Android

スマホ人気ランキングに激震!急上昇の大注目機種3選

cell-phone-791365_1280
各キャリアで2015年春の新機種が発売になり、それまでのスマホ人気ランキングに変動があってから数週間がたちました。
そんな中、4月5月と発売された新機種の登場により、人気ランキングにも大きな変動がありました。
今回は、そんなランキングの中で大きく順位をあげた3つの機種に注目。
人気が急上昇した理由を徹底調査、この記事で最新の人気機種の性能を解説します。
ランキング急上昇した新作スマートフォンの実力、人気の秘密をご紹介します。

Galaxy S6 SC?05G

1つ目は4月23日に発売になったdocomoのGalaxyシリーズの最新作です。
5.1型QHDの有機ELディスプレイを採用したこのスマートフォンは大きく美しい画面が特徴です。
また、Android5.0のOSと2.1GHz+1.5GHzのオクタコアを搭載しているので処理性能が高く、動作速度が非常に早いです。
このオクタコアとは、octa(8つ)のコアをもつCPUのことで、この機種では2.1GHzと1.5GHzというクアッド(4つ)コアを使っています。
このことにより、前作のGalaxy S5と比べて処理性能は50%アップ、消費電力は30%ダウンしました。
メモリはRAM3GB/ROM32GBとなっていますが、メモリーカードスロットが無いため、保存容量を増やす事が出来ません。
バッテリーは2550mAhと容量は小さめですが、オクタコアによる省電力化の実現により実稼働時間約70.7時間と長時間使うことが出来ます。
カメラは約1600万画素/約500万画素で、明るく美しく撮る事が出来るので、逆光や暗い所でも綺麗な写真が残せます。
本体のサイズは高さ 約143mm×幅 約71mm×厚さ 約6.8mmで、重さは約138gと薄く持ちやすい重さのボディです。
Felicaやワンセグには対応していますが、NOTTV、フルセグには非対応で、防水や防塵にも対応していません。

Galaxy S6 edge SCV31

2つ目は、同じく4月23日に発売になったauのGalaxyシリーズの最新作です。
同じ機種でdocomoからもSC?04Gが発売になりましたが、こちらはストレージが64GBのみ。auではストレージが32GBと64GBと選べるようになっているため、auの機種で紹介します。
こちらは、先ほど紹介したGalaxy S6 SC?05Gと似ていますが、最大の違いとして画面両脇にあるデュアルエッジスクリーンがあります。
このエッジスクリーンには、よく連絡をとる相手を最大5人まで登録することができ、すぐに呼び出して連絡をとることができる「ピープルエッジ」という機能も追加されました。
この機種も、Android5.0のOSと2.1GHz+1.5GHzのオクタコアを搭載しているので、同じく処理性能が高いため、動作速度が非常に早いです。
メモリはRAM3GB、ROMは32GBと64GBを選ぶことが出来ます。ただ、やはりメモリーカードスロットが無いため、保存容量を増やす事が出来ません。
バッテリーも2550mAhと同じ容量ですし、カメラも約1600万画素/約500万画素と同じです。
本体のサイズは高さ 約142mm×幅 約70mm×厚さ 約7.0?8.4mmで、重さは約133gとこちらのほうが少し軽いです。
また、こちらはFelicaやワンセグのほかに、フルセグにも対応しています。

Galaxy S6・Galaxy S6 edge対応ヘッドマウントディスプレイの登場

今回のGalaxyは、ゴーグル型のヘッドマウントディスプレイの発売も発表になりました。
Galaxy S6、Galaxy S6 edgeと組み合わせて使うことで360度見渡すことができる映像空間を体験することが出来ます。
また、Galaxy S6、Galaxy S6 edgeで撮影した写真や動画も巨大なスクリーンで見ているかのような体験が出来るそうです。
ゲームやライブ映像など60以上のコンテンツが提供される予定とのことで、こちらのアクセサリの登場も人気がでた要因の1つになっているようです。

ASUS ZenFone5

ASUSという、台湾に拠点を置くメーカーの格安スマホです。
ここ最近で、SIMフリーや格安SIM、格安スマホというものが有名になり、スマホ人気ランキング上位に登場するほど人気になりました。そのなかでも特に人気が高かったのが、このZenFone 5です。
OSはAndroid4.4に対応、CPUは1.2GHzのクアッドコアを使っています。
メモリはRAM2GB、ROMは16GBと32GBを選ぶことが出来ます。
バッテリーは約2110mAhと小さめです。
カメラ機能は約800万画素/約200万画素で、薄暗い場所での撮影を可能にするASUS独自のPixel Masterテクノロジーを搭載しています。
端末本体のサイズは、高さ 約148.2mm×幅 約72.8mm×厚み 約10.34mmの重さ約145gです。
LTEやデザリングに対応していますが、NFCやワンセグやフルセグ、おサイフケータイといった機能はありません。

まとめ

新発売になったGalaxyの最新機種がやはり1番人気となりました。
デュアルエッジの有無での違いだけでも、同じGalaxyシリーズでも人気が分かれているのは、今回のデュアルスクリーンは機能性よりデザイン面が重視された結果だと思われます。
その一方で、スペック等では劣るものの大手キャリアではなく、格安スマホであるZenFoneの人気が著しく、大手キャリアと並ぶ程の順位となりました。
最新の機能や性能、使いやすさも重視される中で、安いもの、安くても使い勝手の良いものを求めるスマホユーザーの声が反映されている結果となりました。
これから本格的な夏にむけて新機種が続々と登場し、またランキングが大きく変動することが予想されます。今後のスマホ人気ランキングからも、目が離せません。

関連記事

皆使っている!おすすめスマートフォンシェアランキング
ついに決定!2015年上半期スマホ人気ランキング
【完全保存版】2015年春のスマホ人気ランキングはこれだ!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧