ソフトバンク

知ってる?スマ放題は基本料金2700円で通話し放題!

mobile-phone-791644_1280
ソフトバンクから新しい料金プランが発表されて何ヶ月か経ちましたが、機種変更するでもなく今のケータイを使い続けていると何が変わったのかよくわからない、という方もまだ少なくないのではないでしょうか。
現在の自分に関係あるか?何か変える必要があるのか?といった疑問もあるかも知れません。
通話料に対して革命的に変わったのが今回登場の「スマ放題」です。
普通、通話をすればするほど、その料金は増していくのが常識ですが「基本料金2700円で通話し放題」なんです。
もちろんネットやメールを使うには別途料金が必要になりますが、この金額で通話料がおさまるって、すごいことです。
まずは2700円でどれだけの使い方ができるかをご紹介します。

新料金プラン スマ放題“通話し放題プラン”

この新プランの特徴は「時間帯問わず・相手の何の携帯キャリアかおよび固定電話か問わず」通話無料のプランです。

基本料

スマートフォン   通話し放題プラン 2700円
従来は「ホワイトプラン」が基本料934円で通話料が20円/30秒
オプション「ダブルホワイト」を加えれば+934円で通話料が10円/30秒
スマ放題2700円とダブルホワイトでのホワイトプラン1868円の差額は832円。
この差額を通話時間に換算すると、41分36秒。月間30日で割ると一日あたりはおよそ1分23秒。
一日に1?2分くらい通話する(毎日電話するとしたら、実際もっと長いでしょう)というホワイトプランのユーザーなら、迷わずスマ放題に変えましょう。

比較 VS「楽天でんわ」

楽天が提供する通話サービス「楽天でんわ」というものがあります。
このサービスを使うと、通話料が10円/30秒。専用アプリ経由で通話することで実現しています。月額に別途料金は発生しないため、契約中の基本料金+楽天でんわ通話料だけで通話ができます。すごいですね。
例えばホワイトプラン934円の契約で楽天でんわを利用する場合とスマ放題2700円を比較すると、月額で1766円の差があります。
通話時間に換算すると88分18秒。一日当たりおよそ2分57秒に相当する差額です。
「月額にして1766円も安い」と聞くとかなりお得な感じを受けますね。でもこのように通話時間に換算すると1日に3分足らずです。
仕事でもプライベートでも、習慣的に通話をする方なら、1日に3分程度は消化するのではないでしょうか。
としたらもう、スマ放題のほうが良いですね。

スマ放題利用でのインターネット利用料金

スマ放題で通話をお得に使いつつ、じつはネットの分も従来の料金より使い勝手が良くなります。

WEB接続料

こちらは新旧共通している接続料金。
S!ベーシックパック 300円

パケット料金

パケット料金にかなり選択肢が増えました。従来は5700円でデータ通信量が7GBでしたが、7GBまで使わないユーザー、また逆に7GBよりも必要なユーザーもいたはずです。
スマ放題でのパケット料金はこのとおり。
データ定額パック・小容量(2GB)3500円
データ定額パック・ 標準 (5GB)5000円
データ定額パック・大容量(10GB)8000円
データ定額パック・大容量(15GB)12500円
データ定額パック・大容量(20GB)16000円
データ定額パック・大容量(30GB)22500円
データ定額パック(シンプルスマホ)(200MB)2000円 ※シンプルスマホ専用

家族分まで安くするなら

ひとりで使うのに10GBや15GBまではまだしも、20GBや30GBなんて要るの?という疑問が出そうですね。
これ、とっても便利な料金体系なんです。
自分がソフトバンクだけど親や兄弟は別のキャリアだというひと、いませんか?ソフトバンクのスマ放題に統一しましょう。

家族のパケット料金は500円

データ定額パック・小容量(2GB)と標準(5GB)はひとり分ですが、10GB以降のデータ定額パック・大容量なら家族と通信量を共有できます。
例えば10GBならふたりで合計10GBまで使えます。この場合、家族の回線のパケット料金部分はデータシェアとして500円になります。
家族の回線料金もスマ放題であり、データシェアなら2700円+300円+500円。家族分回線は3500円で済むことになります。
「親はスマートフォンじゃなくてガラケーだし。」という場合には、「スマ放題 通話し放題プラン(3Gケータイ)」としてガラケーでもスマ放題を組めます。
基本料は2200円。この場合で、契約者本人と両親(3Gケータイ)の3名で10GBでプラン組むとしましょう。
本人 2700円+300円+8000円=11000円
親  2200円+300円+500円=3000円
親  2200円+300円+500円=3000円
3人で17000円。一人当たり月額およそ5667円で済むことになります。これで3人とも通話し放題。
ちなみにガラケーだとデータ通信量は傾向的にあまりかからないですから、10GBの大部分はスマートフォン利用の本人のものでしょう(笑)

まとめ トータルでも安くなるのがスマ放題

通話する場合、パケット通信おさえめの場合、家族でソフトバンクにそろえた場合のいずれもスマ放題でお得になるのがお分かりいただけたでしょうか。
少し前までは「通話料なんとかしたい…料金の組み方どうすればいいんだろう」という状態の方はたくさんいたと思います。
これからは「スマ放題で2700円」をおぼえていれば、万事解決ですね。

関連記事

相手がソフトバンクじゃなくても通話し放題の時代到来
携帯料金にお悩みのあなた!ソフトバンクをお得に使う方法
間もなく廃止ってほんと?ソフトバンクホワイトプランの現状

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧