iPhone

アプリで簡単!スマホデータ移行に関する3つの注意点とは

スマートフォンの機種変更などの買い替え時に一番億劫なのが、データ移行ではないでしょうか?
現在利用している機種や今後利用する機種によっては、データ移行の方法の様々あり、機種などによって使い分ける必要があります。
今回の記事では、何種類かのデータ移行の方法のうち【アプリ】を使ってデータ移行をした方がいい方の特徴と、アプリを利用したデータ移行の注意点を紹介していきます。

データ移行の方法

2
先にお伝えした通りデータ移行には様々な方法があります。
今現在お使いの機種や買い替え予定の機種によって使い分ける必要があります。
例えばiphoneからiphoneへ機種変更する場合は、icoludやiThunesを利用すれば、アドレス帳をはじめ写真や動画、ゲームのデータなどすべてまるごと移行することができます。
また、アンドロイドからアンドロイドであればSDカードやGoogleアカウントを利用する方法が簡単です。
このようにiphoneからiphoneやアンドロイドからアンドロイドのように同じOSにデータを移行させる場合は、簡単にデータ移行することが可能です。
では、今回紹介するアプリを利用したデータ移行はどのような方におすすめのデータ移行方法なのでしょうか。

アプリを利用したデータ移行がおすすめの人

11
アプリを利用したデータ移行はどのような場合におすすめかというと、違うOSでのデータ移行時が一番便利かと思います。
例えば、iphoneからアンドロイドの場合はSDカードも利用できませんし、赤外線も利用できません。もちろんicloudやiThunesを利用することはできませんので、アプリを利用したデータ移行が便利です。
アプリを利用すればアドレス帳のみならず写真なども移行することができるので安心です。
また、ガラケーからiphoneに移行する際は、SDカードや赤外線が利用できないので、ショップなどでアドレス帳のみ移行される方が多いのですが、赤外線がついているアンドロイドスマホがあれば、写真などもiphoneに移行することができます。
方法としては、ガラケーからアンドロイドに赤外線で写真など移行したいデータを送り、アンドロイドからiphoneへアプリを利用し、移行します。
この方法を使えば大切な写真のデータ移行などもあきらめずに済みますので、ご家族や友人の赤外線のついているスマホなどを利用しチャレンジしてみてください。

アプリを使ったデータ移行の注意点

image19
アプリを使ったデータ移行が便利なことは、ご理解頂けたと思いますが、アプリを使ったデータ移行の際に注意したい点を抑えてからデータ移行を行いましょう。

注意①wi-fi環境が必要な場合も

バックアップをアプリでデータ移行する場合、回線の切り替えが完了している場合は以前利用していたスマホでアプリをとって利用するのにネット環境が必要です。
データを送る側、受ける側どちらもネットに繋げる必要があるのでWi-Fiを利用できる環境が必要になります。
自宅にネットを引いていない場合や、Wi-Fiルーターをもっていない方は、【テザリング】を利用すればOKです。
新しいデータを受ける側のスマホでテザリングを利用して、古いデータを送る側をネットにつなげればデータ移行ができます。

注意②ダウンロード済みアプリは移せない

iphoneの場合、icloudやiThunesを利用すれば、今までにダウンロード済みのアプリをホーム画面の並ぶ通りまるまるうつすことができるので、再度ダウンロードする必要はありません。
ですが、データ移行のアプリを利用した場合、アプリのデータを移行することが可能なアプリもありますが、JSバックアップなど簡易的なデータ移行アプリではうつすことはできませんし、アプリのデータの移行はできても再度ダウンロードする必要がありますので、手間がかかります。
そのため、iphoneからアンドロイドなど別OSに移動する場合は、アプリのデータ移行が簡単おすすめですが、やはりiphoneからiphoneに移行する場合は、icloud・iThunesがやはりおすすめです。

注意③ダウンロード済みアプリの引継ぎ

別OSにアプリで移動した場合、前述でもお伝えした通りアプリを再度ダウンロードする必要がある場合があります。
そのとき特にゲームなどは最初からになってしまっては困りますよね。なので、機種変更をしたりする場合は必ずアプリ内で引継ぎ用のIDなどを発行しておきましょう。
アプリを利用しアドレス帳や写真のみ移行しても引継ぎ用のIDを用意しておけば、再度ダウンロードしても前回と同じ内容でゲームなどをプレイすることが可能です。
またアプリなどを使ってデータ移行をする必要がありませんので、手間が省けますし、データが消えてしまう心配もありません。
もし万が一切り替え前に以前のスマホで、引継ぎの作業をしていない場合も、Wi-Fiに以前利用していたスマホを接続すればゲームはプレイできますので、Wi-Fiに接続させて速やかに引継ぎ作業を行いましょう!

まとめ

スマホのデータ移行の際に便利なデータ移行のアプリを利用した場合の注意点を3点紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。
データ移行の際に利用するアプリで筆者のおすすめはJSバックアップです。無料で簡易的に利用できるので、アプリでデータ移行をするのがはじめてで不安な方でも簡単にできると思いますよ!
iphoneからアンドロイドに機種変更したいけどデータ移行が面倒という方には特にアプリを利用したデータ移行方法がおすすめですので、データ移行などを不安視して買い替えに悩んでいる方はぜひ、試してみてください。

関連記事

大切な一枚を。スマホデータ移行で写真を残す2つの方法
面倒なiPhoneデータ移行がラクラク!簡単な方法3選
Gmailを使ってiPhoneから電話帳を多機種に移行する方法
データを守る!スマートフォンのバックアップ方法5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧