ソフトバンクの料金プラン

スマートフォンの料金をさらに安くするためにするべきこと

52
毎月必ず支払いする光熱費や家賃。そしてスマートフォンの料金。光熱費ばかりではなく、最近ではスマートフォンの料金を節約する人も増えていると思います。
便利で、生活に欠かせない存在となったスマートフォン。毎月支払いをしている料金だからこそ、わずかでも節約できれば年間を通して大きな額になる事も。
毎月のスマートフォン料金を安くするためには、どういった方法があるのでしょうか。

自分に合った料金プランを選ぶ

毎月支払いをしている、スマートフォンの料金。だいたいこれくらいの値段だろうと、何となく支払いをしていませんか。
料金明細をきちんと見たり、自分がどの程度のデータ容量を使っているのか把握している人は少ないと思います。
スマートフォンの料金を安くしたいのであれば、自分に合った料金プランを選ぶ事が大切です。
それぞれのキャリアでは、契約した頃にはなかった新しいプランが出ている場合も。生活環境の変化によって、スマートフォンの使い方に変化はありませんでしたか。
料金プランの見直しをすることで、節約に繋がる可能性もあるのです。

パケットし放題は必要か

多くの人が、スマートフォンを契約した際にパケットし放題にしていると思います。ガラケーが主流だった頃から、パケットし放題は定番の料金プランでした。
パケットし放題は、月に7GBを超過すると一般的に通信制限になるとされています。低速になるので、インターネット通信に時間がかかってしまうのです。
しかし、これほどフルにデータ容量を必要としている人ばかりではないと思います。現在ではスマートフォンの通信をWi-Fi回線でする人、必要最低限しか使わない人も多いと思います。
そういった場合、月に使うデータ容量を選べるプランに変更してみるのも良いのではないでしょうか。3GBなどの小容量から、10GBなど大容量も。
自分にあったデータ容量を選ぶ事で、料金の節約に繋がる場合もあります。

通話量に応じて

53
スマートフォンの料金を高くする要因に、通話料があると思います。ついつい長電話をしてしまった月の請求金額が高額になり、驚いた経験ありませんか。
現在は、スマートフォン同士の通話をアプリを介して行う事で料金の節約が出来ます。お互いにLINEユーザーであれば、アプリを通せば無料です。
さらにLINE通話を使えば、LINEに登録している店舗への10分間の通話が無料。また固定電話や国際電話もお得になります。
他にも050+など、スマートフォンでの通話を、お得な料金で行えるアプリも充実しているので活用してみるのも良いのでは。
キャリアの料金プランでは、今まで通話がお得になるためには条件がありました。同じキャリアであること、家族である事、時間帯など。
しかし、現在ではそれぞれのキャリアで24時間、誰とでも通話場無料で行えるプランが登場しています。
他社や固定電話へ無料で通話が出来るプラン。スマートフォンで通話をする機会が多い場合、料金プランを変更することで、大幅な料金の節約に繋がる事も。
また通話をする時間が短い場合は、5分間の制限を持つ事でもっと安い料金で加入できるプランもあります。月の通話量を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

端末料金を安くする方法

51
スマートフォンの端末料金は、分割で支払いをしている人が多いと思われます。
それぞれのキャリアは、ユーザー獲得に向けてさまざまなキャンペーンを打ち出しています。
こうしたキャンペーンを活用することで、毎月支払う端末料金を抑える事が出来るのです。

下取りの際の注意点

現在、それぞれのキャリアでは下取りのキャンペーンが行われています。
今まで使っていた端末を下取りしてもらい、新しく購入するスマートフォンの料金から割引されるキャンペーンです。活用して、お得に購入する人も多いです。
気を付けておきたいのは、下取りをするとスマートフォンは初期化されます。下取りをする前にバックアップをしておく必要があります。
初期化されてしまうと、データが無くなります。新しいスマートフォンに電話帳などのデータを引き継ぐためにも、下取り前にバックアップをしておくと安心です。
もちろんバックアップが完了していない場合は、後日郵送でも対応してくれます。割引の適用は全ての処理が完了してからになります。
万が一のためにも、バックアップを日頃から習慣としておくとこうした場合もすぐに手続きが行えるので便利ですよね。

MNP乗り換えでお得に使う

54
また、番号を変える事なくキャリアの乗り換えが可能になったMNPサービス。
このMNPが開始されたことによって、ますますユーザー獲得に向けた競争は激しくなっています。
契約する料金プランに応じて毎月の割引があるもの、その場で新しく購入するスマートフォンの料金から割引されるものなどそれぞれ。
思い切って乗り換えをして、スマートフォンをお得に購入してみるのも良いのではないでしょうか。

乗り換えのタイミング

乗り換えをする際に気を付けたいのはタイミングです。多くのスマートフォンの料金プランは、安く使える代わりに最低でも2年間使うようになっています。
2年以内の解約の場合、解約金として9,500円が必要な場合も。乗り換えをするのであれば、契約更新月の1か月を狙って行いましょう。
またMNPをする際には、手数料が発生します。今まで契約していたキャリアに、MNP転出手数料として2,000円から3,000円。新しく契約するキャリアで、新規契約事務手数料として3,000円が必要になります。
手数料は、お得になるキャンペーンで充分まかなえる金額です。しかし解約金となると、話は別。MNPをする前に、契約プランを確認してみましょう。

スマートフォンの料金見直しは定期的に

新しいスマートフォンを購入する意外で、携帯ショップに行く機会は少ないと思います。
しかし、スマートフォンの料金を節約するためには、たまにはショップを訪れてみる事も大切だといえます。
不要な有料コンテンツに入っていないか、自分に合った新しい料金プランが出ていないのか確認することが出来ます。
こうした料金を見直す事が、料金の節約に繋がる場合もあるのでは。機会を見付けて、ショップに出掛けてみましょう。

関連記事

スマホの料金を節約するために知っておきたい裏技5選
Wi-Fiを使ったお得なスマホ節約術で通信費を削減しよう
スマホを安くGETし、安いプランで運用するお得な節約術
どうしたら安くなるの?絶対やるべき通信費節約術5選
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧