ソフトバンク

スマ放題の料金は本当にお得か?比べてわかる料金プラン

15
ソフトバンクのプラン【スマ放題プラン】は、iPhoneやandroidなどのスマートフォンをお使いの方に人気の高い契約プランです。
しかし、実際にスマ放題はお得なのか。実は、他のプランの方が安く済むのではないか。と考えたことはありませんか?
携帯電話の使用料金は、毎月かかりますので少しでも安く抑えたいと考える方が多いでしょう。
携帯電話が必須の現代では手放すことは出来ないものの、毎月の利用料金を考えると結構な料金になりますよね。
今回は、ソフトバンクユーザー必見、スマ放題プランが本当にお得になるのかどうか他のプランと比較して検証してみました。

スマ放題とはどんなプランなのか

【スマ放題】という名前は、街中でもテレビCMでも流れていますので、恐らくソフトバンクユーザーでなくても耳にしたことがあると思います。
スマ放題はどういうプランなのかをまとめると
24時間誰とでも通話し放題、ネットもし放題、さらに余ったデータ量は翌月にくりこしも可能な料金プランです。
この言葉だけですと、お得なことばかりに聞こえますよね。スマ放題をもっと細かく確認してみましょう。

スマ放題の3つの特徴

スマ放題は、「基本プラン(通話し放題プラン)」+「データ定額パック(ネットし放題)」組み合わせることで契約することが出来ます。
どちらも組み合わせないと、いけないので料金が上がってしまうのでは?と考えますよね。
スマ放題の大きな特徴を3つ紹介致します。

①通話し放題

「スマ放題」の基本プランは、月額2,700円です。(2年契約未加入時:4,200円)
この基本料金で時間に関係なく、国内通話であれば他社携帯電話でも固定電話でもすべての通話が無料になります。ただし、この料金はiPhoneなどのスマホに適用になります。
2つ折りなどのガラケーの場合は2,200円です。(2年契約未加入時:3,700円)
また、タブレットでの契約も可能ですが、この場合は 1,700円になります。(2年契約未加入時:3,200円)
この基本料金で無料になるのは以下です。
・SMS(ショートメッセージ)
・ソフトバンク同士だけでなく、他社携帯への通話
・固定電話への通話
0180/0570などから始まる通話など、一部の番号が適用外になりますが、通常の使用方法ではほぼ無料になります。
あまり通話をしない方でも、月々1時間以上通話される方であれば、現在お使いの料金プランよりもお得になる確率が高くなります。
シュミレーションはソフトバンク公式のスマ放題ページにて確認することが出来ますので、一度チェックしてみると良いでしょう。
http://www.softbank.jp/mobile/special/sumahodai/

②ネットし放題

16
スマ放題の【データ定額パック】では、自分のインターネットの使用頻度に合わせて容量を選択することが出来ます。
現在発表されているプランは以下11種類です。
・データ定額パック・小容量(1) 国内データ通信料:1GBまで 月額料金:2,900円(2016年4月以降に導入予定)
・データ定額パック・小容量(2) 国内データ通信料:2GBまで 月額料金:3,500円
・データ定額パック・標準(5) 国内データ通信料:5GBまで 月額料金:5,000円
・データ定額パック・標準(8) 国内データ通信料:8GBまで 月額料金:6,700円
・データ定額パック・大容量(10) 国内データ通信料:10GBまで 月額料金:9,500円
・データ定額パック・大容量(15) 国内データ通信料:15GBまで 月額料金:12,500円
・データ定額パック・大容量(20) 国内データ通信料:20GBまで 月額料金:16,000円
・データ定額パック・大容量(30) 国内データ通信料:30GBまで 月額料金:22,500円
シンプルスマホのみ加入可能
・データ定額パック(シンプルスマホ) 国内データ通信料:200MBまで 月額料金:2,000円
3G ケータイのみ加入可能
・データ定額パック(3Gケータイ) 国内データ通信料:使い放題 月額料金:3,500円
3G対応の iPhone/スマートフォンのみ加入可能
・データ定額パック(3Gスマホ) 国内データ通信料:使い放題 月額料金:4,200円
スマ放題では、契約したデータ通信量を超えた場合、請求の月末まで通信速度が送受信時最大128Kbpsに低速化してしまいます。ただし、1GBごとに1,000円追加で支払うことで通常速度での通信に戻すという方法もあります。
しかし、逆に使わなかった分を翌月に繰り越せるという優れたポイントがあります。
例えば、月8GBのプランで契約した場合、今月3GBしかネットを使わなかったら、残りの5GBは翌月に繰り越して余分に利用することが出来るというわけです。
ソフトバンクでは、旧プランのパケ放題といった【7GB/月まで利用可能で月5,700円】のような料金プランがありましたが、80%の方が5GBまでの中に納まっているというアンケート結果が出ています。
極端にスマホでインターネットを使用することがなければ、スマ放題では【データ定額パック・標準(5)】を選んでおけば良いでしょう。
つまり、ほぼ収まるであろう料金プランでも月700円おとくになるというわけです。

③家族割引がお得

Family
ソフトバンクの家族契約プランに「家族おトク割」という割引プランがあります。
2回線以上契約している人は、データ定額パックの料金から2年間割引を受けることができます。
対象となるデータ定額パックは以下の通りです。
・データ定額パック・標準(5) 通常料金:5,000円 割引後料金:4,700円(300円/月)
・データ定額パック・標準(8) 通常料金:6,700円 割引後料金:6,200円(500円/月)
・データ定額パック・大容量(10) 通常料金:9,500円 割引後料金:8,500円(1,000円/月)※2016/2月現在「10GBおトクキャンペーン」が自動的に適用され、割引額は1,500円
・データ定額パック・大容量(15) 通常料金:12,500円 割引後料金:11,000円(1,500円/月)
・データ定額パック・大容量(20) 通常料金:16,000円 割引後料金:14,000円(2,000円/月)
・データ定額パック・大容量(30) 通常料金:22,500円 割引後料金:19,500円(3,000円/月)
特に申し込みが必要なわけではなく、適用条件を満たすことで自動で適用されます。

まとめ

結局のところ、どんな方ならばスマ放題に向いているのか?といいますと、以下いずれかに当てはまる方には、スマ放題を契約することで現在よりも利用料金を節約することが出来ると言えるでしょう。
・通話時間が1時間を超える人
・データ通信を月々7GBも使わない人
・家族でソフトバンクの人
前述しましたが、5GB以内で収まる方は、それだけで月々の料金プランを抑えることが出来ます。
現在ソフトバンクで契約をされている方で7GBギリギリという方ですと、割引プランの併用により料金を抑えることが出来ますが、現在のプランよりコストを安くするというのは難しいかもしれません。
しかし、通話時間が多ければ多いほど通常のプランでは無料通話というのがソフトバンク同士でなければならないことや、時間に制限があることが多いので、他社の携帯電話と通話することが多いという方であれば、データ通信が多くとも安く抑えるということは出来るでしょう。
また、家族割を使えば2年間の割引が大きく適用されるので、ご家族がソフトバンクで契約されているという方はスマ放題を使うことで大きなデータ容量プランを契約してもおとくに契約することが出来ると言えるでしょう。

関連記事

ソフトバンクのスマ放題プラン。通話料金0円で皆ビックリ!
知ってる?スマ放題は基本料金2700円で通話し放題!
ソフトバンクでスマ放題!必見のお得ポイント3つを紹介
家族割対象者必見!ソフトバンク新料金サービス「スマ放題」を賢く使う
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧