ソフトバンク

スマートフォンならどれがお得?料金と仕様を徹底比較!

iphone-916399_640
現在、数多くのキャリアやメーカーから販売されているスマートフォン。皆さん、どちらのスマートフォンをお使いでしょうか。
従来の携帯電話から比較してみると、通話機能やメール機能はもちろん、さまざまなツールや性能、耐久性にアプリケーションを付け備え、考えられないスピードで進化をとげているのがスマートフォンです。
そんな素晴らしいスペックを持ち合わせて誕生したスマートフォンですが、購入しようと思えばスマートフォン本体の価格に、契約する回線、つまりキャリア選択をして毎月の月額利用料を支払う必要性が出てきます。
スマートフォンやキャリア、そしてキャンペーンにもよりますが料金は大きく変化してきます。また、料金は変わらなくても性能の良いスマートフォンや、価格は高いが、スペックはいまいちだと感じるスマートフォンももちろんあります。
それらは、ご利用になられるユーザーの方々一人一人によって大きく変わってきます。使い方や求める性能にも左右される、当然のことです。しかし、それでもどのスマートフォンがお得なのか、仕様が良いのか、知りたいのは人間の性でしょう。
そこで、今回はスマートフォンのお得な料金、仕様を徹底的に解明しご紹介していこうと思います。これらの情報をまえもって知っておけば、スマートフォン選び、ご購入時やご購入後に悩まされたり、後悔する必要はもうなくなります。
ご自身の求めている性能や料金をもとに、こちらの記事を読んでいただければ、きっとあなたに合う最高のスマートフォンに出会えること間違いありません。
それでは、お得なスマートフォンの料金、仕様情報を見ていきましょう。

iPhone 仕様は同じでもキャリアで異なる料金

iphone-830480_640
アップルが手掛けているこのiPhoneシリーズは日本国内スマートフォンシェア市場で5割以上ものシェアを獲得しており、いま日本国内で人気のあるスマートフォンといえばiPhoneシリーズだということは言うまでもないかと思います。
また、そのシェアを拡大に大きな影響を及ぼしたきっかけがソフトバンクのiPhone導入から始まり、数年後auでの取り扱いも決まり、2年前にはiPhone5Sからドコモも導入が決まりました。
これにより、いままでiPhoneを持ちたかったユーザーはわざわざソフトバンク、もしくはauに乗り換えるしか手段がなかったのですが、ドコモ導入に伴い、キャリアを動かすことなくiPhoneを持つことができたことが大きなきっかけでしょう。
しかし、どうでしょう。どのキャリアでiPhoneを使おうと性能は同じです。これは、iPhoneだけに言えたことではありません。キャリアは違えど、ギャラクシーやXperiaもそうです。性能や耐久性、デザインは同じで異なるのはキャリアのロゴ、ブランドに料金のみです。
キャリアに拘る方は、キャリアにこだわってiPhoneを持てば良いだけですが、別にキャリアを気にしていない、iPhoneやギャラクシーなど求めてるスマートフォンが持てれば良い方には、キーポイントは料金となってきます。ここが、大きなポイントなのです。
それでは、iPhoneシリーズを基に各キャリアの料金の違いも見てみましょう。

性能は同じ、異なるのは料金だけ?

iphone-658842_640
ドコモの場合、機種変更でiPhoneを手に入れようと思えばiPhoneの価格は、16GBで11,664円です。
auで機種変更を行おうと思えばiPhoneの価格は、実質負担金額は14,520円です。
そして、ソフトバンクでの機種変更の実質負担金額は、14,520円です。
比較してみると、機種変更に関する各キャリアの実質負担金額は、ソフトバンクとauがまったく同じの横並びとなりました。iPhoneシリーズをあとから導入してきたドコモが最も価格が安い結果となりました。
つづいて、新規契約やMNPでの乗り換えによる各キャリアの実質負担金額を見ていってみましょう。
ドコモの場合は、16GBは0円となっております。また、auやソフトバンクにおいてもこちらは同じ価格でした。
これは、各キャリアがユーザーの囲い込みを行うために、さまざまなキャンペーンやサービスを行っており、その一つとして乗り換えによるスマートフォンのご購入をほぼ0円相当での販売でサービスしているためです。
そのため、乗り換えに関して申しますとどちらのキャリアを選んでも16GBは実質負担金額は0円だということです。

まとめ

いかがでしょうか。各キャリアのドコモ、ソフトバンク、auを料金比較してみると、それぞれのキャリアで販売されているスマートフォン本体の価格はバラバラなのです。
問題は、ここからどれだけのサービスが適用されていくかが大きなポイントとなってきます。
これが、同じキャリア内での機種変更に対してはそれほど大きなキャンペーンやサービスの適用はないため、性能やデザインが同じでも最も価格がお得なのは、ドコモとなりました。
これは、従来からドコモユーザーである方々には良いかもしれませんが、他社キャリアの同じスマートフォンを持ちたいのであれば、間違いなくお乗り換えをおすすめいたします。

関連記事

一番お得なのはどこ?大手3キャリアの携帯電話料金比較
毎日使うものだから。スマートフォン料金比較表
結局どれを選べば正解?スマホ料金の徹底比較
携帯キャリア料金比較
新プランはどう活用?大手4社の携帯電話料金比較
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧