iPhone

迷ったらこれ!激旬のおすすめスマホ特選5機種大集合!

種類が多すぎてどのスマホを選べば良いのかわからない!そんな悩みを抱えていませんか?
この記事では数あるスマホの中から性能や使い勝手を考慮して選んだおすすめスマホを5機種ご紹介ご致します。
いずれも性能、価格、使い勝手等を考慮して選んだ自信を持っておすすめ出来る機種です。
是非この記事を参考に、ご自身のライフスタイルや嗜好に合ったスマホを選んでみて下さい。

iPhoneSE

iPhoneの新作は、5s以来の4インチコンパクト端末。
●スペック
OS:iOS 9.3
CPU:A9プロセッサ 1.85GHz ヘキサコア
サイズ(高さ×幅×厚さ):123.8×58.6×7.6mm
重量:113g
ディスプレイ:4インチ
通信速度(受信時最大):150Mbps
カメラ:メイン1200万画素/サブ120万画素
この春発売した新作iPhone。6以降大型化していたiPhoneですが、今回のiPhoneSEは何と5sと同サイズの4インチとコンパクト化。勿論ただコンパクトなだけでは無く、中身はiPhone6sと同等のCPUを搭載した高性能機です。
コンパクトなiPhoneを待ち望んでいた方々は勿論、最近のスマホは大きすぎるので小さめの機種に替えたい、と考えている方にも是非おすすめしたい1台です。

XperiaZ5

高性能カメラを搭載したSONYのフラグシップモデル。
●スペック
OS:Android5.1(Android6.0対応)
CPU:2GHz+1.5GHz オクタコア
サイズ(高さ×幅×厚さ):146×72×7.3mm
重量:154g
ディスプレイ:5.2インチ
通信速度(受信時最大):225Mbps
カメラ:メイン2300万画素/サブ510万画素
スマホで綺麗な写真が撮りたい、と思っている方にはコレ。XperiaZ5がおすすめです。
SONYがデジカメ開発で蓄積したノウハウを活かした2300万画素の高性能カメラを搭載しており、スマホとは思えないような綺麗な写真が撮れます。
更にこのカメラ、超高速の0.03秒オートフォーカスを実現しているので、撮りたい瞬間を逃さず写す事が出来るようになっています。
その他にも8コアの高性能CPU、高音質ハイレゾ音源に対応、指紋認証対応と性能、機能面で妥協の無い完成度の高い1台に仕上がっています。
カメラに拘る方や高性能なスマホを探している方におすすめです。

【Softbank・ワイモバイル】Nexus6P

余計なモノを削ぎ落としたシンプルさが魅力の一台。
●スペック
OS:Android 6.0
CPU:2.0GHz + 1.5GHz(オクタコア)
サイズ(高さ×幅×厚さ):159.3×77.8×7.3mm
重量:178g
ディスプレイ:5.7インチ
通信速度(受信時最大):187.5Mbps
カメラ:メイン1230万画素/サブ800万画素
ワンセグやおサイフケータイといった多様な機能は必要無い。でもスペックは高いスマホが欲しい。そんなニーズに応えてくれるのがこのNexus6Pです。
Androidを開発するGoogle社が直々にメーカーに依頼して製作されるこのスマホは、最新のAndroid6.0を搭載しておりスペックも他社ハイエンド機と同等の高性能。更にキャリアやメーカー製のアプリが殆どプリインストールされていないので、CPUに余計な負担がかからずサクサクと快適に動作します。
余計な機能の無いシンプルなスマホを求めている方や、いち早く最新のAndroid6.0を体験したい方に是非おすすめです。

【ドコモ】Arrows Fit F-01H

必要十分の性能と低価格を実現した高コストパフォーマンス機。
●スペック
OS:Android5.1
CPU:1.2GHz クアッドコア
サイズ(高さ×幅×厚さ):141×69×8.9mm
重量:149g
ディスプレイ:5.0インチ
通信速度(受信時最大):150Mbps
カメラ:メイン810万画素/サブ240万画素
ドコモからはミドルスペックの高コストパフォーマン機Arrows Fitをご紹介。
目を引くのは何と言ってもその安さ。実質負担金648円~の格安価格で手に入ってしまいます。
性能面はさすがに他のハイエンド機と比べれば見劣りするものの、クアッドコアのCPUを搭載しているので高負荷のゲームやアプリを多用しないのであれば問題なく動作するでしょう。
性能よりもコストパフォーマンスを重視する方や、初めてのスマホなので安価な物が欲しい、という方におすすめです。

【au】DIGNO(R) rafre KYV36

頑丈で水にも強い高耐久スマホ。
●スペック
OS:Android5.1
CPU:1.2GHz クアッドコア
サイズ(高さ×幅×厚さ):141×71×10.1mm
重量:155g
ディスプレイ:5.0インチ
通信速度(受信時最大):150Mbps
カメラ:メイン1300万画素/サブ200万画素
スペックだけ見ると一見平凡に思えますが、このスマホの最大の特徴は何と言ってもその頑丈さです。
ディスプレイには強化ガラス「Dragontrail X」を採用しており、落としても傷つきにくい仕様となっています。
更に従来の防水性能を更に高め、何とこの機種はハンドソープで洗う事も可能となっているので料理中にスマホを汚してしまった、といった場合でも安心です。温水防水機能も備えているのでお風呂でも安心して利用出来ます。
アウトドアシーンで利用出来る高耐久のスマホを求めていた方や、入浴中に良くスマホを利用する方など、様々なニーズ、利用シーンに応えられるスマホです。

まとめ

冬春モデルを改めて見直すと、高性能な機種、コンパクトな機種、低価格な機種等、使用者毎のニーズや利用シーンに合わせた多様なスマホが発売されたな、という印象を受けます。
今回の5機種はいずれも、多様化するニーズに応えてくれる選りすぐりの良機種揃いです。
是非あなたに合ったスマホを探す際の参考にしてみて下さい。

関連記事

【android人気】超おすすめ!大手3キャリアスマホ最新機種5選
新機種の最新情報!!ドコモで考えてる人は早速チェック!
【大人気】ソフトバンクから出たおすすめ新機種5選
買うなら急げ!この冬、話題沸騰中のau新機種最新情報まとめ
新しいもの好きのあなたに贈るスマホ最新機種情報5選!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧