更新情報

最新情報あらわる!スマホの今チェックすべき5つの情報

notebook-660565_640
つい数年前ですね。スマートフォンなるものが、世間を賑わせ始めたのは。
時代のスピードと技術のスピードは、速いものです。出たばかりのスマートフォンと比較すると、当然のことながら今のスマートフォンで出来る事は倍以上になっています。
人間が作り出したものに、振り回されるわけにはいきません。
時代についていくためにも、得する情報を切り捨てないためにも、今のスマホ業界を5つのトピックに絞ってご案内してまいります。

次は「ガラホ」

日本という島国で、独自に成長を遂げてきたガラケー(ガラパゴス携帯)ですが、スマートフォンの台頭により、一時は衰退の一途とも思われておりましたが、更なる進化を遂げようとしています。
その名も「ガラホ」。スマホのタッチパネルではなく、従来のボタン式でありながら、Androidを搭載し、ガラケーとスマホの良い所取りを実現したモデルです。
既に大手携帯会社は先行して、販売しており40代?50代を中心に好評を得ているようです。
需要に対して、期待以上の製品を市場に送り出す。日本企業の強みです。次は、「ガラホ」。要チェックです。

MVNO

MVNO。ただのアルファベットが4文字。いえいえ、違います。これからのスマホを語っていくのに重要な四文字です。
ずばりMobile Virtual Network Operator 仮想移動体通信事業者の訳になります。
なんぞや?簡単に説明申し上げます。
無線通信サービスの免許を受けられるのは国ごとに、大体3?4事業者です。日本では御馴染みの会社、ご存知ですよね。
しかし、免許のない事業者も、免許がある事業者の設備を利用して、無線通信サービスを提供することができるのです。
簡単に言うと、インターネットのプロバイダのような感覚です。これにより、皆さんの通信料の月額に大きく影響が出てきます。
これからは、端末とともに、通信会社も選んでいく時代です。

SIMフリー

PAK63_simcuttertosim20140531500
2015年5月1日。始まりました。SIMロック解除の義務化です。
SIMロックとは、簡単に言うと携帯電話会社が、携帯端末に縛りをして、よそへ逃がさないシステムでしたが、ユーザーが希望すれば、原則解除できるようになることを、「義務付け」ました。
期待されている事は、以前から可能だった、電話番号の移行に加え、他の携帯会社へ乗り換えやすくなること。すると、ユーザーの選択肢が増えるので、事業者間の競争が促され、サービス品質があがり、料金も安くなるのではないかという事です。
大手3社も軒並み合意しています。
私たち、消費者はより情報を的確に捉え、取捨選択し、自ら決定していくことが重要ということですね。

85%

何の数字かわかりますか?貴方はスマホ聞いて、まずどのモデルを思い浮かべますか?
85%は、世界のスマートフォンの総出荷台数における、OS Androidが占める割合です。驚異的なシェアですね。そして、販売におけるトップは中国、韓国の企業が上位を占めています。
日本ではまだまだAPPLEも根強い人気を誇っていますが、これからのグローバルスタンダードはどのように推移していくか、見ものです。
アップル、サムスン、そして中国シャオミィ。ios vs Android。スタンダードはどちらに傾くでしょうか。
まだまだお世話になりそうな、スマートフォン。この業界から目が離せません。

日本はやはりガラパゴス?

4adb9f315956360c1a5c9a6c4df0c84f_s
スマホのOSの世界シェア。皆さん、ご存知ですか?
Android 81% ios13% その他です。
対して、日本は?
ios 70% Android30%
見事なガラパゴスです。このデータで考えますと、日本人はスマホを持っている10人に7人はiphoneということになりますね。
世界レベルでは、全く逆になり、韓国、中国メーカーの台頭により、低価格帯のスマホの底支えにより、Androidが圧倒的シェアを誇っております。
果たして、日本はこのままガラケーに続いて、ガラパゴス化を突き進むのか。じっくり見守っていきましょう。

まとめ

去年とモデルと比べても、倍以上で進化しているスマホ。端末だけでなく、その端末を取り巻いている周りの業界も、目まぐるしく業界の構図が変わっていっています。
私たちは、何台もスマホを持ち歩くわけではないので、世間に飛び交っている情報をしっかり見極め、今の自分にはどの情報が最も重要なのかを、常にアンテナを張って、選択いしていく必要がありそうです。
良い所ばかりに目を向けるのでなく、メリットデメリットしっかり自分の中に吸収し、情報を取捨選択しながら、自分のベストチョイスを常に選択していきたいものです。
また、その状況に真っ向から挑み、私たち消費者に素晴らしい商品、サービスを提供していただいている各会社様には、感謝しなければいけませんね。
スマートフォンの今後の成長を楽しみながら、見守っていきたいですね。

関連記事

まだ知らない人も多いはず!ためになるスマホ最新情報3つ
2015、2016年はどうなる?気になるスマートフォン最新情報
最新スマホ情報最前線!今が熱いスマホはこの機種だ!
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧