ソフトバンク

衝撃!スマホの通信料を安くする3つのテクニック

誰もが持っていると言っても過言ではない程の普及を遂げたスマートフォン。
行きたいお店の地図や、すぐに知りたい情報なども、その場で調べることができてとても便利ですよね。
手放せないという方も多いのではないでしょうか?
スマホユーザーの悩みで1番多くあげられるもの。それはパケット通信料金の高さでしょう。
今回はそんな「パケット通信料を安くするテクニック」を3つ紹介いたします。
 

格安SIMを契約する

皆さんは格安SIMを知っていますか?格安SIMを使うことで、毎月の携帯料金を大幅に安くすることができます。
ただ、格安SIMを使うにはドコモのスマートフォンをお持ちの方なら問題ありませんが、SIMフリースマートフォンが必要になります。
ここではドコモもしくはSIMフリースマートフォンをお持ちの方もしくは購入検討をされている方に有効な方法をご紹介いたします。

0(ゼロ)SIMとは…

So-netには、なんと500MBまで無料の0(ゼロ)SIMがあるのです
パケット使用量500MBまでは、なんと無料。ウェブニュースをチェックする程度の使用量なら、パケット代が0円で済む可能性もあります。
毎月5GBまでのパケット使用量なら通信速度は下り225mbpsで1,600円と激安です。
500MB以上100MBごとに100円ずつ上がる料金加算方式で、最大1,600円に達する(2.1GB)と、5GBまでの使用が定額となり、月額1,600円と格安です。
その他にもDMMモバイルは1GBで590円から、楽天モバイルは3.1GBで900円からなど様々なプランが選べます。
「ネットでニュースを見るだけで、あまり使わない」「動画を見たい」など、自分のニーズに合わせて選べるのも格安SIMの魅力です。

au、ドコモ、ソフトバンク以外の携帯会社を検討する

29
携帯会社というと思い出す社名は?と聞かれたら、大半の人が、au、ドコモ、ソフトバンクを思い出すのではないでしょうか?
けれど、現在では他にもたくさん携帯電話サービスを取り扱う会社があるのをご存知ですか?
ここでは、そんな「あまり知られていないからこそお得なプランがある」会社をご紹介します。
auで知られるKDDIの手掛けるUQモバイルは2GBまでの高速通信が980円から。
大手スーパーであるイオンの手がけるイオンスマホなら1GBまでの高速通信が480円からなど多彩なスマートフォンが登場しています。
月のパケット使用量は、人それぞれですよね。多い人になると月のパケット使用量は金額に換算して100万円を超える程使っているユーザーもいます。
オンラインゲームなどを楽しんでいると、あっという間に膨大なパケットを消費します。しかし大半のユーザーは、7GBまででパケット使用量は抑えられています。
7GBで何が出来るかというと…
・YouTube高画質動画再生33時間
・web閲覧 50,000ページ
・音楽ダウンロード 約1,800曲
に該当するパケット量です。
現在の日本の携帯会社では7GBのパケットプランが、通常最も多く契約されています。
毎月7GB以下のパケット使用量で済んでいるユーザーも多数いらっしゃるはずですが、自分が毎月使用しているパケット量を把握していないために、以前から利用中のプランを継続契約し、プラン変更をされていない方も多いのではないでしょうか?
まずは請求書のパケット使用量をチェックしてみてください。
7GB契約をしているものの、毎月パケット使用量が少ない方もいるのでは?該当する方は、次の締め日までに契約を見直しましょう。
各社細かい料金プランを取り揃えているので、今よりもずっと安いプランに変更出来ますよ。
「現在7GBプランを6000円ほどで契約しているけど、毎月3GB以下の使用量だな」とわかれば、半額で済む可能性もあります。
3,000×12ヶ月=36,000円すごく大きな金額ですよね。
世界各国から見ると日本の携帯料金はパケット代が高いといわれています。
自分に合ったプランをチョイスすることで少しでも節約していきたいですよね。

ポケットWi-Fiを併用し、思う存分ネットを楽しもう

wifi
ここでは、月定額6,000円程の7GBプランを契約されているユーザーで、毎月7GBギリギリで収まっているけれど今のままでは不安。
パケット料金を今以上かけたくないけれど、スマートフォンを今よりもっと楽しみたいという方に向けて魅力的なパケット料金プランの契約方法をご紹介したいと思います。
au、ソフトバンク、ドコモの携帯を持ち続けたいというユーザーも多いですよね。
上記三社の提供する機種や対応エリアなど、各携帯会社にそれぞれ良さがあり、長年使ってきた事へのこだわりや愛着もあるかと思います。
ただ、「パケット代自体を安くしたい」にこだわるならば、上記三社は、やはり格安SIMや低コスト携帯電話に比べるとパケット料金が高めの設定です。
そこでUQ WiMAXや、Y!モバイルなどのポケットWi-Fiを併せ持つことで携帯会社とのパケット契約を最安のプランに変更しながらも、これまでの携帯会社スマートフォンを使う事ができ、尚且つパケット使用量は最大に、料金は最低にすることができます。
ポケットWi-Fiと言うと荷物になる、持ち歩きが不便などのマイナスイメージがありませんか?
現在のポケットWi-Fiモバイルルータは、スマートフォンよりもサイズが小さいものが多く、持ち運びにはとても適しています。
ズボンのポケットに入れられるサイズのものも多く、荷物になる事はありません。
携帯会社のパケット使用量が契約パケット付近になったらメールで通知する設定をして、契約のパケットに達成する前にポケットWi-Fiに接続するようにすれば携帯会社とのパケット使用料を超えることは、まずありません。
加えて、携帯会社のパケットを最安のプランにしても、ポケットWi-Fiを併用することで、今まで以上の料金が掛かるのではないかという懸念もあると思います。
みなさんが1番気になる、料金について詳しく解説いたします。
色々な会社からポケットWi-Fiが発売されていますが、今回はその中でもよく耳にする二社を例にします。
・Y!モバイルなら、月定額7GBまで1,980円
・UQ WiMAXなら、月定額7GBまで3,969円
と併用しても携帯会社の7GBプランとほとんど料金差はありません。
Y!モバイルにおいてのみいえば、安くなります。
しかも、ポケットWi-Fi最大のメリットは、7GB以降、通信速度に制限(速度が遅くなる)はあっても、追加料金が掛かることはないのです。またスマートフォン以外のタブレットやPCなどにも使う事ができるのです。
Y!モバイルなら下り最大110 mbpsで7GBまで月定額1,980円。
ただし3日間での使用量が1GBまでに達すると速度制限があり、通常動画でも止まってしまう速度なのが難点です。
UQ WiMAXなら下り最大220 mbpsで7GBまで月定額3,969円。
ただし3日間で3GB使うと速度制限がかかります。しかし、制限がかかっても下り13.3 mbpsとYouTubeの標準動画が止まらずに見られる程度の制限なのでほぼ無制限と変わりありません。
低コストの割にはクオリティーの高い高速通信が楽しめます。

まとめ

スマートフォンのパケット通信料を安くするためのテクニックを紹介してきましたが、皆さんに合う方法は見つかりましたか?
スマートフォンが登場したことで、いわば小さなパソコンを持ち歩くことができるようになりました。
「知りたいことがすぐ調べられる」すごく便利ですよね。「SNSを通して友好の輪を広げられる」世界が広がりますよね。
「パケット通信料が安ければ、もっと楽しめるのに」そんな方も多いはずです。
「パケットを思う存分使いたいのに料金が高すぎる」「以前と同じようにパケット使い放題のプランがあれば良いのに」と思ってもないのが現状。
だからこそ、ちょっとした工夫を知ることが大切なのです。
様々なプランがあるパケット契約だからこそ、ユーザーがチョイスする選択肢の幅も広がります。
スマートフォンは、今や誰もが必需品とする時代。毎月発生する携帯電話料金だからこそ、少しでも節約したいですよね。
自分に合ったプランをチョイスすることで今よりも年間5万円以上の節約も夢ではないと思います。
ここで紹介した3つの方法がみなさんのパケット通信料節約のお役に立つ情報であればうれしい限りです。

関連記事

こうすれば安くなる!超オススメ通信料節約術ベスト5
一本取られた!スマホとガラケー2台持ちで通信料が節約!?
【ここまで安くなる!】スマホ通信料を節約する5つの裏技
Wi-Fiを使ったお得なスマホ節約術で通信費を削減しよう
スマホを安くGETし、安いプランで運用するお得な節約術

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧