iPhone

あなたは何にする?スマートフォンで着うた無料を使いこなす

PAK25_ongakudenorinoris500
あなたはあなたのスマートフォンの着信音をどうしていますか?
最初から入っていたオリジナルなサウンドから選んでいますか?
それとも何か自分の好きは音楽やサウンドをスマートフォンの着信音に設定していますか?
ある友人から、この前困ったことになっちゃったよと言われました。

Google Playで着うた無料をさがしてみれば

「新しく買ったAndroidスマートフォンでGoogle Playを見ていたら、「着うた無料」と言うアプリがあったんだよね。それで、そのアプリをインストールしてみて、コブクロの曲を入れてみようとしたら、会員になれってさ。
それで無料っていうんだから当然無料会員だと思って登録しようとしたのさ。そしたら、DocomoかauかSOFTBANKかって聞いてくるんだよ。
そして自分のところの携帯会社を選んで先に進むと、おかしいんだよね。支払いの契約ページに行ったんだよ。
それで、えぇ???? おかしくねえ???と思ってそこでストップしてよく読んでみると無料じゃないんだよね。月額300円払う契約なんだよ。これって詐欺でしょう。
そのアプリ、即刻、削除しちゃったけど、Google Playにあったんだよ。Googleって管理してないのかね?」
それを聞いて、私もさっそくGoogle Playにいってそのアプリをダウンロードしてみました。
確かに曲を選んで、ダウンロードしようとすると有料契約に誘導されます。そこで、無料の曲はあるのかなと検索してみました。
出てきたのは「無料… いい響きだ」「○○○は本当に無料が好きね!」「本当に無料が好きね!」。物まね着ボイスが3つ。「○○○」のところはこちらの個人情報を覗き込んだような内容。
Google Playで「着うた無料」で検索をかけると結構怪しげなアプリがいっぱい出てきます。
中には大手の「レコチョク」とか「ヤマハ」とか出てきますけど、そう言ったところ以外手を出さない方が無難です。
レコチョク」とかは時々、キャンペーンやサービス、おまけで着うた無料をやってますので検索に引っかかるのだと思います、誤解のないように。
フィーチャーフォンの時代、貧相な音で、それでも着メロ、しかも無料でないかさがしました。結構あったんですよね。
着メロから着うたになり着信音から着メロになってもちょっと無理があるなと思いつつ、着うたをさがしたものでした。
以前は本人歌唱でない曲を、ポイントをためたりしてダウンロードして着うたにするなどということもあったのですよ。
スマートフォンの時代になり、本当は「着うた無料」など必要ない時代になっているのに、なぜかフィーチャーフォン時代の「着うた無料」などと言う危ない化石に手を出してしまうというのはどうなのでしょう。
心が貧しいのでしょうか。

安心できる「着うた無料」取り放題は

では、自分の好きな曲を着うたにする方法です。

安心できる有料サイトなのだけれど無料のような感覚でダウンロードできる

TSU75_micmotute500
そんなサイトがあると思いますか?あるんですよ。
ですから、完全な「着うた無料」のダウンロードはあきらめましょう。
たくさんある怪しげな「着うた無料」サイトから安心できるサイトを探し出すこと、そのものが無駄な努力だと思います。
さてその方法ですが、あなたが最初に契約したプランを思い出してください。
あなたは次のサービスを契約していませんか?
? auの「auスマートパス」月額372円
? SOFTBANKの「App Pass(アップ パス)」月額370円
? Docomoサービスパックの中の「おすすめパック」月額500円
auで契約している人はかなりの人が「auスマートパス」を契約しているのではないでしょうか。
この「auスマートパス」はauのスマートフォンを契約する人にとってはSOFTBANKの基本パックと一緒でいくつかの基本的な必需品が用意されています。
例えばセキュリティー関係のサービスとかクラウド関係のサービスとかです。
ですからauショップや街の中の携帯屋さんでは必ず勧めるサービスのはずです。
この「auスマートパス」のサービスはカバーしている範囲が広くセキュリティーからいろいろなジャンルのアプリが存在し、そこに登録されているアプリは無料で使えます。
他にも会員割引で買える商品とか、宿だとか、チケットだとか、またショッピングにおけるクーポンの発行とか幅広いジャンルのサービスに及ぶのです。
なんとその中には音楽関係のWebアプリも存在し、着うた取り放題も存在します。
一つ一つ契約していったら372円では1種類くらいしか契約できないでしょう。
しかし「auスマートパス」には着うた取り放題とか、カラオケし放題とか音楽をダウンロードできるアプリが11種類入っています。
音楽だけしか使わないという人でも372円を11で割ればアプリが月額30円ちょっとで使えますし、全ジャンルの中から自分が、例えば30アプリを利用することにしらと1つのアプリが月額12円台で使えることになります。
それ以上使えば、これは限りなく無料に近づくのです。これが一番安全に安く着メロをダウンロードする方法です。
「着うた無料」というわけにはいきませんが、auは限りなく「着うた無料」に近いでしょう。
SOFTBANKの「App Pass(アップ パス)」月額370円とDocomoサービスパックの中の「おすすめパック」月額500円ですが、これにも着うた取り放題のアプリは入っています。
だから、auと同じことが言えるのですが、auはセキュリティーサービスを含んでいるので最初から契約をする人が多いのですが、SOFTBANKとDocomoはセキュリティーサービスは別なのでセキュリティー契約とは別料金で契約しなければならないということになります。
つまり、SOFTBANKはセキュリティーを含む基本パックと「App Pass(アップ パス)」を足すと月額870円、Docomoは「おすすめパック」と「あんしんパック」を足すとiPhoneの人で月額1,320円、そのほかのスマートフォンの人で月額1,220円です。
auが断トツに安いということになります。
しかし、SOFTBANKやDocomoのユーザーであってもこの考え方を使えば怪しげなサイトからスマートフォンの「着うた無料」曲をダウンロードする危険性より、はるかに安心していられるし、いくつもの有料着うた取り放題のサイトを契約するよりかは全然安いと思います。

自分で覚えれば楽しいスマートフォン「着うた無料」で作成

スマートフォンの「着うた無料」をさがすのに、怖い思いをするのはやめにして有料なんだけど出来るだけ無料に近い方法で着うたを手に入れる「スマートフォン着うた無料に近い法」を紹介しました。
ですが、無料ではありません。
気に入った曲でも気に入った演奏法ではないかもしれません。
気に入っている曲があるのだけど、この曲が「着うた」にならないかなと、最終的に思ってしまう方。これは結局、着うたを自分で作ってしまうしかないんです。
「スマートフォン着うた無料で作っちゃうよ法」をご紹介します。ただ、これはiPhone系とAndroid系では方法が違います。
若干PCを知っている方にとっては、そんなに敷居は高くないですが、パソコンは知らないという人には少し難しいところがある。
PCを持ってない人はiPhone系は出来ないかもしれない。
ところで、iPhoneにしろAndroidにしろ、自分のスマートフォンに自分のお気に入りの曲が入っていますか?それがないとスマートフォン「着うた無料」作成はできないですから。
CDで持っている人は、そこから自分のスマートフォンに取り込んでください。
これにはPCが必要です。持ってない人は、持っている人に協力を仰いでください。
後は「レコチョク」とか「アマゾン」とか有料ダウンロードサイトから購入してください。
みなさん音楽をどういった形で自分のスマートフォンに取り込んでいるのでしょう。
Androidスマートフォンの一番簡単は方法っです。
仮にSONYのXperiaを持っている人だったら、その中にスマートフォン用musi©管理アプリの「walkman」が入っていると思います。
そこでは曲を選択すると「着信音に設定」というコマンドを選ぶことができます。これは一番簡単です。
つまりあなたが持っているスマートフォンのmusic管理アプリのコマンドの中に「着信音に設定」と言うコマンドがあれば、それで終わりです。
「レコチョク」は有料ダウンロードサイトですが、そのダウンロード用アプリの中にも「着信音に設定」があります。また無料の音楽管理用アプリにもその機能を持ったものが多数あります。
つまりそのような音楽管理アプリを使えば、スマートフォンの中に入っている音楽はほとんど着信音に設定できるということです。
Androidはこれで終わったのでは簡単すぎてまずいですか、もっと難しくやるのならPCであなたの好きな曲のサビの部分を切り出して登録するという方法がありますが、やりますか?
スマートフォンのアプリで「MP3カッター」「Ringtoneメーカー」とかいうアプリが多数あります。
ほとんどが同じインターフェースで出来ているので元は一緒だと思うのですが、音楽のサビを抜き出すことができます。
そして、それを着信音が入っているところに登録するのですが、私のスマートフォンではうまくいっていません。なぜだか分かりませんが、レビューを読んでみるとやはりうまくいく人といかない人と両方いるみたいです。
PCを使って同じくPC用の「MP3カッター」で音楽の部分を抜き出し、PCからスマートフォンに移す方が間違いないと思います。
でもわざわざ、こんなめんどくさいことやる必要ありますか?
ところでiPhoneの場合ですが、正直、Androidより面倒です。
「レコチョク」のプレーヤーの中に「着信音に設定」のコマンドはありません。有料で買う場合はiTunes Storeの中の「着信音」を買います。
「iMelody」というアプリがあります。「iMelody」はポイント運営サイトです。
そしてそこのサイトでポイントを稼ぎ、そのポイントでiTunes Storeから着信音や楽曲を入手しようとするiTunes Storeに特化したサイトでポイントを貯めれば無料で着うたを手に入れることが出来るのです。
「スマートフォンで着うた無料」にこだわってやる場合、そのような方法もあります。
次に、自分で「着うた」を作る方法です。
「着うたツクール」というアプリがあります。このアプリは先に取り上げた音楽の一部を切り出すアプリです。このような機能のアプリがいくつかあります。
これは自分の好きな曲の、「着信音」にしたい部分を切り出して自分のPCのメールアドレスに、その音楽ファイルを送信し、そのファイルをPCに接続されたiPhoneとPC上のiTunesを介してiPhone端末にダウンロードするもので、海外製であるRingtone(着信音)というアプリも同じような仕組みでした。
iPhoneの方がAndroidより、好きな音楽を「着信音」に設定する方法は面倒です。
「スマートフォンで着うた無料」などいうサイトが簡単に設定出来て、音が良いというわけではありません。iPhoneはどうやっても面倒なのです。
ついつい「スマートフォンで着うた無料」などという昔の化石を追いかけてしまいがちですが、もう新しい時代に慣れましょう。
自分の好きな曲を、自分で自分の「スマートフォンの着うた」にしましょう。

関連記事

今これが熱い!みんながやってるスマートフォン人気のアプリ
スマホに変えたら必携のアンドロイドアプリ7選
今更聞けない!スマートフォンの正しい使い方

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧