ソフトバンク

徹底比較!スマホ料金重視ならお勧めはこのキャリアだよ!

スマホを利用している方の中には料金が高いと感じている方も多いのではないでしょうか。
現在日本国内でスマホを購入する場合にはNTTdocomo、au、SoftBankのいずれかのキャリアから購入するということが一般的になります。
また、最近では格安SIMでの運用方法も人気が高まってきているため、その通信費用の安さから気になっているという方もいらっしゃるかと思います。
しかし、料金プランだけを単純に比較してみても購入する機種により総費用が変化するため単純比較することは難しいという状況です。
ここではスマホの料金を重視する方にお勧めのキャリアがどこであるのかを徹底比較して行きますのでスマホの料金が高いと感じている方は、ここでの比較結果を参考にしていただけたらと思います。

スマホ料金の比較方法について

キャリアそれぞれの料金プランを単純に比較しても、実際には機種の購入を伴うことで端末代金が通信料金が上乗せされることになります。
そのため、機種代金も含めて比較する必要があります。
同じ条件で比較するためにはNTTdocomo、au、SoftBankから共通で発売されている機種を購入するという想定で比較する必要があるため、以下ではiPhoneSE 16GBモデルをのりかえ(MNP)で購入する場合を例に比較して行きます。

【NTTdocomo】

◇カケホーダイライトプラン(データ定額5GB)

基本料金:1,700円
spモード:300円
データMパック(5GB):5,000円
通信料金合計:7,000円(税込7,560円)
機種代金:2,376円/月
月々サポート:-1,728円
機種代金合計:648円
通信費、端末代金合計:8,208円
2年間の総費用:196,992円

【au】

◇カケホーダイライトプラン(データ定額5GB)

基本料金:1,700円
spモード:300円
データ定額5(5GB):5,000円
通信料金合計:7,000円(税込7,560円)
機種代金:2,370円/月
毎月割:-1,920円
機種代金合計:450円
通信費、端末代金合計:8,010円
2年間の総費用:192,240円

◇カケホーダイライトプラン(イチキュッパキャンペーン適応時)

基本料金:1,700円
spモード:300円
データ定額1(1GB):2,900円
iPhone SE イチキュッパキャンペーン:-1986円
通信料金合計:2,914円(税込3,147円)
機種代金:2,370円/月
通信費、端末代金合計:5,517円
2年間の総費用:132,408円
現在auではiPhoneSE専用のキャンペーンを実施しており、データ通信量は1GBとなるものの、お得に利用することができます。

【SoftBank】

◇通話し放題プラン(データ定額5GB)

基本料金:1,700円
spモード:300円
データ定額パック標準(5GB):5,000円
ウェルカム割:-432円(税込)
通信料金合計:6,568円(税込7,560円)
機種代金:2,370円/月
月月割:-1,920円
機種代金合計:450円
通信費、端末代金合計:7,578円
2年間の総費用:181,872円

◇通話し放題プラン(データ定額1GB)

基本料金:1,700円
spモード:300円
データ定額パック小容量(1GB):2,900円
通信料金合計:4,900円(税込5,292円)
機種代金:2,370円/月
月月割:0円
機種代金合計:450円
通信費、端末代金合計:7,662円
2年間の総費用:183,888円
ソフトバンクの場合にも通話定額ライトプランとデータ定額1GBの組み合わせは可能ですが、のりかえキャンペーンである「ウェルカム割」の適応が受けられなくなる他、月月割の適応もなくなるため、結果的に標準プランの方が若干安くなるという結果になっています。

【Y!mobile】

iPhoneSEではありませんが、今年の三月から2世代前のモデルでありながらも高い人気を誇っているiPhone5sがY!mobileから発売になりました。
単純に比較する対象とはならないかもしれませんが、参考として掲載しておきます。

◇スマホプランS(データ定額1GB)

基本料金:3,218円
機種代金:2,268円/月
月額割引:-1,512円
ワンキュッパ割:1,080円(12ヶ月間)
通信費、端末代金合計:2,894円
2,894 × 12ヶ月 34,728円
3,974 × 12ヶ月 47,688円
2年間の総費用:82,416円

【SIMフリー】

sim
SIMフリーのiPhoneと格安SIMの組み合わせです。
以下ではApple Storeでの販売価格と、主な格安SIMキャリアのプランを紹介します。

SIMフリーiPhoneSEと楽天モバイル5GBプランの組み合わせ

◇端末代金
Apple Storeでの販売価格:47,800円(税込51,624円)
◇通信料金
楽天モバイルの料金プラン
・音声通話月プラン5GBプラン
基本料金:2,150円(税込2,322円)
2年間の総費用:107,352円

SIMフリーiPhoneSEとFREETEL1GBまでのプランの組み合わせ

◇端末代金
Apple Storeでの販売価格:47,800円(税込51,624円)
◇通信料金
FREETELの従量制プラン(1GBまでの通信料金)
・音声通話月プラン1GBまで
基本料金:1,199円(税込1,294円)
2年間の総費用:82,680円

まとめ

ここまで、iPhoneSEを購入することを例として携帯電話キャリアや格安SIMキャリアの料金を比較しながらスマホ料金重視の方にお勧めのキャリアを探ってきましたがいかがでしょうか。
データ通信料5GBの場合にはのりかえ(MNP)による大手キャリアでの費用に比較すると、SIMフリーiPhoneSEと格安SIMの通信キャリアの組み合わせが安くなります。
データ通信量を1GBとするとauで実施しているiPhoneSEイチキュッパキャンペーンを活用することで大手3キャリアの中ではauが最も安くなりますが、相変わらずSIMフリーiPhoneSEと格安SIMキャリアの組み合わせが最も安い選択枝ということになります。
スマホを利用している方で料金を重視される方は、格安SIMキャリアへののりかえも視野にいれて検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

安く買いたい!知っておくべきスマホ料金比較ポイント5つ
スマホの月々の料金を大手3社で徹底比較してみた
一番お得なのはどこ?大手3キャリアの携帯電話料金比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧