ソフトバンク

スマホ料金高いと思う人がみる料金を抑える5つの方法!

皆さんは、毎月のスマホの料金についてどう感じられておりますでしょうか。
現在、お支払いされていらっしゃるスマホの料金が高いと感じられる方もいらっしゃれば、安いと感じられていらっしゃる方もおります。
しかし、大半の方は現在ご使用されている音声通話のご利用頻度や、インターネットのご利用頻度から見て、今のスマホ料金を適正だと満足して使われている方は少ないはずです。
ご契約されている方のなかには、毎月の定額分を使う事なく無駄な料金プランを組んで、結果的に高い料金で損をされている方や、毎月の料金が高い割には、毎月制限に引っかかり、その都度に追加の料金を払って高い料金がさらに高い料金へと跳ね上がっている方もいらっしゃるでしょう。
今回はそんな高いスマホの料金を少しでも抑えることのできる対策案を5つに厳選してご紹介していきます。
大幅な料金の下降が望めることではないですが、知っておけば毎月の料金を少しでも抑えることはできます。
それでは、さっそくスマホの料金を抑えて節約をする方法をチェックしていきましょう。
 

マホの高い料金を抑える方法を学ぼう!!

スマホの月額の通信料金は、LTEの使い放題プランのデータ通信だけで約5,980円前後、通話プランも含めますと、まったく通話をしない場合でも基本料金の平均は一ヶ月で約6,750円前後となります。
通信キャリア各社の使い放題のLTE定額通信プランは、最大通信量が10GBほどに設定されており、一ヶ月の通信量が標準の5GBを超えると、送受信が最大128kbpsに制限がかかるプランです。
また一ヶ月の通信量が標準の5GBを超えた場合は、128kbps通信解除を別途料金により申し込むことで通常速度で利用ができます。
しかし、これだけを見ますと、あたかも一ヶ月の通信量は標準の5GBでも足りないような印象を受けますが、利用者は本当に標準の5GBまで、もしくはご契約した分を使っているのでしょうか。

音声通話にかかる料金を安くする方法

talk
スマホの料金がハネ上がる理由として最初に考えられますことが、音声通話の料金でかさんでいるパターンです。
通信キャリアのかけ放題プランを使うことももちろん良いですし、それ以外の方法で安くする方法ももちろん良いことですので、さっそく具体的な例をご紹介しておきましょう。
毎月の音声通話の料金、高くついていらっしゃる方は要チェックです。
通話をする時間が長い人は、間違いなくカケホーダイプランへの加入がお得になります。具体的には、毎月50分以上の音声通話をしている人ならカケホーダイプランへ移行したほうが確実に安くなります。
Docomoやau、SoftBankでかけ放題のプランへ変更するには、方法があります。ご契約を確認したマイページからウェブ上で変更する方法やサポートセンターへ電話して変えてもらう方法、公式通信キャリアショップへ行って変えてもらう方法などです。
おすすめは、サポートセンターで変更してもらう方法です。なぜならば、プラン変更だけでなく、気になっていることやどのようにプラン変更するのがベストかなど、公式の通信キャリアショップで長い時間待たなくても相談することもできるためです。

指定割、家族割などを契約して安くする方法

つづきましてご紹介いたします高いスマホの料金を抑える方法は、指定割や家族割を利用する方法です。
対象がご家族のみなら、カケホーダイなどの「新料金プラン」よりも、ご家族で昔からある「旧料金プラン」でまとめたほうがお得になることが多いのです。
注意すべきことは、docomoに限っては、スマホの場合新料金プランの受付しかしておりません。
もし、ご家族間での通話がメインといった場合は、携帯ショップでたまにガラケーのキャンペーン割引きがありますので、その際に機種変更しましょう。
2台持ちなどすると手間はかかりますが通話料は間違いなく抑えられます。

無料通話・格安通話サービスを利用して安くする方法

LINE
つづきましてご紹介いたします高いスマホの料金を抑える方法は、無料通話や格安通話のサービスを利用する方法です。
スマホ同士ならば、IP電話のアプリケーションを使うことで確実に費用を抑えられます。
たとえば、「LINE」や「Skype」などが多くの人に利用されております。とくに、最近ですとスマホの利用目的が主にLINEといった目的の人も少なくないですので、LINE上で通話を行なうのが現実的でしょう。
ただ、データ通信を利用して通話するというIP電話の特性上、通話が不安定になる可能性があるという点に注意して使用すべきです。
仕事上で使うなら、電話番号の取得できるIP電話サービス「SMARTalk」が便利で、050から始まる番号を新たに取得でき、通話料も30秒あたり8円と安く利用することができます。
また、同様のサービスで「050Plus」がありますが、こちらは月額が税込324円かかるので、月額料金0円のSMARTalkのほうがおすすめです。

データ通信量を把握して適切な料金プランにして安くする方法

つづきましてご紹介いたします高いスマホの料金を抑える方法は、データ通信量を把握して適切な料金プランにする方法です。
スマホを利用する際、利用制限がかからない限りプラン変更をする人は少ないものかと思われます。
そのため、使いすぎて制限がかかり、通信速度が遅くなってはじめて通信量のことを気にする方がほとんどではないのでしょうか。
逆にめったに通信制限にかからないと、データ通信料が実は余っている、ということに気付きにくいのではないでしょうか。
そのため、適切な料金プランにすること、つまり自身の適切なデータ通信量を把握することが大切です。

Wi-Fiを有効活用して料金を安くする方法

wifi-640404_640
つづきましてご紹介いたします高いスマホの料金を抑える方法は、Wi-Fiの利用です。
ご自宅にフレッツ光などの光回線を引いていらっしゃる、あるいはWiMAXやSoftBankなどのWi-Fiルーターを持っているようでしたら、スマホに活用すべきです。
Wi-Fiでインターネットをご利用する場合は通信量がカウントされないからです。
新料金プランのスマホ代は通信量のプランで大きく変わってきますので、アプリケーションのダウンロードや動画の視聴をする際にWi-Fiルーターを活用して、スマホの契約プランを落として節約へ結びつけられるとベストでしょう。
また、アプリケーションの更新や動画のキャッシュを取得するなど、事前に通信量が多くなることがわかっているのであれば、コンビニなどの公共のWi-Fiスポットを利用するのもおすすめです。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、高いスマホの料金を少しでも抑えるための方法をご紹介してきました。
ぜひとも、さっそくトライしていただき、スマホでも料金の節約につながると良いですね。

関連記事

一本取られた!スマホとガラケー2台持ちで通信料が節約!?
【ここまで安くなる!】スマホ通信料を節約する5つの裏技
Wi-Fiを使ったお得なスマホ節約術で通信費を削減しよう
スマホを安くGETし、安いプランで運用するお得な節約術

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧