Android

ユーザーの口コミで評価が高い高性能スマホを紹介します

iphone-926663_640
皆さんはどんなスマホを使っていますか。
最近はメーカー各社が様々なスマホを提供していて、性能面で見ても新機種の発表の度に良いものが出てくるので、どの機種を選んでよいのか迷ってしまいますね。
そこで気になるのが他の人はどのスマホを使っているのだろうかということです。
ここでは、口コミで評価が高い高性能なスマホを紹介していますので、機種変更をお考えの方や、最近の人気機種の動向を確認したいという方は参考にしていただけたらと思います。

位 Xperia Z4

http://www.sonymobile.co.jp/http://www.sonymobile.co.jp/

◇スペック
サイズ:高さ146mm×幅72mm×厚さ6.9mm
質量:約144g
OS:Android 5.0
CPU:MSM8994 (2.0GHz+1.5GHz オクタコア)
内蔵メモリ:(ROM/RAM):32GB/3GB
外部メモリ:(最大対応容量):microSDXC(128GB)
バッテリー容量:2930mAh
ディスプレイサイズ:約5.2インチ TFT液晶
ディスプレイ解像度:フルHD 1080×1920ドット
外側カメラ機能:約2070万画素
内側カメラ機能:約510万画素
第1位はSONYから発売されているXperiaシリーズの最新機種Xperia Z4です。
カメラの性能は折り紙つきでデザインの面でみても、前面と背面を強化ガラスで覆い、磨き上げられたラウンド形状の
アルミフレームの組み合わせによりシンプルながらも高級感のある仕上がりになっています。

位 P8lite

http://kakaku.com/http://kakaku.com/

◇スペック
サイズ:高さ143mm×幅71mm×厚さ7.7mm
質量:約131g
OS:Android 5.0
CPU: . Content startHisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)
内蔵メモリ:(ROM/RAM):16GB/2GB
外部メモリ:(最大対応容量):Micro SD(最大32GB)
バッテリー容量: 2,200mAh
ディスプレイサイズ:5.0インチ
ディスプレイ解像度: 720 x 1280ドット
外側カメラ機能:約1300万画素
内側カメラ機能:約500万画素
HUAWEIから発売されたP8liteですがSIMフリースマホになります。
amazonなどでも購入できるほか格安SIMカードの販売を行っている楽天モバイルなどでも購入が可能です。
価格的には2万8千円程度になっており3万円を切るスマホでありながらオクタコアCPUを搭載しています。
記憶容量はそれほど大きくないですが、クラウドストレージを上手く使うことで十分使えるスペックと言えるでしょう。

位 Xperia Z3 Compact

http://kakaku.com/http://kakaku.com/

◇スペック
サイズ:高さ127mm×幅65mm×厚さ8.6mm
質量:約129g
OS:Android 5.0
CPU:MSM8974AC 2.5GHz(クアッドコア)
内蔵メモリ:(ROM/RAM):16GB/2GB
外部メモリ:(最大対応容量):microSDXC(128GB)
バッテリー容量:2600mAh
ディスプレイサイズ:約 4.6インチ
ディスプレイ解像度:720×1280ピクセル
外側カメラ機能:約2070万画素
内側カメラ機能:約220万画素
Xperiaシリーズの前モデルXperiaZ3のコンパクトモデルです。
Xperiaシリーズのデザインの良さや、質感、そして高いカメラ機能はそのままに本体サイズを小さくしたモデルで、新しいモデルが発売になった今も、デザインの良さやコンパクトさ、そして軽さなどの面で指示を得ています。
価格が安くなったことで更に注目されていると言えるでしょう。

位 Xperia Z3

http://www.sonymobile.co.jp/http://www.sonymobile.co.jp/

◇スペック
サイズ:高さ147mm×幅73mm×厚さ7.4mm
質量:約154g
OS:Android 5.0
CPU:MSM8974 AC 2.5GHz(クアッドコア)
内蔵メモリ:(ROM/RAM):32GB/3GB
外部メモリ:(最大対応容量):microSDXC(128GB)
バッテリー容量:3100mAh
ディスプレイサイズ:約5.2インチ TFT液晶
ディスプレイ解像度:フルHD 1080×1920ドット
外側カメラ機能:約2070万画素
内側カメラ機能:約220万画素
SONYのXperiaシリーズの前モデルになります。
Z4が発売されたことで若干性能的に見劣りする部分はあるものの、現役モデルとしてもまだまだ使用できるほどのスペックです。
旧モデルとなったことで購入する場合の機種代金が若干安くなっていることもポイントです。
最新モデルにこだわらない方の場合にはこのような型落ちの高性能モデルを低価格で入手するということも一つの手です。

位 ZenFone 2

https://www.asus.com/jp/https://www.asus.com/jp/

◇スペック
サイズ:高さ152.5mm×幅77.2mm×厚さ10.9mm
質量:約170g
OS:Android 5.0
CPU:Intel Atom Quad Core Z3560 (1.8GHz), PowerVR G6430
内蔵メモリ:(ROM/RAM): 32GB/2GB
外部メモリ:MicroSDメモリーカード
バッテリー容量:3000mAh
ディスプレイサイズ:5.5インチIPS
ディスプレイ解像度:1920×1080
外側カメラ機能:約1300万画素
内側カメラ機能:約500万画素
ASUSから発売されているZenFone 2でこちらもSIMフリースマホになります。
P8liteと同様に楽天モバイルなどの格安SIM販売を行っている主な事業者で取り扱っており、価格は3万5千円前後になっています。
格安SIMと組み合わせることで携帯電話大手キャリアに比較すると通信費が半額以下となる場合もあるため、通信費をとにかく安くしたいとお考えの方はZenFone 2のような高性能な格安スマホも視野にいれて検討してみても良いかもしれません。

まとめ

評価の高い高性能なスマホを紹介してきましたがいかがでしょうか。
携帯電話大手キャリアから販売されている機種の他にSIMフリーの端末が口コミでも高い評価を得ている状況になっています。
以前は安かろう悪かろうのイメージがあったSIMフリースマホですが、スペックを見てもわかるように用途によっては十分な性能をもっているということがいえます。
通信の品質や各携帯電話キャリアが提供しているサービスにこだわらないのであれば、SIMフリースマホを選択することにより、低価格で高性能なスマホを手に入れることも可能になります。
SIMフリーという選択肢も定着しつつある状況でもありますので、そろそろSIMフリースマホを選択肢に加えてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

あなたはどれを選ぶ?今オススメのスマートフォン大特集!
皆使っている!おすすめスマートフォンシェアランキング
ニューフェース登場のおすすめスマートフォンランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧