Android

そんな機能まで!?スマートフォン注目の新機種4選

smartphone-924954_640
機能の向上の著しいスマートフォン、基本的な性能の向上に加えて各社いろいろな機能を付加し続けています。
携帯ショップに行くと実にさまざまな機種が並んでいて、これからスマートフォンを新たに購入される方、機種変更を検討される方はどの機種を選べばいいのか迷われるのではないでしょうか。
スマートフォンは分割払いが効きますが、1台数万円もする高価な買い物です。
また、2年縛りもあり、おいそれと機種変更も出来ません。よほどのことがない限り、どのスマートフォンでも基本的な使用は出来ますが、購入したあとに周りの人のスマートフォンと見比べてしまって、悔しい思いをするのは嫌ですものね。
しっかり吟味して、長期にわたって愛用できる機種を選びたいですね。
そこで、今回はそんなスマートフォンの2015年の新機種の特徴的な機能をまとめました。ご購入の参考になればと思います。

高画質×高音質のXperia Z4

Xperia Z4http://www.sonymobile.co.jp/

動画(メインカメラ)は4Kに対応、フロントカメラはこれまでの220万画素から510万画素に大きく向上し、自撮りがさらに綺麗に撮れるようになりました。カメラの画素数に画質へのこだわりが見えます。
音質のほうはハイレゾに対応していて、音楽を楽しむ方にもおすすめです。
また、前機種のZ3から、PS4リモートプレイが出来るといった驚きの機能ももっています。万が一に備えての防水機能も向上し、キャップレス防水となりました。
これまでゴム製のキャップの開け閉めに手間がかかっていましたが、便利になりました。

最高スペックになったGalaxy S6

Galaxyは前機種のS5から比べて大幅な方針変更と部品変更が加えられ、まったく新しい機種となりました。
まず、これまでの生活防水機能がなくなったり、SDスロットがなくなったためデータ容量が増設出来なくなったり、バッテリーが内蔵型となり交換出来なくなったりなどのデメリットがあります。
一方、ディスプレイは解像度2560×1440というQuad HD高解像度で、1インチ四方に577ピクセルがつまって驚くくらいシャープな画面となり、カメラはF値1.9と明るいレンズを搭載し、薄暗い室内でも綺麗に撮れるように、またCPU(コンピュータの頭脳)は最新64bit Snapdragon 810チップを採用し驚くほどの高速処理になりました。
驚きの機能としては充電の高速化とワイヤレス充電機能の内蔵がなされ、たった10分の充電で4時間の使用が可能に。また、Samsung Payに対応し、クレジットカード代わりにして、店舗などで決済できるようになりました 。

斬新な曲面ディスプレイを採用したGalaxy S6 Edge

Galaxy S6 Edgewww.samsung.com/jp/

スペックは上記のGalaxy S6と違いがありません。
違いはその独特な、左右が曲面になっているディスプレイです。
前機種では右側だけが曲面になっていましたが、今回は左右両側が曲面となって、さらに美しいデザインとなりました。
また、カーブ部分を効果的に使ったエッジスクリーンUXが特徴的で、エッジ部分に、よく連絡する相手を最大5人まで登録でき、不在着信、未読のメールやSMSがある時に表示される画面端のラベルをスワイプするとすぐに呼び出せるピープルエッジを搭載。
それぞれのアイコンをタップすることで、すぐに電話をかけたりメールが送信できて便利です。

画像処理エンジンがより進化したAQUOS SH-04F

IGZO液晶ディスプレイで省電力・電池長持ちが特徴のAQUOSですが、SH-04Fでは全面の上と左右の余白を極力少なくした三辺狭額縁による『EDGEST』デザインを採用し本体前面に画面が占める比率は業界トップクラスの約81%に。
まさに画面を持ち歩くといった印象になっています。一番のオススメ機能はリアルタイムHDRです。普通、写真を撮影するとき、被写体が黒くつぶれてしまったり、白く飛んでしまうようなことが起きますが、HDRでは露光を変えて、複数回撮影し、その写真を合成することで、明るいところから暗いところまでがまんべんなく見える写真を撮ることができます。
これまでのHDRはそのために1回のシャッターで複数枚の写真をとっていて処理に時間がかかっていたのですが今回のSH-04Fで採用された「リアルタイムHDR」では、その名の通り、このHDRをリアルタイムで処理し、1回の撮影で写真を生成できるようなりました。これで、連続してシャッターを切ることもできるようになりました。

まとめ

進化し続けるスマートフォンですが、基本的な機能はもう出揃ってきた感があります。
そんななかでも、各社工夫を凝らして特徴的な機能を打ち出してきています。
どの機種でも画面の解像度が高くなり綺麗になってきました。ワンセグはフルセグ対応にと変わってきて、より綺麗に見えるようになりました。
また、カメラへのこだわりも各社強く特徴が出てきています。AQUOS SH-04Fのように画像処理エンジンに高機能を持つものも面白いと思います。
数字では見えない、実際に使ってみないとわからない高機能・新機能がありますが、ぜひ店頭で触ってみていただきたいと思います。

関連記事

スマホを買い換えるなら絶対新機種!こんな機能が便利!
スマホの新機種はここが進化した!オススメ機種はこれ!
最新スマホ情報最前線!今が熱いスマホはこの機種だ!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧