iPhone

ガラケーよりスマホの料金を安くするための方法!まとめ

スマホ料金は高い。そしてなかなか節約に繋げることができない・・・。だからスマホの維持費として節約をするのではなく、全く異なる別の部分で節約をする方が建設的だ。
このように考えてしまっているあなた、実はスマホ料金だってとても安くすることはできるんですよ。
最近では、スマホの維持費が5,000円以下におさえることができるケースだってあるほど!
しかも意外と思い返してみれば、スマホ維持費として月々請求されている費用の中には、明らかに無駄だと考える部分もたくさんあるんですよね。
そこで今回はスマホの月々の通信料を安くするための方法について、いくつかご紹介していきます。

増え続ける月々の出費!どこを節約する?

0I9A350615032140wakaranai_TP_V
食費・通信量・光熱費・住宅費などなど。月々節約しようと考えると、あらゆる部分で節約をすることができます。
また、節約をしてみて感じることと言えば、『月々こんなにも無駄な料金を支払っていたのか・・・。』ということではないしょうか?
人間生きていく上では、ある程度の無駄なコストを必要とするものです。それによってストレス発散などに繋げる人だっています。
もちろんスマホ料金だって、同じことが言えるでしょう。
好きなスマホを購入して、毎日ゲームなどをして自宅で過ごすことにより、外出をする分の無駄なコストを削減できる。このようにして節約をしている人だって、少なくはないことでしょう。
しかし、通信料として支払ったものは形には一切残らないお金になります。ふと何年か先にふり返って考えてみると、この通信費こそが大変無駄だと感じるようになる人だっていることでしょう。
なるべくならスマホ料金を安くしたい。そう考えたら、今できる簡単な節約術から少しずつ始めていきましょう。

スマホ料金を安くするためにできること

スマホ料金を安くするためにできることって、意外とたくさんあるんですよね。
『もう手のうちどころがない・・・。』このように感じる人の話を聞いていても、『本当にそうなの?』と思ってしまうほどです。
そもそもスマホの料金を安くするには、ざっくりと分けると端末代金・維持費と言う二通りの面で節約を考えることができます。
どんなに維持費を安くしたところで、分割した端末代金の支払いが高額で、ローンとして月々の料金にのっかってくるような形になれば、月々の支払いを安くすることは難しくなるわけです。
そこで節約を考えるのであれば、まずはこれから使用する端末を安く手に入れることは必須であると言えます。そしていよいよ月々の維持費を安くできるように考えていく。これに尽きます。
ではどのようにすれば、この二通りの節約をこなすことができるようになるのでしょうか?

スマホ端末を激安価格で手に入れる

3
スマホの端末を購入する時に節約をする。
この部分に対する節約概念が薄い人はいるようで、ただなんとなくMNP乗り換えにより高額キャッシュバックを手にして機種変更を行なった方がメリットは多いような気がすると考えられがちです。
しかし実際のところ、MNP乗り換えにより高額キャッシュバックを手にして端末を購入したところで、本当にお得であるかどうかの判断には頭を抱えてしまうところです。
実は乗り換えなんてせずに、今のキャリアで端末を購入した方がお得なケースも多々あります。
スマホ端末を購入する時には5つの選択肢があり、実際にどの方法にて端末を購入することが一番安くつく方法であるかを判断していかなければいけません。
その方法は
・格安スマホを購入すること
・キャリアポイントを充当して、お得に機種を購入すること
・MNP乗り換えにより高額キャッシュバックを手にして機種変更をすること
・MNP乗り換えにより一括0円端末を購入すること
・家電量販店のポイントを役立てて、スマホをお得に購入すること
このような方法になります。
格安スマホは1万円や2万円程度で販売されています。しかし、端末代金を支払い購入しなければいけないことで、この費用が無駄だと感じる人もいるようです。
MNP乗り換えにより受け取った高額キャッシュバックを利用して、払いきれない端末代金の一部を支払って購入するよりも、安価にスマホ端末を手にすることができることもあります。
とくに好きな機種・欲しい機種が決まっていないのであれば、格安スマホを購入するという手もあるわけです。
また現在キャリアポイントを多く保有しているのであれば、そのキャリアポイントを充当してお得に購入するのも一つの手ですし、長期に渡り同じキャリアを利用している方に送られてくるクーポンなどが利用できるのであれば、クーポンも役立てることで更にお得に端末を購入できるようにもなります。
MNP乗り換えの高額キャッシュバックにて実質0円購入を考える場合は、新規契約時のあらゆる割引を利用して0円にすることになるので、あまりお得であるとは考えにくいのですが、これが一括0円にて購入できるというのであれば、端末をタダで手に入れることができるため、大変お得にスマホを購入することができるようになります。
ただし、MNP乗り換えを行なう時には、あらゆる条件をつけられることになるため、この条件分を差し引いてもお得であると感じた場合にのみ、契約に進む必要があることになります。
このほかにも、家電量販店のポイントを保有している場合であれば、そのポイントとキャリアポイントの両方を合わせて購入したり、量販店のポイントとMNPによるキャッシュバックの両方を合わせて購入することで、よりお得にスマホ端末を手に入れることができます。
このように、スマホ端末を安く購入しようと考えれば、たくさんの方法があるわけです。
これから機種変更を行なうのであれば、まずはいかにしてスマホ端末を安く手に入れるかというところにも、注目していかなければいけないわけです。

むやみやたらと機種変更をしない

bsPAK85_garakebb20141025171133
スマホの契約は、今や2年契約が当たり前となっています。この2年というのは、契約縛りありのプランに加入をする人が一般的であるからです。
契約縛りありのプランに加入をすると、月々基本料金から割引が実施されて、お得にスマホを維持することができるようになります。
しかし、契約期間中に解約をするようなことになれば、1万円程度の違約金が発生することになります。
2年縛りありプランにて契約をしてしまうと、解約月と呼ばれる特定の月以外に解約をしてしまうと必ず解約違約金が発生します。
解約月は契約が開始されて2年後の1か月間のみで、この1ヶ月を過ぎると自動でまた2年契約が更新されることになります。
同じキャリア間で機種変更をする場合であれば、さほど2年縛りを気にする必要はなく、2年を待たずして機種変更をしたとしても、3年目に機種変更をしたとしても大きくプランの変更を行なわない限り解約違約金は発生しません。
ただし、スマホの端末を購入する場合、分割ローンにて支払いを設定しているケースが多く、このローンは契約縛り期間である2年で払い終えるように設定されています。
それなのに2年を待たずして機種変更をしてしまった場合は、機種の代金残を一括にして支払ってから機種変更を行なうことになります。
と言ったところで、2年以内の機種変更はおすすめできません。
また最低でも2年は同じ端末にて維持をするようにして、なるべくなら4年や6年を目処として長期に渡り一つの機種を使用するように考えると、余分な機種代金の支払いが発生することはありませんね。
ただし、スマホはおおよそ2年を目処に電池の消耗が激しくなるような設計になっていることが一般的だという噂もあります。
そこでもし長く一つのスマホを運用して、無駄に買い替えを行なわないことを考えるのであれば、バッテリーが交換できるタイプの機種を購入することがおすすめです。
バッテリーを交換できないタイプの機種を購入してしまうと、バッテリーの寿命とともに必ず端末の交換が必要になるので注意しておきましょう。

格安SIMにて運用をする

sim
ガラケーのプランはとにかく安いですよね。ネットを利用しなければ、1,000円や2,000円でも維持できます。
スマホをこのように低料金で維持するには、格安SIMを役立てることも欠かせないことだと言えるでしょう。
しかし格安SIMを利用すると、『三大キャリアで契約をするよりも質が落ちてしまったり、三大キャリアのサービスが使えない、何かと不安。』なんて考える人もいます。
そこで主となる機能の通話機能のみを三大キャリアで契約して、ネットは格安スマホで格安SIMを利用して契約をするという人もいるようです。
最近ではネット定額制度により三大キャリアのモバイル回線を利用すると、高額な支払いが発生するようになりました。とくにデータ定額料の低用量プランで契約をすると、1GB辺りの単価が大変高額になってしまいます。
しかし格安SIMにすれば、1か月間高速通信が使い放題で、たったの2,000円や3,000円程度で維持できることもあります。
スマホのヘビーユーザーになればなるほど、格安SIMを利用することのメリットは大きくなるので、スマホの二台持ちも視野に入れるなどして、賢く格安SIMを役立てていきましょう。

有料とつくものは解除してしまう

一見お得であるかのように感じる有料オプションも、使用しなければ単にお金をドブに捨てることと同じになります。また、有料コンテンツだって同じことです。
最近ではアプリをフル活用することにより、無料でも便利にスマホを運用できるようになっています。
キャリアショップなどで進められると、本当に必要であるかの判断に鈍り、ついつい契約させられてしまうスマホのオプションですが、なるべく月々のスマホ料金を安く維持することを考えるのであれば解除してしまうと良いでしょう。
そして、また必要になれば契約を再開すれば良いわけです。
ただし、普段からスマホを短期間で壊してしまう人などの場合は、破損時の保険程度は入っておいても損はないかもしれませんね。

使わない努力も節約の一つです

stop-634941_1280
スマホは使わない努力も節約の一つです。今やスマホは生活の一部として当たり前の存在になり、風呂やトイレの中でも使用する人がたくさんいます。
しかし、スマホをここまで生活の一部として取り入れてしまうと、今度は逆に使っていないとむずむずしてしまうという、スマホ依存に陥ってしまいます。
スマホ依存になると、とくに興味もないゲームなどをついつい購入してしまったり、無駄に有料の音楽データをダウンロードしてしまったりと、悪循環が続くようになります。
そこで一度使わない努力をしてみるのです。
たとえば通話機能であれば、とくに使用せずともショートメールやLINEなどのSNSを利用すれば、簡単に用件を済ませられるケースもあります。
普段からついつい長々と電話をしてしまう癖があるからと、電話定額プランに契約をしている人も、SNSで連絡をとる癖をつけて通話の回数を減らせば、月々の料金を大幅に安くすることができることでしょう。
更に最近ではアプリ間を連携して、通話機能を楽しむことだってできますよね。
自宅にWi-Fi環境があるのであれば尚更のことで、Wi-Fi環境下でアプリにて通話を行なうようにすると、余分な通話料の支払いは発生しません。
この他にも、自宅にWi-Fi環境があるのであれば、アプリや音楽データのダウンロードなどは全て自宅で行ない、なるべく通信を行なわないようにスマホを使用することや、歩きスマホは控えるなどでも通信量の節約を行なうことができることでしょう。
こうすれば今まで大容量プランでしか維持ができなかった人でも、一つ下の容量のプランで維持できるようになるかもしれません。
節約を考えるのであれば、使わない努力だって重要不可欠なのではないでしょうか?

複数におよぶキャリアで契約をしない

家族間でスマホのキャリアが別々であったり、スマホと自宅のネット回線を契約しているキャリアが別であるなど、複数のキャリアで契約をしてしまうと割引が利用できないようになるので大変損をしてしまうこともあります。
家族間でスマホを運用するキャリア、自宅のネット回線、電気代、自宅の固定電話など、まとめようと考えればいろいろとまとめられるものはあるわけです。
これらを一つのキャリアにしてしまうと、『月々のスマホ維持費なんてタダ同然になるのでは?』と思えるほどの割引が実施されることもあるので、とくに今契約をするキャリアにこだわりがないのであれば、全ての回線を同じキャリアにて契約を考えても良いのではないでしょうか?

まとめ

スマホの維持費を安くおさえるためには、たくさんできることがあるということをご紹介しました。
実際に節約術を実践したところ、今まで1万円程度は必ず必要であると考えていた筆者も、5千円以下まで節約をすることができたので、後々何も残すことがなく消えていくだけの通信費は少しでも安く維持できるように節約をすることがおすすめです。
とくに家族が増えれば増えるほど、1台に対する少しの節約が大きな節約となるため、家族皆で協力をして節約ができるようにしてみましょう。
では今回の『ガラケーよりスマホの料金を安くするための方法!まとめ』について簡単に振り返ってみます。
◎増え続ける月々の出費!どこを節約する?
節約とは程遠い生活になってしまうと、出費は増え続ける一方です。とくにスマホの維持費などの通信費に関しては、気をつけなければお金が湯水のようにさらさらと流れていきます。
節約を始めるなら、まずは後に何も残すことのないスマホの維持費を節約することにより、月々の出費をおさえる努力をしていくことがおすすめです。
◎スマホ料金を安くするためにできること
スマホ料金は安くすることがなかなか難しい部分であると考えられがちで、なかなか上手く節約に繋げることができない人もいるようです。しかし下記を実践することで、大幅に節約をすることができます。
・スマホ端末を激安価格で手に入れる
スマホの端末代金を分割支払いにしておくと、月々の通信費を安くしようと考えても難しくなります。まずは、いかにしてスマホ端末を安く手に入れるかを考えることも重要です。
・むやみやたらと機種変更をしない
機種変更を繰り返し、その都度分割ローンを組むことで、月々の出費は増すばかりです。なるべく一台を長期に渡り使用することにして、むやみやたらと機種変更を繰り返さないようにします。
・格安SIMにて運用をする
格安SIMを利用すると、月々低料金でスマホを維持できるようになります。スマホ二台持ちも視野に入れて、格安SIMも役立てていきましょう。
・有料とつくものは解除してしまう
使わない保険ほど、無駄なものはありません。有料コンテンツや有料オプションなど、一見便利で活用できるように感じるものも、全く使用しない月が何か月も続くような場合は一旦解除してしまうことで、節約に繋げることができます。
・複数におよぶキャリアで契約をしない
通信費や光熱費は、三大キャリアで契約を行なうことができます。同じキャリアで契約をすることにより、各種割引が適用されるようになるため、上手くいけばスマホ代金が月々ほぼ0円にて維持できるようになります。
いかがでしたか?
実はスマホの月々の料金を安くするには意外にたくさんの方法があり、今すぐにでも始められるような節約術もたくさんあるということを知って頂けましたでしょうか?
我慢ばかりをしているとストレスは溜まる一方ですが、スマホ代金を安くして浮いた費用をまた別のどこかで使用できるようになるので、慣れれば本当にスマホ代金が無駄であったと考えるようになることでしょう。
節約を始めるのであれば1日でも早い方が良いので、あなたが今できることは何かを考えて、是非1日でも早くその節約術を実践されることをおすすめします。

関連記事

スマホ料金を安くするためにWi-Fiを活用した裏ワザ3つ
スマホの料金を徹底的に抑えたい!安く使うためのコツ!
こうすれば安くなる!超オススメ通信料節約術ベスト5
一本取られた!スマホとガラケー2台持ちで通信料が節約!?
【ここまで安くなる!】スマホ通信料を節約する5つの裏技

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧