ソフトバンク

絶対知りたい!スマホ料金を大幅節約する3つの方法とは

最近ではほとんどの方が利用しているスマホ。
スマホを利用するようになりとっても便利になりましたが、料金がどうしても高くて困っている方も多いのではないでしょうか?
スマホ代は毎月かかる固定費になりますので節約できれば節約するに越したことはないですよね!
『どうすれば安く使えるのかわからない』とわからないまま使ってしまい、1万円弱請求がきちゃってるって方もいらっしゃると思います。
そんな方向けに今回はスマホを安く使える方法を紹介していきます。
 

①各社の割引サービスを利用する

1

1-1 のりかえ割引を使う

MNP(携帯電話会社をのりかえた場合、電話番号そのままで変更後の携帯電話会社のサービスを利用できるサービス)を使って料金を安くする方法です。
のりかえ割は大手キャリアでのりかえした場合に受けられることが多いサービスです
期間によってはキャンペーンを行っていない場合や割引金額が上下しますが大体1000円から1400円ほどで割引を行っています。
注意としては2年間や1年間など期間が決まっていることがありますのでキャンペーン終了後は料金が上がってしまうことがあります。

1-2 学生割引を使う

2016年の大手3大キャリアの学生割りは25歳以下の方やまたは家族で25歳以下の方がいる方であれば受けられる割引サービスです。
大体の学生割引キャンペーンは料金の割引サービスを受けるかネットデータ容量を増量できるキャンペーンです。割引金額は大手3社の場合、約1000円から1620円の割引です。
ただ割引を受ける場合は新規加入またはのりかえが必要ですので25歳以下の方でのりかえを検討している方はのりかえ割りではなく学生割引を使った方が節約できそうですね。
こちらものりかえ割りと同様キャンペーン対象期間がありますので2年目、3年目以降の料金も注意しましょう。

1-3 ネット回線のセット割引を使う

自宅にネット回線を引いている方やwi-fiルーターをお持ちの方も多いのではないでしょうか?持っている方では大手3大キャリアではセット割引を行っています。

・ドコモ

『ドコモ光』 最大割引/月3456円

・ソフトバンク

『SoftBank 光』『SoftBank Air』『Yahoo! BB ADSL』などを利用 最大割引/月月2000円

・au

『auひかり』『J:COM』『コミュファ光』『地方ケーブルTV』などを利用 最大割引/月2160円
※データ容量によって割引金額は変わってきます
のりかえ割引や学生割引などと併用できることが多いのでネット回線をお持ちの方であれば携帯キャリアをネット回線で統一することでかなりの節約につながります。
こちらも2年目以降割引金額がかわってきますので注意です。

②機種代一括0円を利用

iphone-658842_640

2-1 そもそもスマホ機種代一括0円って?

スマホ機種代一括0円キャンペーンなど聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ただ『実質0円と一括0円ってどう違うの?』というかたもいらっしゃると思います。

・実質0円

本当は24ヶ月間端末代を支払うのですが端末代金と同じだけ割引されるようになっています。
24ヶ月以内に解約や機種変更した場合この割引がなくなってしまうので端末代は丸々発生してしまうので要注意です。
【サービス名称】ドコモ/月々サポート au/毎月割り ソフトバンク/月々割

・一括0円

本当に端末代金が0円ということです!なので端末代金と同じ割引が違うところに割り当てられます。
料金も安く使えます。2年以内に解約する場合や機種変更する際には端末代が発生しないこともメリットです。

2-2 どうやったら一括0円で端末を使えるの?

一括0円は家電量販店や携帯ショップのキャンペーンで行っていることが多いです。
新しいスマホが発表されたり発売されるタイミングで一つ前の型落ち機種が販売されていることが多いです。最新機種を求める方はこちらの方法は利用できないですね。
ただスマホ代はなるべく安く節約して使いたいという方にはこちらの方法がおすすめです。
注意としては2台以上同時のりかえや加入必須の有料オプションサービスなどがあったり適応条件が店舗によって異なりますので店舗には調べてから行った方が良いでしょう。

③格安SIMの利用

sim

3-1 格安SIMとは?

最近格安SIMという言葉をよく聞きますが『そもそも格安SIMってなんなの?』って方もたくさんいらっしゃると思います。
まず簡単に格安SIMとはなんのか紹介していきます。
格安SIMとはOCNや楽天、BIGLOBなどの企業がドコモやauなどの携帯会社から通話・インターネットの回線をかりてSIMカードを使ったインターネットや通話サービスを提供しています。
大手3キャリアに比べてインターネットや通話が安く使えるので《格安SIM》と呼ばれています。

3-2 格安SIMの料金とメリット・デメリット

・メリット

格安SIMのメリットとしてはとにかく大手キャリアに比べて大幅に値段がさがることです。
電話とネット(少量プラン)を合わせ月々1500円から2000円程度の基本料金で利用できる会社が多いです。
また電波状態などもキャリアから借りている回線を利用しているので変わりません。
電話番号もほとんどの会社がMNPができるようになっているので番号も変わらずに利用できますし、提供会社によってはドコモやauで今利用している機種もそのまま利用できる場合もあります。
ですので、お気に入りの機種や購入したばかりの機種でも変更せずに使えます。

・デメリット

大手キャリアのように24時間通話し放題プランや家族間での無料通話プランがなくなるので通話代が割高になります。
提供会社の店舗も少なくアフターサービスが電話やメールでの対応になってしまいます。
通話をすることが少なくネット利用も少ないやwi-fiがメインの方であれば断然格安SIMがスマホ料金の節約なります。
ただ通話を仕事なのでよくするという方にはあまりおすすめできません。

まとめ

今回スマホ代を節約する3つの方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
どうしてもかかってくる固定費だからこそスマホ代は1円でも安く節約して使いたいものですよね。
ただどうしても通信系は色々わかりにくい部分も多くそのまま高い料金で使いがちです。
今回紹介した3つの方法にはメリット・デメリットがありますので、自分にあったスマホの節約方法を探す参考にして頂ければと思います。

関連記事

スマホの料金を節約するために知っておきたい裏技5選
一本取られた!スマホとガラケー2台持ちで通信料が節約!?
【ここまで安くなる!】スマホ通信料を節約する5つの裏技
Wi-Fiを使ったお得なスマホ節約術で通信費を削減しよう
スマホを安くGETし、安いプランで運用するお得な節約術

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧