更新情報

意外と知らないスマートフォンのbluetoothのお役立ち情報

bluetooth-670069_640
スマートフォンの性能は従来の携帯電話からは予想もできないほどの進歩があります。
本来であれば、スマートフォンは携帯電話という概念から通話をするための手段のツールとして利用するべき電化製品だったわけですが、携帯電話という概念をうち破りスマートフォンの普及と同時に携帯電話業界の新しい道を今日まで見せ続けております。
通話やメールといった携帯電話としての機能はもちろんのこと、カメラ機能やミュージック機能やゲーム機能や健康意識チェック機能など挙げればきりのないほどに豊富で素晴らしい機能に満ち溢れているスマートフォンですが、皆さんはBluetoothという機能をご存知でしょうか。
携帯電話時代にもこのBluetooth機能は一部の機種端末ではあったのですが、いまほどの主流化はなくあまり活用方法の少ない機能でした。
しかし、スマートフォンの普及に伴い全スマートフォンに付けられるようになったBluetooth機能に今回は視点を向けてお話しをしていこうと思います。
スマートフォンのBluetooth機能がどのようなシーンで役に立つのか、Bluetoothの活用の仕方をご紹介していきましょう。
皆さん、知っているようで実はご存知ではないBluetooth機能をぜひチェックしてください。

そもそもBluetoothとは?

そもそも皆さんはBluetoothという機能をご存知でしょうか。
Bluetoothの主な活用手段としましては、ミュージックや音声通話なのですが、Bluetoothをいまいち理解されていない方は多くいらっしゃるようですので、まずはBluetoothについて基礎を学んで知り知識を身に付けておきましょう。
実はBluetooth機能は、あなたがお持ちになられているスマートフォンにあるだけではその意味を成しません。周りにBluetooth対応の電子機器があって初めて役に立つというわけです。
まず、Bluetoothとはデジタル機器用近距離無線通信の規格の一つを称しております。
Bluetoothの機能を持ち合わせている代表的な電子機器にはどんなものがあるのかと申しますと、スマートフォンなど携帯電話にパソコンやコンポや自動車のナビやデッキです。
そしてこれらのスマートフォンや携帯電話やパソコンやナビなどを有線のケーブルを使うことなく、無線のワイヤレスで電子機器どうしを接続して音声やデータなどを共有し合う機能のことをBluetoothと呼んでおります。
わかりやすいたとえでご説明するのであれば、スマートフォンと自動車のデッキとをケーブルを使うことなく無線のワイヤレスBluetoothで繋いで音楽を流して楽しんだりすることができます。
わざわざ有線ケーブルを使用する煩わしい作業過程が無いことが大きなメリットで魅力です。

Bluetooth機能の赤外線通信の違い

さきほどもご説明したとおりBluetooth機能とは、有線ケーブルを使うことなく無線のワイヤレスを使用するものです。
携帯電話やスマートフォンには赤外線通信という機能があることは皆さんご存知かと思われますが、Bluetooth機能と赤外線通信と同じ無線のワイヤレスで、有線ケーブルも使わないこの機能はどこがどう違うのか、これはスマートフォンをご利用になられているユーザーの多くの方が疑問に感じられるようです。
そこで赤外線通信とBluetooth機能がどう違うのかをチェックしてみましょう。
赤外線通信の規格は皆さんご存知でしょうか、IrDAと呼ばれるものなのですが、Bluetoothとまったく同じであるどちらも無線を利用した通信です。
それならば、一体なにが違うのか気になるところですが、赤外線通信の利用方法は、主に電話帳の交換でしょうか。
それに比較してBluetooth機能は、他の電子機器との無線の通信を行いあらゆる情報共有をはかれますが、赤外線通信とBluetooth機能の大きな違いは、通信可能距離にあります。
赤外線通信の通信可能距離は、最大でも1m程度であることに対してBluetooth機能の通信可能距離は、電子機器間の距離が10m以内であれば壁など、屋内や屋外関係なく通信のやりとりが可能なわけです。
また、もう一つ赤外線通信とBluetooth機能には違いがあり、それがBluetooth機能では音楽や動画などの大容量のデータのやりとりを行うことは容易くて、消費電力も比較的低いことが赤外線通信に対して大きなメリットとも言えます。
そのため、最近のスマートフォンでは赤外線通信よりもBluetooth機能が普及し始めてきていることがわかります。
それでは、赤外線通信に比較してBluetooth機能がスマートフォンの機能の一つとして普及してきておりますが、皆さんのBluetooth機能の主な使い道とはどのようなことなのでしょうか。
さきほどもご説明させていただきましたが、赤外線通信とは異なりBluetooth機能を利用することでスマートフォンや携帯電話、パソコンやノートパソコン、ゲーム機などのさまざまなデジタル機器のデータ共有のやり取りに対応しております。
たとえば、Bluetooth機能の役立つ使い道としましては、スマートフォンではBluetooth機能を使ったアプリケーションを利用することによって、スマートフォン同士で連絡先の交換を行なったり、画像を共有を行なったりデータの通信が可能です。
また、その他のBluetooth機能の役立つ使い道としましては、Bluetooth機能対応のワイヤレスイヤホンをご購入いただくことで、スマートフォンなどBluetooth機能対応の電子機器に繋げることでハンズフリーで通話を利用することができたり、ミュージックを楽しんだりすることができます。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか。
今回は、今後必ず役に立つBluetooth機能についてお話しをしてきました。
役に立つBluetooth機能の使い道やBluetooth機能と赤外線通信の違いなどを知っておくことで、正しい利用ができます。
ぜひ、この機会に覚えておくと良いでしょう。

関連記事

スマートフォンのbluetoothはカーナビと接続して賢く使おう

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧