Android

アンドロイドで自作のアプリを開発するために必要な事

app-680732_640
今や誰もが使っている印象のあるスマートフォン。
スマートフォンの魅力は、何と言ってもアプリケーションによって自分の好きなようにカスタマイズできる点にあると思います。
アンドロイドのスマホは、もともと搭載されている機能もどんどん優れてきています。「こんな機能があれば嬉しいのに」と思うポイントをアプリは解消してくれるのです。
そんな便利なアプリも、自分で欲しい機能を開発する事が出来ればもっと便利ですよね。
ゲームも自分好みのアプリが開発できればもっと便利になるのではないでしょうか。

まずはアプリが作れる環境作りから

アプリを作成するには、アプリを作成するための環境作りから行う必要があります。
アンドロイドでアプリを開発するためのソフトなどを準備しましょう。
Android SDKのダウンロード→JDKのダウンロード→Eclipseのインストール→Eclipseへ日本語化プラグインPleadesのインストール→Eclipse起動後、AndroidPluginをインストール→Eclipse起動後PlatformAPIのインストールという手順で開発環境を作ります。

アプリの開発についての本を買う

アンドロイドのアプリを開発したいと思ったのであれば、開発する方法を学ぶ必要があります。やはり正しい知識を身に付けることが出来る本を購入する事が大切です。
プログラミングの経験があるのであれば、尚更本での開発についての知識を得ることがおすすめです。ある程度の専門用語の意味を理解しているのであれば、書籍の通りに開発手順を進めることが出来るのではないでしょうか。
しかし、プログラミングの経験がなくアンドロイドのアプリを開発しようと思い書籍を買うのであれば、しっかりと本を選ぶ事が大切です。
難しい言葉ばかりが出てくる本だと、思うように開発を進める事が出来ずストレスを感じてしまうことも。実際にアプリを作成しながら学習する本が、初心者にはオススメです。
自分が開発したアプリでなくとも、手順を踏んでアンドロイドアプリを作成できる本が理解しやすいと思います。手順や構造を理解する事が開発するうえで大切です。
インターネットで手軽に本の購入が出来る便利な時代ですが、実際に自分で目にして購入する事が大切です。本を見て、自分が開発したアプリを作成するうえで必要な手順が学べるのか考えて購入しましょう。
また日付を決めて、行動することもポイントです。いつまでに開発したいという目標を決めれば、本を読み終わる日も逆算できると思います。
本を読みながら、手順をいつまでに終わらせるか具体的な計画を立ててみるのも良いのでは。

講義に参加してみる

毎日たくさんのアプリが開発されている今、新たにアプリを開発したいと思っている人はたくさんいます。
そういった人向けの講義も開催されています。本での学習は、自分ひとりで解決しなければならないデメリットがあります。
もしも開発に向けてつまづいてしまった場合、モチベーションが下がってしまう可能性もあります。アプリの開発が初めての場合は尚更、1人で壁を乗り越えられない可能性もあります。
そういった時は、思い切って講義や勉強会に参加してみるのも良いのではないでしょうか。
アプリを開発した経験のある人の話は、自分にとって大きな力になる可能性があります。またアプリを開発するための学校に通うと開発という同じ目標を持った仲間も出来ます。
問題にぶつかった時に、悩みを共有すると楽になるのではないでしょうか。アプリを開発するという目標に向けたモチベーションを高めておく工夫も大切です。

ネットで調べる事も大切

講義や学校には、時間などの都合が付かずに参加できない人もいると思います。アプリを開発するうえでのさまざまな情報はネットでも調べる事が出来ます。
開発するうえで、自分が直面した問題をネットで検索すると同じ問題を乗り越えた人もいるかもしれません。開発途中で諦めずに、自分で調べて解決することにより力にもなると思います。
大切なのは、言われたとおり書いてある通りに何となくするのではなく意味を理解する事にあるのではないでしょうか。ネットに書いてある解決法を、理解せずに行っても次の開発の際に、また同じ問題に直面する可能性があります。
これは、ネットでも本でも同じと言えること。書いてあることを、そのまま行うのではなく意味を理解して行うようにしましょう。開発するのであれば、全ての工程を理解しておく必要があるのではないでしょうか。

途中で諦めずに続ける

アプリの開発に問題やエラーは付き物です。やっと完成したと思っても、エラーが発生してしまう可能性もあります。エラーが出たからといって投げ出すのではなく、原因を究明して解決するようにしましょう。
このためには、開発の手順を理解しておく事が大切です。スペルのミスなどに気付く力があるかが重要です。一度エラーの原因となったポイントは次の開発の際には、注意するのではないでしょうか。
また人に頼る事も大切です。自分で考えてもどうしても答えが出ない場合、アプリ開発の経験者の意見を求める事も重要だと思います。
初めてのアプリの開発では、必要なものの準備から始まると思います。そこから徐々にステップアップして、より速くエラーのないアプリを開発できるようになるのではないでしょうか。
アプリの開発は、根気のいる作業だと思います。しかし自分で開発したアプリが完成したときの達成感は何にも変えがたいものもあるのでは。

関連記事

【保存版】2015年最高級のAndroid神アプリ400選!まとめのまとめ
定番人気!アンドロイドにしたらとるべきアプリ7選
スマホに変えたら必携のアンドロイドアプリ7選
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧