Android

これがパナソニックのスマートフォン!便利機能ベスト5

smartphone-593321_640
昔から人気のパナソニックのPシリーズケータイ。
スマートフォンもリリースがあり、それは決して個性がないものではありませんでしたが、なんだか波に乗れなかったような気がします。国内でスマートフォン事業から撤退してしまいました。
では、パナソニックはもうスマートフォンをつくらないのでしょうか?
いえいえ国内で撤退しているだけですし、新たな名機も予感させてくれます。
パナソニックのスマートフォンにはとても便利な機能があるのです。

パナソニックのスマートフォン現状

実は海外市場では元気に端末開発とリリースを行っています。
特にELUGAシリーズは日本で売り出す前に欧州市場に投入されていました。
欧州、インド、台湾市場でいまパナソニックスマートフォンは戦っています。

国内のパナソニックスマートフォン便利機能ベスト5

Futurer Plus

プリセットされているアプリで、複数のコンテンツをひとつにパレット化して管理しやすくされています。
mixi、twitter、Facebook、といったSNSや、SMS、spモードメール、さらには通話履歴やMusic、ピクチャまでこのアプリ内で管理できます。
自分のいる場所や時間帯に合わせた情報の配信まであり、「ウェザーニュースタッチ」「毎日新聞」「ぐるなび」「NAVITIME」との連携が可能。(※NAVITIMEとの連携は2014年7月15日を以って終了。残念ですね。)
このアプリはそれだけではなく、デコレーション機能もあり、ビジュアル的にも楽しめる仕様です。
Futurer Plusは使えば使うほどポイントが貯まるようになっていて、それに対応するデコレーション素材が用意されています。ポイントが貯まったらデコレーション素材と交換し、Futurer Plus内の画面をカスタマイズできます。
“隠し”キャラやデコ素材もあるのことで、画面カスタマイズの組み合わせ総数はなんと1億パターンを超えるとのこと。スマートフォンを長く愛用したくなる工夫ですね。
搭載機種 ドコモ…P-07C、P-01D
ソフトバンク…003P、101P

タッチスピードセレクター

ホーム画面のUIで、もともとパナソニックのガラケーで人気だった「スピードセレクター」をハードではなくソフトとして新開発したものです。
画面端に円が現れその円上にアプリが配置されています。この円は左右どちらか配置を選ぶことができ、ユーザーが右利きでも左利きでも使いやすくなっています。
タッチスピードセレクターが登場した頃からAndroidスマートフォンは大画面化しつつあったので、比較的手が小さい女性ユーザーは機種選びに悩むことも増えました。
搭載機種であるP-07Cはデザインでも女性客を狙っていたこともあり、快適に片手操作をしたい女性ユーザーの注目を集めていたといえます。
搭載機種 ドコモ…P-07C、P-02D、P-04D
ソフトバンク…003P、101P

パーソナルプロテクト

本体内に容量1GBで用意されている指定ファイルの格納領域で、通常では表示されないセキュリテイボックスとなっています。
格納できるファイルは以下のとおり。
・Eメール
・ピクチャアルバム
・オフィスソフト「Polaris office4.0」のドキュメント
・「あんしんログイン(ID/パスワード)」
・「ボイスレコーダー」の音声
・「手書きメモ」の静止画
・「スマートアーチ」の送受信ファイル
・ダウンロードアプリ
またコクヨS&T社が提供する「CamiApp」と連携もあり、専用ノートのページをスマートフォンのカメラで撮影すると最適化されたされたページ面が保存されます。
搭載機種 ドコモ…P-04D、P-07D、P-02E、P-03E
ソフトバンク…102P

スマートアーチ

パナソニック製ノートPC「Let’s Note」と連携可能な機能です。
リモートデスクトップにより、スリープ状態のLet’s Noteをスマートフォンから起動してスマートフォン画面上から操作が可能です。電車で移動中などにはたいへん便利な機能ですね。
パソコンを使用するプレゼンテーションにも、スマートフォンから操作が可能。ビジネスで大活躍。
Let’s Note内に保存されているファイルも確認することができます。

ELUGA Clip

twitter-292989_1280
ELUGA Clipはホーム画面のウィジェットにカメラアイコン表示になっていて、このアイコンで起動するカメラで撮影すれば、その写真をすばやくSNSに投稿することができます。
連携するSNSはtwitter、Facebook、mixiの3つ。SNS全盛の時代ですから、この機能はとてもニーズに合っているといえるでしょう。
撮影した写真がアルバム内で埋もれて探しにくくなる心配もないですね。
これからは対応SNSが増えるとさらに楽しいですね。
搭載機種 ドコモ…P-02E、P-03E

おまけ 悲運のP-01D

機能の紹介ではありませんが、P-01Dというスマートフォンがありました。
“キャラ無しスマホ”というべき、まったく人気のでなかった哀れな機種です。
一般のスマートフォンユーザーにははっきり言ってメリットの薄い機種でしたが、ガジェットマニア向けには際立つ存在でした。
なんとブートローダー(OSを起動するプログラム)がアンロックされているという、 開発専用機並みの自由度があります。
プログラミングや端末内ソフトウェアのカスタマイズが得意なユーザーには面白い機種だったわけです。

新たな希望

パナソニックスマートフォンのホットな情報を簡単にご紹介します。
日本国内回帰も予感させる、楽しみな話です。

国内メーカーで初!Android5.0 “Lollipop”搭載

ELUGA U2という台湾市場モデルが、日本のメーカーではじめてAndroid5.0 “Lollipop”を導入しました。
対応アプリが充実したか難しいタイミングでのリリースでしたが、先進性のマインドを感じますね。

パナソニックといえばLUMIX

ドイツで先行発売したLUMIX DMC-CM1というカメラがあります。カメラなのですが、スマートフォン要素が大変に高いAndroid4.4搭載デジカメなのです。
携帯キャリアが扱っていないだけで、この製品を国内で入手することは可能です。
パナソニックホームページによると、「スマートフォン」とは謳っていませんが、音声対応SIM挿せば使えます、としっかり記載されています。
いま格安SIMも盛り上がってきましたし、パナソニックはこの路線で秘かに攻めるかも??

まとめ “逆輸入”で陽の目を

過去モデルの便利機能をみても現在の海外市場での動向からも、パナソニックのスマートフォンの今後に期待が持てます。
もしかしたら格安SIMとセットで新商品が現れる可能性もありそうですね。
日本市場を驚かせるパナソニックのスマートフォンをいつか見てみたいものです。

関連記事

安定の人気!パナソニックのスマートフォン機能5選
意外と知らない!SIMを使ったお得なスマホ利用術を大紹介
選ぶべきはこれ!人気急上昇中の格安スマホ徹底比較
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧