対象となる使用者の年齢についてですが、あくまでも25歳以下のお客さまを対象としておりますので、ご契約いただく日に25歳を迎えられる方や25歳以上となる方は対象外となります。
25歳以上でも対象となるのは、あくまでも25歳以下のお客さまによるご契約で、その25歳以下のお客さまのご家族に限ります。
その他の適用条件といたしましては、ご契約いただくソフトバンクの料金プランがスマ放題もしくは、スマ放題ライト、つまりは、基本プランプラス専用の2年契約プラスにソフトバンク指定のデータ定額パックのご契約となります。
またはホワイトプランプラスにソフトバンク指定のパケット定額サービスにご加入いただくことです。
それでは、「ギガ学割」がどのような特典であるのかですが、ご契約に応じて二つからお選びいただきます。

  1. パケット定額サービスの定額で利用できるデータの増量
  2. 通信料金からの割引き

他社の通信キャリアからのMNPによるお乗り換えもしくは、新規加入のご契約であれば、データの増量はなんと200GBとなります。もしくは、通信料金より1,620円を24ヶ月の間割引きといったかたちになります。
機種変更によるご契約ですと、200GBのデータ容量の増量のみとなります。

他社通信キャリアの学割

18
続いて他社の通信キャリアの学割サービスについてソフトバンクと比較しながらチェックをしてみましょう。
ソフトバンク以外の通信キャリアは、同じく大手通信キャリアとして名のあるdocomoやauがありますが、今回はdocomoの学割に焦点をあてて比較してみたいと思います。

●docomoの学割

docomoの学割サービスの内容は、ソフトバンクと同じく25歳以下の方を対象としております。
データ通信量を最大36ヶ月、ボーナスパケットを6GBも増量するU25応援割があります。
docomoの学割サービスであれば、スマートフォンの基本使用料も最大で12ヶ月の間、カケホーダイプランでご契約の場合は毎月最大1,300円の割引き、カケホーダイライトプランでご契約の場合は毎月最大で800円の割引きとなります。
また、docomoもソフトバンク同様にご家族の方も「docomoの学割」適用で最大で12ヶ月の間、毎月最大800円割引きとなります。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、ソフトバンクの学割サービスについてお話しをしてきました。
ソフトバンクのみに限らず、他社の通信キャリアにおいても今年度の2016年はいままで以上に学生の方を対象としたお得なサービスやキャンペーンが多いように感じられました。
ぜひとも、この春からご家族から学生の方がいらっしゃる方は、学割サービスをお得に活用しましょう。

関連記事

ソフトバンクの学割で一番得する方法を解説!ギガ学割をフル活用しよう
家族まで助けてくれる時代に突入!ソフトバンクの学割
学生さんなら利用で節約 スマホの学割+家族
結局どれを選べば正解?スマホ料金の徹底比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧