iPhone

大切な一枚を。スマホデータ移行で写真を残す2つの方法

7
スマホの最新機種は次々と発売されています。
バッテリー持ちが良くなり、カメラが綺麗になりと、新しく買い替えを検討される方も多いんじゃないでしょうか。
そんな時に一番のネックになるのがデータ移行。ちゃんと引き継げなかったり、間違ったデータ移行をして消してしまったり…。
特にスマホで撮った写真はしっかりデータ移行したいですよね。
機種変更の時に新しいスマホに焦らず写真のデータ移行が行える方法を、パソコンを使用せずにできるものに絞ってご紹介いたします。

写真の残し方・基本

phone-690091_640
まずは、基本的なところをお話します。

iPhone?Android?

現在利用しているものは、iPhone・Androidどちらでしょうか?
写真の残し方の基本はパソコンにバックアップを取ったり、SDカード対応機種でしたらSDカードに保存することが出来ます。
お手持ちの端末がどういった機能を有しているかを確認しておきましょう。
パソコンをお持ちでない場合、利用機種がiPhoneなどSDカード非対応機種でしたら今回ご紹介する保存方法を参考にして下さいね。
データ移行先がどの方法に対応しているのかも、あわせて確認しましょう。
せっかく写真のバックアップを取っても、移せなければ意味がありません。ですので、SDカードが対応してるかなど事前に確認しておくとトラブルを回避できます。

データの容量は?

次に写真のデータはどれくらいあるのかをを知りましょう。
iPhoneの場合、何GBかなどと詳細には出てきませんが、現在の端末の容量と空き容量からある程度割り出しましょう。設定のアプリ→一般→情報。これで容量・空き容量・写真枚数・動画数が確認できます。
Androidの場合、設定アプリ→ストレージ(端末によって異なる場合があります)。こちらで確認頂けます。何GBと表示が出るので目安になります。
確認ができれば準備完了です。実際に方法を見ていきましょう。どちらもメリット・デメリットありますのでしっかり確認してください。

SDカードでの移行

現在、iPhone向けにUSBタイプのメモリが各社から発売されています。
SDカードが読み取れるタイプのものもあり、できればSDカードでの保存が良いと思います。容量を変えたり、内容で分けて保存ができるSDカードは非常に便がいいです。
さらにAndroid→iPhoneや、iPhone→Androidの機種変更にも対応出来ます。
また最近増えてきたSDカード非対応のAndroid向けにもSDカードリーダーもあるのでご安心ください。個人的には双方対応している、Wi-FiでつなぐSDカードリーダーがオススメです。
前述で確認頂いた写真の容量以上のSDカードを用意することで一回で簡単に移行が出来ます。

メリット

・写真が元データのまま移行できます。(劣化がありません)
・移行しなくてもつなぐことで写真を見ることが出来る。(次機種の容量を少なくする事ができます。)
・音楽、連絡先などのバックアップも可能です。

デメリット

・容量が多いものは高価になります。
・SDカードの破損には注意が必要。
SDカードでの保存は、Androidユーザーにとってはなじみ深いものですね。
iPhoneも利用できるようになってきたことで、利用の幅が増えました。一つ持っておいても損はないかもしれません。

Googleフォトで移行

android-637457_1280
利用にはGoogleのアカウントが必要になります。無料で作成できるので事前に準備しておきましょう。Androidユーザーの方は現在のGoogleアカウントで大丈夫です。
保存方法は非常に簡単です。
アプリストアで「Googleフォト」と検索してインストールしておきます。インストールが完了したらGoogleにログインを行います。
こちらのアプリは、Googleのサーバーに保存する方法になるので、利用はWi-Fi環境をオススメしますがモバイルデータ通信でのバックアップも可能です。
バックアップの仕方を選択したらこれでOKです。Androidのみ保存方式を選択できます。
・高画質(省ファイルサイズでの保存 無制限・無料となります。)
・元のサイズ(最大解像度での保存 15GBまでは無料です。)
あとは、定期的にアプリを開いてバックアップを取っていきましょう。機種変更時もアプリをダウンロードしてログインすることで閲覧、機器への保存が出来ます。

メリット

・アプリでの閲覧なので機種に写真を保存する必要がありません。
・高画質の場合、無制限なのでいくらでも保存可能です。
・iPhone・Android・パソコンと様々な機種に対応しているので管理・共有が非常に楽です。

デメリット

・元データでの保存希望の場合15GBの制限がついています。
・Googleのアカウントを忘れてしまうと閲覧できなくなる。
大きいサイズで印刷したり、写真の解像度・画質にこだわっている方(特にAndroid利用者)は多少ですが写真の劣化を感じてしまうかもしれません。
実際に高画質モードで利用してみての所感としては、L版サイズの印刷では十分な画質でした。
閲覧やL版サイズの印刷ぐらいの利用であれば、非常におススメです。ちなみに、動画にも対応しています。

まとめ

今回は写真のデータ移行をご紹介いたしました。
機種変更の際はもちろん、普段のバックアップや端末内の容量節約にもオススメの方法ですので、ぜひお試しください。
これで、「写真移行ってどうやるの?」「一枚一枚送らないと…」なんて事態とはおさらばです。
せっかく綺麗なカメラで撮った大切な写真ですので、次の機種でも思い出して見れるようにしっかりデータ移行をしていきましょう。

関連記事

面倒なiPhoneデータ移行がラクラク!簡単な方法3選
Gmailを使ってiPhoneから電話帳を多機種に移行する方法
データを守る!スマートフォンのバックアップ方法5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧