ソフトバンク

ソフトバンクで解約違約金を取られない方法まとめ

LIG_iphonekajiruyo500s
解約違約金なんて、なくなってしまえばいいのに。。。携帯を利用している人であれば誰でも思ってしまいますよね。
これは携帯会社にとっては、大きな痛手となりますが、実際に2年縛りや3年縛りなど、機種により様々なところも管理をしにくくさせるポイントですよね。
また、実店舗に電話で聞いてみるのも早いですね。
まずはキャッシュバックのできる店舗を見て違約金と相殺させるてもあります。
[RankingVer1]
そこで今回は、少しでも縛りについての知識を知ってもらうために、携帯の違約金について紹介します。

ソフトバンクの2年縛りや3年縛りの落とし穴

まずソフトバンクの2年縛りという言葉、代理店などの場合であれば携帯購入時に特に触れられることもありませんが、契約書にはきっちりと書いています。
これには落とし穴のようなトリックがあります。
まず、2年縛りであれば、2年経ったらやめても違約金は発生しないのでしょ?と思われがちですが、そうではありません。
ソフトバンクの場合は、2年か3年自動更新型です。
2年縛りの場合は、2年経つと自動的に契約を更新されるので、また2年縛りが発生します。2年以内に解約をした場合であれば、当然解約違約金も取られてしまいます。
ソフトバンクの解約違約金は、9,500円です。
違約金ってキャッシュバックがもらえるので、特に深く考えていない人もいると思いますが、改めて見ると本当に高額ですよね。
ではいつなら解約違約金が発生しないの?ということになりますよね。
この自動更新型の場合は、最初に契約した月(例えば2月とします)の2年後の2月の1か月間のみが、解約違約金の発生しない月となります。この時期を逃してしまうと、次に違約金無しで解約する為には、更に2年後の2月まで待たなくてはいけません。

ソフトバンク間での機種変更について

2年縛りの期間中に新しい携帯へ機種変更する場合ですが、料金プランをそのまま引き継いで同じプランを利用する場合であれば、違約金は発生しません。
契約時に月々の割引を適用していますね。この割引の適用は、簡単に言えば、「2年間継続で契約すると約束するので、2年間少しだけでも安くしてくださいよ。」ということなのです。
当然のことながら、この月々の割引を適用せずに、基本使用料をきっちりと払っている場合であれば、縛りも無く、違約金も発生しないことになります。
頻繁に携帯を変更する人の場合であれば、違約金を支払ったと考えて、割引プランを適用しなければいいのです。

スマートフォンとガラケーの契約縛りの年数

機種により契約縛りの年数が変わるというよりは、その機種特有のプランにより契約縛り年数が変化するという考え方です。
まずスマートフォンの場合であれば、多くの場合がインターネットし放題と、かけ放題プランの併用になるので、月々の支払も高額になりますし、新機種もたくさん出て頻繁に機種変更をする人が多い為、2年縛りになっています。
しかしガラケーの場合であれば、利用者も少ない一方で、年配の人が利用していたり、会社の携帯として利用していたり、遊び感覚の様な感じで利用するのとは違うので、長期に渡り利用する人が多いですね。
そこでちゃっかりと、契約期間も延ばされてしまっているのです。
しかしガラケーの利用者の場合は、スマートフォン利用者の様に、ネットし放題プランを契約していないだけではなく、ネット環境自体を契約していない人もいるので、月々の支払が大変安価になりますよね。
携帯会社からすると、それでは儲けにはなりません。そこでスマートフォンが2年縛りに対して、ガラケーの場合は3年縛りです。
もしも3年後に変更し忘れたら、また3年更新。。。計6年は長い。。。
この縛りの期間が延びれば延びる程、どんどんソフトバンクから抜け出せないような感覚に襲われますね。
ちなみにガラケーの場合でも、解約違約金は、9,500円でした。

解約違約金に縛られない為には?

acc7929875fa50fdab68b1ff30059bb3_s
一つ目は、先程も記載しましたが、月々の割引を適用しないことです。そうすることにより、違約金からは解放されます。
もう一つは、MNPによる機種変更で違約金相当のキャッシュバックを受け取る方法です。
MNPによる機種変更の場合であれば、違約金の他にも、電話番号を引き継ぐ費用や、新しいキャリアとの契約事務手数料なども発生します。
ここでキャッシュバックの出番です。
キャッシュバックの金額が高額であればある程、違約金を支払ったところで自分の手元に入ってくる金額も大きくなるので、特に大きく損をしたような感覚は無くなります。
その為、携帯会社(代理店がベスト)と交渉あるのみですね。

解約違約金に関する法律改定

以前大手三キャリアのうち一社が、解約違約金について携帯利用者から訴えを起こされたことを御存知でしょうか?携帯利用者のみが、損ばかりをしてしまうという内容でした。
違約金が高額ということもあり、法律の改定が検討されて、なんと2015年4月3日に法律が改定されました。

“政府は3日、携帯電話の通信サービス契約後、一定期間内は違約金を支払うことなく解約できる利用者保護の新ルールなどを盛り込んだ電気通信事業法と関連法の改正案を閣議決定した。携帯電話の解約をめぐり苦情や相談が増加していることに対応する。”

引用:『毎日新聞:携帯電話:解約が容易に 関連法改正案を閣議決定』
ようやく待ちにまった、解約違約金の縛りから解放されることになります。
しかしソフトバンクキャリアページには、この情報は反映されていない為、法律改定後の契約から適用されるのかもしれません。。。

最後に

今回のソフトバンク解約違約金情報は、いかがでしたでしょうか?
解約違約金に対する不満は、誰しも持った経験があるのではないでしょうか?
MNPによる高額キャッシュバックも規制がかかり始めているので、早く新法律が適用されて欲しいと、ただただ願うばかりですね。
今後も携帯に関する、お得な情報を更新していくので楽しみにしていてください。

関連記事

iPhone6sに乗り換えで高額MNPキャッシュバックを貰う方法
iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選
ソフトバンクの解約について
いつ変えていいの?いくらかかるの?ドコモの違約金についてまとめ
auからMNP乗り換え検討の方!更新月を調べて違約金を0にする方法
【保存版】携帯電話の機種変更でお得に乗り換える3つの選択
携帯をドコモから乗り換えるのは得?
ドコモのおすすめスマホ7選
ドコモの人気スマホランキング
iPhone6とiPhone6Plusの違い4パターン
ソフトバンクで機種変更
ソフトバンクの乗り換えキャッシュバック

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧