更新情報

結局どうなの?スマートフォンとタブレットの2台持ち

technology-791029_640
スマートフォンは機能も性能も充実してとても便利なIT機器となりました。
一方でタブレットと呼ばれる大画面のものもあり、はたまたその中間のファブレットと呼ばれる画面サイズのものも登場した昨今ですが、出来るビジネスマンの中にはそれらのうち複数を使い分けている方も多くおられます。
スマートフォンしか使っていない方にはなかなか想像が付かないかと思いますが、スマートフォンとタブレットを2台持ちした際にどういった使い勝手の向上があるのか、例としてこういった点で便利になるというシーンをいくつかご紹介したいと思います。
実際、やってみると離れられなくなる使い勝手の良さです。試してみようかな、と思われる方の参考になればと思います。

大きな情報量を扱うならやっぱりタブレット

スマートフォンは片手て扱えるサイズながらあらゆる機能を備えた万能の機器だと言えますが、やはり閲覧性と文字入力においては画面の大きなタブレットのほうがやはり使い勝手が良いです。
例えば移動中、パソコンを開くほどではないのだけれどもメールに添付された資料を閲覧したり長めの返信を書いたりといった利用シーンであれば、やはりスマートフォンでは画面が小さく閲覧しにくい、文字が入力しづらいといった状況があります。
こういったシーンではタブレットが大活躍します。
最近ではテザリング(スマートフォンを経由してインターネットに接続すること)が使えることもあり、Wi-Fiタイプのタブレットでもインターネットに接続出来るようになりました。
スマートフォンとタブレットの2台があれば作業効率は断然上がります。

逆にタブレットだけだと出来ないこと

bar-621033_640
ちょっとした作業に便利なタブレットですが、文字の入力中には複数ウィンドウが開けません。
Webブラウザでいろいろ検索しながら文章をまとめる、そんなときはスマホで情報検索してタブレットで入力する、という使い分けをすると、とても便利です。
はっきりいってノートPCで複数ウィンドウを立ち上げて作業するより、タブレット&スマホのほうが使い勝手は良かったりします。
コピペが使いたいときは、スマートフォンでオンライン共有できるメモ帳(evernoteやiOS標準のメモ帳)にコピペすれば、タブレットのほうで編集が出来ます。

バッテリー問題

バッテリーの容量がだんだんと増えてきていますが、それでも1日のIT処理のすべてをスマホで行っていると夕方にはバッテリー切れの不安が、ということが結構あります。
タブレットを使えるシーンではタブレットを使用し、その他はスマホとすることで、スマートフォンのバッテリーの持ちは格段にあがります。
例えば電車で立っているときはスマートフォンを使い、座れるときはタブレットを使う、などの使い方がオススメです。

2台持ちの維持費

calculator-723925_640
以前は外出先のWi-Fi環境がない場所でもタブレットを使おうと思うとセルラータイプのタブレットを購入して通信会社と契約を行う必要がありましたが、現在ではスマートフォンにテザリング機能が付き、スマートフォン経由でインターネット接続が出来るようになりました。
また、新幹線の中や駅周辺、カフェなど公衆Wi-Fiが使えるエリアも多くあり、都市部であればWi-Fiを探すのにあまり苦労がないかと思います。そこで、おすすめしたいのがWi-Fiタイプのタブレットとスマートフォンの併用です。
こちらであれば、どこでもいつでもタブレットでインターネット接続とはいきませんが、タブレットの月額維持費はかかることなく大体のシーンでタブレットを活用することができます。

スマートフォンとタブレットの2台持ちとファブレット

スマートフォンとタブレットの中間的なサイズのガジェットとして、ファブレットと呼ばれるサイズのものが出ています。
スマートフォンと比べるとかなり大きく、手の大きな男性でも片手持ちは難しいですが、これ1台があればタブレットよりは閲覧性や入力効率は下がりますが、それでもスマートフォンよりも作業効率は上がるでしょう。
スマートフォンよりも携帯性で劣り、タブレットよりも閲覧性・操作性は劣りますが、しかしながら両方のいいところを必要最低限で兼ね備えていると言えます。
2台持ちだとかさばってしまうのが嫌だとか、あるいは購入費用が安いほうがいいという方であれば、ファブレットも選択肢に入るかもしれません。
ただ、やはり通話にはファブレットは大きすぎるようで、通話専用機は別に持つようにしている人も多く見かけます。

まとめ

マルチな機能をもち片手で操作できるほどコンパクトなスマートフォン、大画面で閲覧性に優れ文字入力もしやすいタブレット、それぞれに長所短所があると思います。
これらを使い分けることで利便性が上がるシーンはここに上げた以外にもいろいろあると思います。
今はスマートフォンでテザリングも出来るようになり、高価になるセルラー型でなくてもWi-Fi型のタブレットがあれば十分活用出来るようになりました。
例えば新幹線などの長距離移動中、あるいは出先での待ち時間中、スマートフォンだけで情報処理をこなしていた方は、タブレットとの併用を試してみてはいかがでしょうか。
作業効率が倍以上に向上すること、うけあいです。ぜひお試しください。

関連記事

徹底比較!スマートフォンとタブレットはどう違うのか?
スマホがあればパソコン要らずで劇的に変わる生活スタイル
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧