iPhone

【徹底比較】スマートホンとフィーチャーフォンの違いは?

51
皆さんは、スマートホンをお使いでしょうか。
ここ数年で勢いよく日本への普及をみせたスマートホンですが、皆さんスマートホンとフィーチャーフォンの違いをご存知でしょうか。
そもそもフィーチャーフォンとはなんなのかご存知でしょうか。
いま、携帯電話業界ではスマートフォンが著しく知名度がありますが、ここ近年ではスマートホンの普及に伴ってガラケーやフィーチャーフォンやタブレットなど知らない単語がちらほらと見られます。
スマートホン一筋で現在お使いになられていらっしゃるユーザーの方はご不要かもしれませんが、ユーザーの方の使い勝手によりましてはスマートホンよりもフィーチャーフォンの方がおすすめといえることもございます。
そこで今回はスマートホンとフィーチャーフォンの違いについてご説明をしていこうと思います。
確かにいまスマートホンは話題を集めており、時代は携帯電話はスマートホンだと言われておりますが、フィーチャーフォンというワードが飛び交う情報社会で、知っておいて損はないです。

フィーチャーフォンとは?

スマートフォンとフィーチャーフォンを比較していくまえに、まずはフィーチャーフォンについておさらいしておきましょう。
フィーチャーフォンとは、従来からあります携帯電話のことを称しております。
現代、主流化いたしましたスマートフォンと区別させる意図もあり、フィーチャーフォンと名付けられたとも言えます。
しかし、われわれユーザーからしてみますと従来からの携帯電話のことをフィーチャーフォンとはあまり呼ぶ習慣はありません。
どちらかと申しますと、皆さん従来からの携帯電話のことをガラケーと呼ばれていらっしゃるのではないのでしょうか。
しかし、ガラケーとはガラパゴス携帯電話の略であり、結論から申しますとマイナスのイメージしかないネーミングなのです。
スマートフォンとガラケーとを比較してみても、スマートフォンは圧倒的な勢いで日本に普及し始めてきましたが、一方ガラケーはどうでしょうか。
時代遅れとも言わんばかりのガラケーの存在。
各キャリアやメーカーはガラケーを改めてフィーチャーフォンとして、スマートフォンの欠点でもあるバッテリーの寿命や機種端末の重さや太さ、ソフトキーの打ちにくさなどをフィーチャーフォンでカバーすることでガラケーの再出発ともなってきているわけです。

スマートフォンとフィーチャーフォンの違い

それでは、つづきましてはスマートフォンとフィーチャーフォンの違いについてご説明していきましょう。
さきほどもご説明させていただきましたが、フィーチャーフォンはカンタンに申しますと現代の日本においては、スマートフォン以外の携帯電話をフィーチャーフォンだと認識しておくと良いでしょう。
それでは、本題に入っていきますがスマートフォンとフィーチャーフォンの違いは大きく4つのポイントがございます。いまからご説明していく4つのポイントに分けて、スマートフォンとフィーチャーフォンの違いを認識しておくと良いでしょう。

1.スペックの違い

まず、1つ目の違いはスペックにあります。
もちろん見た目やデザインもスマートフォンとフィーチャーフォンの違いとしては挙げられるポイントではあるのですが、それは誰が見てもわかることですので、中身を重点的に解明していきます。
おもに、スマートフォンのスペックからご説明するのであれば、スマートフォンはどちらかと申しますと従来の携帯電話とは少し異なり、どちらかと申しますとパソコンに近い使い方をするため、比較的スペックの高いCPUやメインメモリー等が搭載されております。
そのため、さまざまな機能を利用することができますし、処理速度においても圧倒的にフィーチャーフォンよりもスマートフォンの方が速いこともわかります。
スマートフォンとフィーチャーフォンの違いとして挙げられるのがCPUやメインメモリーなどのスペックが機種端末の重要な比較対象となるわけです。
スペック重視でスマートフォンかフィーチャーフォンか悩まれるさいには、スマートフォンのご購入が合理的であるのです。

2.機能やサービスの違い

2つ目のポイントとして挙げられるスマートフォンとフィーチャーフォンの違いは、機能やサービスです。
スマートフォンは、フィーチャーフォンと比較するとネットワークへの接続が強化されておりますし、フィーチャーフォンと比べますとより有効に快適にインターネットを利用することができます。
また、スマートフォンにおいてはアプリケーションをダウンロードすることにより、さまざまな機能を追加していくことができて、ご自身が求められる機能の備わったスマートフォンへとカスタマイズができることも大きな違いです。
しかし、スマートフォンにはフィーチャーフォンと比べていくとデメリットも生じてきます。
それはスマートフォンでは、おサイフケータイ機能や赤外線通信機能などの外部機器との連携を図ることのできる機能がついていない機種端末が多くあるため、おサイフケータイ機能や赤外線通信機能を必要とされるユーザーの方にとっては注意すべきポイントとなります。
また、これはスマートフォンとフィーチャーフォンの双方から見て言えることなのですが、スマートフォンのコンテンツはフィーチャーフォンでは対応しておりませんし、フィーチャーフォンのコンテンツはスマートフォンには対応しておりません。

3.操作性の違い

10
それではつづきましては、3つ目のポイントをご説明いたしましょう。
3つ目のポイントは、スマートフォンとフィーチャーの操作性です。
見てもわかるようにスマートフォンの多くは、タッチパネルが操作方法のメインとなっておりますが、携帯電話ではタッチパネルではなくボタン操作による操作方法が一般的です。
また、スマートフォンの場合は液晶画面へのタッチ操作により画面にキズがついてしまったり、誤って文字入力や機能操作を行なってしまったりします。
とくに多くあるユーザーの意見が女性による文字入力の不自由さです。女性の方ですと、長いネイルをされていらっしゃる方もいらっしゃるのでタッチパネルがうまく操作ができないことも多くあるそうです。
使い勝手が悪いスマートフォンを2年使うことになるのは正直苦難ですので、ご購入されるさいに実際に手にとって使い勝手は良いのか、スマートフォンとフィーチャーフォンを比較してみる必要は十分あるでしょう。

4.料金の違い

それでは、つづきましてはスマートフォンとフィーチャーフォンの違い4つ目をご説明いたします。
これは、料金です。
使い勝手と同様にユーザーの方々が重要視されるポイントなのではないのでしょうか。
一般的にフィーチャーフォンと比較してみても、スマートフォンはつねにインターネット回線に接続しているわけですから、インターネットの使用量も多くなってくるため、毎月の料金も高くなります。
これは、かつてフィーチャーフォン時代から携帯電話をずっとご利用されてきた方であれば皆さん、感じられたことでしょう。

まとめ

皆さん、いかができたでしょうか。今回は、スマートフォンとフィーチャーフォンの違いについてご説明してきました。
現代では、かなりスマートフォンの普及に伴ってフィーチャーフォンをお持ちになられていらっしゃるユーザーの方を拝見する機会は少なくなりましたが、各キャリアのショップではまだまだフィーチャーフォンのお取り扱いもしております。
そのため、フィーチャーフォンかスマートフォンかお悩みになられる方もいらっしゃることでしょう。
スマートフォンとフィーチャーフォンの違いをよく理解して、ポイントごとにおさえておきご自身の利用用途に見合った方をご購入されることをおすすめいたします。

関連記事

【保存版】スマートホン向けおすすめ無料アプリ5選
スマホ・ガラケー関係なし!ソフトバンクの良質携帯電話5種
まだまだ使えるフィーチャーフォン、ドコモ携帯ランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧