ソフトバンク

あなたも今日から実践できちゃう!スマホ料金節約術5選

スマホ料金の節約を考えるなら、今日からでも実施したいのが節約術です。
スマホ料金はとにかく高いですよね。年間を通すと、スマホにかけるお金が大変もったいなく感じてしまうほどです。
新しいスマホが続々と発売されていることもあり、ついつい新しい機種の購入を考えてしまう今の季節。
新しい機種購入による機種代金が上乗せになることで、更に高額な請求をかけられてしまったのでは、たまったものではありません。
そこで今回は、『あなたも今日から実践できちゃう!スマホ料金節約術5選』についてご紹介していきます。
 

スマホ料金節約術1.あえてモバイル通信の契約を行なわない

11
モバイル通信に必要な料金が、最近では最も高額だと言えるでしょう。
ネット料金が定額になったことにより、無制限にネットを利用できるようにはなったものの、高速通信を利用しなければほとんど使い物になりません。
その為、ついつい容量を追加購入したりなんかして使いすぎてしまうんですよね。そこであえて、モバイル通信の契約を解除してしまうのです。
最近ではどこに行っても、Wi-Fiスポットを利用できる時代です。
Wi-Fiスポットを利用する場合、個人情報が抜かれてしまう心配もあるのは事実なようですが、個人情報を抜かれてしまうようなアプリを一切利用しない手段だって、きっとあることでしょう。
その様にスマホを上手く使いこなす人なのであれば、特に公衆Wi-Fiを利用したとしても、さほど大きな問題にはならないのではないでしょうか?
※公衆Wi-Fiの利用は、自己責任のもとで利用するようにしましょう。
また、もし公衆Wi-Fiを利用するのが怖いと感じるのであれば、自宅のネット回線を通じてスマホのネットを利用するようにすると良いでしょう。
この場合は、自宅でしか通信ができないようになるので、最初のうちは面倒に感じることも多々あるかもしれませんが、そのうちすぐに慣れてくることでしょう。

スマホ料金節約術2.モバイルデータ量の自動追加機能を利用しない

モバイル通信量には、自動でデータ量を追加してくれる機能があります。現在のモバイル通信は、個人個人で必要となるデータ量に値するプランを選定するようになっています。
これがいわゆる、データ定額制なのです。
例えば現在、2GBのプランに加入していたとします。
普段は2GBも利用しないからこの範囲内でおさまっていたけれど、ある日を境にこのデータ容量では足りなくなってしまった。
そこで、便利なデータ自動追加機能を利用するようになった。
きっとこの様な人だっていることでしょう。
データ自動追加機能を利用すると、その月のデータ通信使用量が初期に設定していた容量を超えたと同時に、1GBずつ自動的に追加してくれます。
あまり使用しない月はプラン範囲内でおさまり、たくさん使用した月は1GBずつどんどん加算されていく。
これは大変便利な機能なのですが、気が付くと大変高額なモバイル利用料を請求されてしまうことだってあります。
便利だけど一歩間違うととんでもないことに繋がるので、なるべくこの機能は解除しておくようにしましょう。

スマホ料金節約術3.メール受信頻度を下げる

f070a1fe6e90cd2ba289116eabb00a8e_s
普段からネット通販を頻繁に利用する人の場合は、月々にたくさんのメルマガ配信が行なわれるので、その度にメールを受信してしまうことでモバイルデータ量の残量が少なくなってしまいます。
そこで、メール受信頻度もなるべく下げるようにしていきましょう。
例えばメールボックスを開いた時にセンターに蓄積されているメールが受信されるようにする、この様にしてみてはいかがでしょうか?
また、メール確認は1日に1回までとして、頻繁にメールBOXは開かない。こうするだけでも、通信量の節約に期待が持てるのではないでしょうか?
他にも、メールマガジンがあまりにも1日にたくさん受信されるのであれば、不要なメルマガは解除してしまうことでも、きっと通信量の節約には繋がるでしょう。
この様に、メールと言う面にも少し重点をおいて、無駄なものは解約して必要最低限の通信に留めてあげることも大切なことだと言えます。

スマホ料金節約術4.通話はアプリを利用する

通話定額プランが導入されたことで、さまざまなキャリアでお得に通話が楽しめるようになりました。しかし、このプランだってとっても高額なものです。
また実際に通話定額プランには入ってみたものの、全く利用しなかった月が出てきてしまった場合、定額料金が無駄になってしまうことになります。
これでは高額な基本料金の支払を求められるだけで、定額プランを契約した意味がありませんよね。
そこで、あえて通話定額プランには加入をせずに、アプリ間を通して通話をするようにするのです。
こうすることにより、
・定額プランは解除できる
・通話料金はかさまない
この2つのメリットが出てきます。
ただし、モバイルデータ通信を利用している人の場合は、モバイルデータ通信量が嵩んでしまうことも考えられます。
頻繁に電話を利用する人の場合は、自宅にWi-Fi環境がある場合にのみアプリ間で連絡をとることを考えるようにすると良いでしょう。

スマホ料金節約術5.格安SIMを利用する

PAK85_SIMkoukan20141025172124500
格安SIMであれば、月々2,000円以下でネットも通話も利用できる契約方法もあります。
ただしこのSIMカードを利用する場合は、本体のみ家電量販店などで購入をしなければいけません。※以前使用していたスマホでも利用できる場合もあります。
その為、新しく家電量販店で1万円や2万円も出してスマホを購入することを考えるのであれば、三大キャリアで実質0円にてスマホを購入して、必要最低限に運用した方が安くつく場合もあります。
ただし、家電量販店のポイントをたくさん保有している人の場合は、そのポイントを利用してスマホを実質0円にて購入を行なうことができますね。
この場合は、実際に支払うのは月々の維持費のみになるので、節約に繋げることができるようになるでしょう。
およそ2年間のスマホの維持費と機種購入代金を計算してみて、どちらが安いか判断してみると良いです。

まとめ

スマホの月々の料金は、年々高くなっているように感じます。
そこで最低限頭に入れておきたいのが、スマホ料金の節約術になります。
今回ご紹介した『あなたも今日から実践できちゃう!スマホ料金節約術5選』にある内容は、スマホの維持費が高くて頭を抱える人に、すぐにでも実践してもらいたい内容ばかりです。
では簡単に、今回の内容について振り返ってみましょう。

  • スマホ料金節約術1.あえてモバイル通信の契約を行なわない
  • スマホ料金節約術2.モバイルデータ量の自動追加機能を利用しない
  • スマホ料金節約術3.メール受信頻度を下げる
  • スマホ料金節約術4.通話はアプリを利用する
  • スマホ料金節約術5.格安SIMを利用する

いかがでしたでしょうか?
あっ!これなら簡単だから、自分にでもできるかもしれない。そんな節約術もあったのでは?
一人でも大きな節約となりますが、家族皆で協力をすれば大変大きな節約となります。
また、家庭でスマホを何台も契約しているのであれば、すぐにでも実践して損はしないものばかり!
今回ご紹介した節約術も、是非一度実践されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

節約主婦の裏技!携帯料金を限りなくゼロにする5つの方法
節約したい人必見!携帯電話を安い料金で使う裏ワザ6選
携帯料金を徹底比較!キャリア別超お得プラン情報5選
【完全保存版】携帯料金を一年で3万円以上節約する方法
携帯料金を簡単比較!タイプ別コスパ最良なプラン情報5選
スマホの料金を節約するために知っておきたい裏技5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧